2019年11月20日 (水)

ニコンD850 その2

純正レンズで撮影してましたので、写真を少し貼り付けます。
AFS85mmF1.8にて
Akk_0217_1
Akk_0222_1
AFS105mmF2.8VRマクロにて
Akk_0235_1
Akk_0240_1
AFS60mmF2.8マクロにて
Akk_0322_1
Akk_0336_1
AFS35mmF1.8にて
Akk_0384_1
Akk_0395_1
被写体が、ツワブキばかりで、ご無礼しました。
純正同士の組み合わせは、使いやすく大変安心感があるのですが、撮れた写真はどれほど違うという事もなく、社外品でもそれぞれのレンズごとの味を楽しむのが楽しいですね。

2019年11月18日 (月)

最近の鳥撮り

もうずいぶん前からジョウビタキが来ていますね。
Img_9495_1
Img_9505_1
人工物に止まることが多い鳥さんです。

ハシブトガラスが自宅の裏庭に
P1020681_1
Img_9523_1
Img_9524_1
近寄っても飛んで逃げないので、どこか怪我をしているのだろうとそのまま放っておいたのですが・・・。
半日後に探すと、近所を縄張りにしているハシボソガラスたちが電柱の上で騒いでいまして、その根元でこのカラスは死んでいました。
寿命だったのか?ハシボソガラスにつつかれたのか?
野生動物はちょっとでも怪我や病気になると、容赦なく死が訪れますね。

2019年11月14日 (木)

7artisans 55mmF1.4

1年以上前に使ったきり防湿庫に置き忘れていました。
Img_9575_1
フルマニュアルの中国製レンズ。
絞り羽は14枚で、まるでレンジファインダーのレンズ。
Img_0004_1
ソニー純正FE55mmF1.8と同等の写りをするという記憶だけあったのですが、最近はフルサイズカメラばかりだったので、APS-Cまでのこのレンズを持ちださなかったんですね。
純正レンズとの比較ということで、久しぶりに使ってみました。
カメラは、α6000。
純正FE55mmF1.8にて
Dsc01444_1
同じ位置から、7artisans 55mmF1.4にて
Dsc01447_1
いい勝負してますよ。

もう一度、純正にて最短撮影距離から
Dsc01464_1
同じ位置から、7artisans にて
Dsc01467_1
そのまま、最短撮影距離まで近寄って
Dsc01470_1
カタログ表記の0.35mまでは近づけませんでしたが、それなりにアップにできます。
もちろん、無限遠もOK
Dsc01452_1
後は適当に
Dsc01435_1
Dsc01486_1

2019年11月11日 (月)

サムヤンAF18mmF2.8FE の続き

家康公の銅像の除幕式に招待されていたので、早速連れて行きました。
α7RM2+サムヤンAF18mmF2.8にて
東岡崎駅の東出口、テープカットの準備中
A7r06021_1
挨拶会場、テレビカメラも来ていました。
A7r06054_1
空中回廊と言うのでしょうか?ぞろぞろと
A7r06072_1
A7r06074_1
序幕の瞬間
A7r06097_1
思いがけず大きな像ですね。
A7r06102_1
天気が良くて、青空が映えますね。
A7r06107_1
まだまだ周辺は工事中です。
A7r06130_1
超広角18mmでこれだけ気軽に使えるのはありがたいですね。
本当はもっと接近した写真の方がこのレンズを活かせるのですが、肖像権の問題がありますから、公開しません。

2019年11月10日 (日)

サムヤンAF18mmF2.8FE

新製品の予約購入などはめったにしないのですが、フルサイズの18mmF2.8などと言うスペックで、こんなに安いなんて一体どんなレンズだろうと、興味がわいてしまいました。
同じスペックで、カールツァイスのBatisがありますが18万円もしますから、1/4の値段で本当にまともに写るのか?
予約したおかげか、発売日当日に届きました。
P1020678_1
開けてみると、小さい軽い。
P1020677_1
ちょうど、すぐ前に入手した45mmF1.8とほとんど同じ大きさですね。
P1020676_1
P1020672_1
早速、α7RM2で試し撮り。
まずは、カメラ側のデジタルレンズ補正をOFFで絞り開放
A7r05928off_2
わずかな陣笠歪みと、周辺減光がかなりありますね。
そのまま、レンズ補正ON
A7r05932on_2
歪曲歪みはきれいに補正され、周辺減光も緩和されました。
ここで、絞りをF4に
A7r05933_2
ほとんど、画面全体が均質な感じになりました。
デジタル補正の威力でしょうか?こんなに安くて軽くて小さいレンズで、超広角がきれいに写ってしまいますね。

後は適当に
A7r05909_1
A7r05910_1
A7r05964_1
少し遠景も貼り付けておきます。
絞り開放
A7r06151_1
絞りF4
A7r06152_1
絞り開放
A7r06185_1
絞りF4
A7r06186_1
さすがに遠景の絞り開放は、少し甘く写るような感じですが、F4まで絞るとシャキっとしますね。

2019年11月 1日 (金)

ニコンD850

買っちゃいました、D850。
P1090617_1
去年、可動液晶タイプのニコン機が欲しいと思いD750中古を入手したわけですが、どうしても1/4000秒シャッターと0.7倍のファインダーが物足りない感じでして、D850へのあこがれが消えませんでした。
P1090620_1
そこへニコンZマウントが投入され、人気も上々なので、もしかするとニコンFマウントはD850が完成形で、レフ機として最後かもしれないと言う気持ちが強くなりました。
P1090619_1
ということで、中古美品ですがそこそこの高額出費をして、人生最後になるだろう「1眼レフ」カメラを買ったわけです。
P1090622_1
それで、撮れた写真は。
タムロンSPAF70-200mmF2.8にて
Akk_0020_1
Akk_0016_1
AFS20mmF1.8にて
Akk_0065_1
Akk_0080_1
Akk_0098_1
タムロン15-30mmF2.8VCにて
Akk_0116_1
Akk_0121_1
タムロン100-400mmVCにて
Akk_0139_1
Akk_0142_1
と言う具合で、特に素晴らしい写真が撮れたわけでもなく、あえてD850でなくても撮れるようなことなのです。
そして、ただただ重いボディーと、パソコンに重い画像データが残るということで、単なる蒐集癖の自己満足と言うことでした。
ところで最近、ニコン純正レンズをあまり使っていなかったことに気づきましたので、これを機に少し持ち出しましょうかね。

2019年10月27日 (日)

ラオワ4mmF2.8円周魚眼レンズ

LAOWA:老蛙と言う意味らしいです。
マイクロフォーサーズ用の円周魚眼レンズです。
180°ではなく210°の画角があるそうなので、カメラの後ろの方まで写ってしまうらしいのです。
なので、カメラ本体にグリップの出っ張りがないGF9に、こんな風にオフセットさせてボトムグリップを取り付けました。
A7r05842_1
A7r05844_1
チルト液晶のおかげで、ローアングルなんかも簡単です。
それで、撮れた写真は
P1000516_1
P1000517_1
P1000519_1
P1000529_1
P1000533_1
210°のせいか、上下が少しけられてしまいますね、180°にしておけばよかったのにね。
下の写真は、カメラを両サイドの赤いパイプの手前にしました。
P1000556_1
次は、パイプより前まで押し込みました。
P1000555_1
本当に180°以上に広い画角ですよ。
後は、適当に貼り付けておきます。
P1000546_1
P1000549_1
P1000551_1
P1000559_1
値段が安かったから、ちょっと遊んでみるつもりで購入しましたが、やっぱり、扱いが大変なレンズですね。

2019年10月26日 (土)

サムヤンAF45mmF1.8FE

以前から気になっていたのですが、思いのほか値段が高いので購入に踏み切れずにいました。
今回、中古美品で格安になったものがあったので、買ってみました。
P1090616_1 
α7RM2+サムヤンAF45mmF1.8FEにて
A7r05808_1
A7r05810_1
A7r05811_1
A7r05816_1
A7r05821_1
雰囲気はあるのですが、45mmと標準域ですし、最短撮影距離が45cmでもう一息足りない感じです。
軽量小型で、ソニーαEの小型ボディーと合わせて、お散歩スナップ機材には良いのですが、ちょっと物足りない。
A7r05849_1
A7r05850_1
A7r05854_1
A7r05859_1
人物用スナップが一番得意そうですが、私の被写体にはあまりない感じです。
A7r05872_1
A7r05877_1
A7r05889_1
最短撮影距離付近では
A7r05868_1
A7r05834_1
やっぱり、ちょっと物足りないです。

2019年10月23日 (水)

KAMLAN21mmF1.8 その後

富士フィルムXマウントの方で、少し撮ってみました。

X-T20+KAMLAN21mmF1.8にて
Dscf0411_1
Dscf0413_1
Dscf0415_1
気軽にパシャパシャしていると、どうしても緩慢な構図になってしまいますし、広角なので主題が目立ちません。
花のアップを撮ろうと、三脚に載せて最短撮影距離まで近づいてみました。
Dscf0420_1
Dscf0429_1
なかなか、マクロレンズの様にはいきませんね。
やはり、スナップレンズとして、気軽にパシャパシャがよさそうです。
Dscf0432_1
そうそう、先日広島まで往復した私のユーノスロードスターの雄姿が載せてありませんでしたので、ここでちょっと貼り付けておきます。
Dscf0434_1
Dscf0435_1
まだまだ、快調ですよ。

2019年10月15日 (火)

ロードスター30周年ミーティング

私のユーノスロードスターも先日車検を通してしまい、30年目に突入しました。
P1030300_1
知り合いから、広島まで行かないかと誘われ応募すると、Aポジションの駐車スペース(三次試験場の場内テストコース)が当たってしまいました。
車もオーナーも高年式なので、メイン会場に近い場所に優先的に入れていただけたようです。
P1030280_1
P1030275_1
会場内にも古いものから新しいものまで特別車両が置かれ、大賑わい。
P1030349_1
Djj_1774_1
Djj_1772_1
私も、記念車両に署名をしておきました。
P1030285_1
前日の台風を物ともせず集まった2000台以上のロードスターで、最後はパレードです。
P1000485_1
P1000482_1
P1000478_1
こんな大変なイベントを企画運営してくれたスタッフの皆さん、マツダの従業員の皆さん、三次市のご理解、ありがとうございました。
岡崎から三次まで、往復1,200Kmの長丁場でしたが、大変楽しませていただき、無事帰宅しました、再度ありがとうございました。

«イヌマキを食す

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー