2023年1月31日 (火)

明けましておめでとうございます

ずいぶん遅れた挨拶ですが、やっとブログにたどり着きました。
本年も、ぼちぼちとやっていきます。
G9+G100-300mmにて、大トリミング
Pg9p1843_2

2022年12月30日 (金)

複製レンズ?復刻レンズ?

ライトレンズラボという、中国人の趣味的なレンズ会社から、ライカの物まね?ではなく、忠実な復刻を目指した製品が登場していました。
新しく出た、LIGHT LENS LAB 50mmF2(周エルカン)
Pg9p1782_1
以前に出ていた、LIGHT LENS LAB 35mmF2(周八枚)
3666300_m
どちらも高いのです。
コレクターズアイテムになりそうな?ならないような?
レンジファインダーのライカMマウントレンズですから、今更感もあります。
それに、本家ライカのような桁違いに高額ではないですからね。
とりあえず撮ってみましたから、何枚か貼り付けておきましょう。
50mmF2
Dmm_2258lllab5020_1
Dmm_2305lllab5020_1
35mmF2
Dnn_1555lllab3520_1
B7r04688_1
まだまだ沢山レンズがあり使いきれないままになっていますが、コロナが収まらないことには撮影に出かけることもままならない感じですから、恨めしい限りです。

そんなこんなで、これで今年は終わりです。
皆さん良いお年をお迎えください。

2022年12月24日 (土)

今夜は、ホワイトクリスマス!?

Pg9p1806_1
Pg9p1803_1
と思ったら、すぐに溶けてしまいました。
我が家近辺では、中々積もりません。
Pg9p1786_1
Pg9p1810_1

2022年12月15日 (木)

EOS R7で鳥撮り

RF800mmが軽くて速くて、手振れ補正も良く効くので、鳥撮りに有利だなと思っていたところ、RFマウントにAPS-Cフォーマットのカメラが登場しました。
ちょっと割高感があったのですが物欲には勝てず、EOSR7が手元に届いてしまいました。
それで、ちょっと鳥撮りを
EOSR7+RF800mmにて、ノートリです
041a0174_1
041a0224_1
縦位置にトリミング
041a0165_1
041a0467_1
041a0331_1
EOSRPに比べ換算焦点距離が1.6倍になるのはありがたいのですが、画素数が増えてしまった分、パソコンディスプレイの等倍鑑賞では、粗が見えてしまいます。
それに、5軸手振れ補正はあるわけですが、被写体ブレを考慮してISO感度を上げるので、益々等倍時の画像のノイズが気になります。
SX60/70HSのような、安くて軽くて良く写る超望遠カメラというところにはなりませんね。

2022年11月10日 (木)

ジョウビタキの縄張り争いの続き

その後、2羽の牽制しあいの様子を見ていたら、どんどんエスカレートして取っ組み合いになりました。
しかも私が居るところに寄ってきては、始めるのです。
あいにく写真には撮れなかったのですが、まるでレスリングのように相手をホールドして、相手の喉辺りをくわえて窒息させるような攻撃の仕方をします。
それで、どうやらこちらの方が勝ったらしいのです。
Img_3830_1
Img_3848_1

EOSRPに2倍テレコンと600mmで1200mmを持っていたら、ノートリでここまで近寄らせてくれました。
と言うより、最短撮影距離だったのです。
しっぽが入りませんでしたね。
こんなに近寄らせてくれるのは、もう完全に自分の縄張りだと主張しているからなのかな?

2022年11月 8日 (火)

ジョウビタキの縄張り争い

我が家の裏庭の柿がいろみましたので収穫をしていたところ、頭のすぐ上でバトルが始まりました。
2羽のジョウビタキが追いかけっこしていたのです。
9月の終わりごろに頭がシルバー色の個体を数回見たあと、今度はメスなのかオスなのか分かりませんが頭が茶色の個体が居ついていたので、「今年は、こいつが我が家を縄張りにするのかな」と思っていました。
ところが今、新たに来たのか?前のものか?頭のシルバーの個体が登場して、2羽で付かず離れず牽制のし合いをしているのです。
柿の枝の中を自在に飛び回って、行ったり来たりを繰り返し、どちらがどちらを追いかけているのかよくわかりません。
それで、下いる私のことはお構いなしに、ほんの2mくらいの枝に止まってみたり、私の顔の横を次々と飛び抜けたりを繰り返すのです。
おかげで、SX60HSでノートリのアップが撮れましたよ。
これと
Img_2266_1
これです。
Img_2275_1
そんな騒ぎのなかでも、メジロは、熟れた柿をつついていましたけれどね。
Img_2271_1

2022年10月20日 (木)

TTArtisanのAFレンズ

TTArtisanからAFレンズが出ましたね。
32mmF2.8です
P1000245_1
フルサイズ対応ですが、高性能と言うわけではありません。
Dll_0417_1
最短撮影距離が0.5mと長いのです。
Zfcに付けて、48mm相当で使うのが良さそうですね。
ちょっとスナップを撮ってみました。
Dfc_0529_1
Dfc_0584_1

2022年9月26日 (月)

TTArtisan25mmF2.0

APS-Cまでのマニュアルレンズです。
P1100242_1
マイクロフォーサーズ用で手に入れました。
とてもコンパクトで、小型のカメラに似合います。
あまり接近できないのですが、道端の草花スナップには使えそうです。
ニラ
Em520536_1
ヤブラン
P1030505_1
とても安いので、富士フィルムXマウントも買っちゃいましたよ。

2022年9月25日 (日)

彼岸花

彼岸花が芽を出す前に草刈りをしてやると、他の雑草に埋もれずうまい具合に写真に撮れます。
タイミングが悪いと、出かけた芽を払ってしまったり、草ぼうぼうになってしまったりなんですよ。
今年は、草刈りした途端に台風が2つも来て、収穫直前の田んぼの稲が倒れ、咲き始めた彼岸花も倒れてしまったりで散々でした。
それでも、場所によってはうまく咲いていましたよ。
P1000915_1

2022年7月28日 (木)

コガタスズメバチの駆除?

コガタスズメバチの巣が、母屋の勝手口のひさしに出来てしまいました。
P1000161_1
毎日通るところなのにすっかり見逃していまして、もう女王蜂だけでなく働き蜂達が活発に出入りするようになっていました。
巣の入り口には、見張り番もいるようです。
P1000163_1
比較的おとなしい蜂なので、このままにしても良いかな?と思いましたが、家族が心配するので市役所の係に電話すると、その日のうちに専門の業者の人(少し山奥の人)が来てくれました。
「確かにスズメバチだから無料です。ちょっと離れていてね。」と言って、顔を守る網のついた帽子をかぶり、長い柄の先に殺虫スプレーが付いた道具を持って、あっという間に巣を落として、ビニール袋に入れてしまいました。
作業中の写真でも撮ろうかと思っていたのに、あっけなく終わってしまい、「作業完了です。ここにサインしてください。」と報告用紙を渡されて終わりです。
その後数日、難を逃れた働き蜂が、巣の修復をしようとしてしばらくいましたが、あきらめたようです。
もう少し離れた場所ならお構いなしにしたのに、かわいそうでしたね。

«夏野菜

フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー