2022年9月26日 (月)

TTArtisan25mmF2.0

APS-Cまでのマニュアルレンズです。
P1100242_1
マイクロフォーサーズ用で手に入れました。
とてもコンパクトで、小型のカメラに似合います。
あまり接近できないのですが、道端の草花スナップには使えそうです。
ニラ
Em520536_1
ヤブラン
P1030505_1
とても安いので、富士フィルムXマウントも買っちゃいましたよ。

2022年9月25日 (日)

彼岸花

彼岸花が芽を出す前に草刈りをしてやると、他の雑草に埋もれずうまい具合に写真に撮れます。
タイミングが悪いと、出かけた芽を払ってしまったり、草ぼうぼうになってしまったりなんですよ。
今年は、草刈りした途端に台風が2つも来て、収穫直前の田んぼの稲が倒れ、咲き始めた彼岸花も倒れてしまったりで散々でした。
それでも、場所によってはうまく咲いていましたよ。
P1000915_1

2022年7月28日 (木)

コガタスズメバチの駆除?

コガタスズメバチの巣が、母屋の勝手口のひさしに出来てしまいました。
P1000161_1
毎日通るところなのにすっかり見逃していまして、もう女王蜂だけでなく働き蜂達が活発に出入りするようになっていました。
巣の入り口には、見張り番もいるようです。
P1000163_1
比較的おとなしい蜂なので、このままにしても良いかな?と思いましたが、家族が心配するので市役所の係に電話すると、その日のうちに専門の業者の人(少し山奥の人)が来てくれました。
「確かにスズメバチだから無料です。ちょっと離れていてね。」と言って、顔を守る網のついた帽子をかぶり、長い柄の先に殺虫スプレーが付いた道具を持って、あっという間に巣を落として、ビニール袋に入れてしまいました。
作業中の写真でも撮ろうかと思っていたのに、あっけなく終わってしまい、「作業完了です。ここにサインしてください。」と報告用紙を渡されて終わりです。
その後数日、難を逃れた働き蜂が、巣の修復をしようとしてしばらくいましたが、あきらめたようです。
もう少し離れた場所ならお構いなしにしたのに、かわいそうでしたね。

2022年7月26日 (火)

夏野菜

ちょっと「遅ればせながら」の感がありますが、我が家の夏野菜の写真を貼り付けておきます。
P1000194_1
ゴーヤ、なす、オクラ、トマト、ピーマンです。
種をまいたり苗を植えたりして、水やりと肥料を適当にやって、生えるままにしてあります。
トマトなどは、去年のこぼれ種から生えたらしいのもが一番元気に育っています。
真剣にやっていない(趣味の農業?までもいかない)ので、姿かたちや収量も全くダメダメ状態です。
無農薬で虫がいっぱいついて、皮が固くて、不揃いで、でも結構おいしく食べられます。
問題は、採れるときには一度に沢山採れてしまうので、消化しきれないことですね。
ご近所におすそ分けしようにも、皆さんもっと沢山作っておられるので、お返しがすごいのですよ。
世間では食料不足とか価格高騰とか問題になっていますが、「自給自足」とまでは言いませんが、皆が暮らし方を少し考えなおせば、もう少し安心できる社会になるのではないかと思ってみたりするのですが・・・。

2022年7月 6日 (水)

防鳥ネット

昨日、雨降りの朝、庭のブルーベリーに掛けてあった防鳥ネットにヒヨドリが引っかかっていました。
以前の写真ですが、こんな感じで、ずぶ濡れでした。
Img_3156_1
美味しく実った大きめのブルーベリーなので、家族が鳥よけとして赤い網を被せておいたわけですが、よほど腹を空かせていたのか?それとも雨降りで網が目に入らなかったのか?見事に頭と片方の肩が入り込んだまま、抜けなくなっているのでした。
網から外してやろうとゴム手袋をして触ると、大きな声で叫んで、私の指をくわえたり、足の爪をたてたり、じたばたと暴れるので、全く網を外せません。
しかたなくハサミを持って戻って、また触ると、先ほどよりまた一段と大きな声で泣き叫び、必死の形相でじたばたするのです。
これを聞きつけたカラスが、屋根の上で様子をうかがっていました。
もし、ヒヨドリがけがをして飛べなくなっていたら、カラスは獲物にしてしまうつもりなのでしょう。
慎重に網を切って、ヒヨドリを取り出して地面に置くと、またまた大きな叫び声をあげながら飛び去って行きました。
痛い目を見たので、これでしばらくは、ヒヨドリは来なくなるでしょう。
Img_3142_2
でもカラスは、まだ物欲しそうに庭をのぞき込んでいましたよ。

2022年7月 1日 (金)

猛暑お見舞い申し上げます

梅雨入りしたと思ったら、あっという間に梅雨明け。
その後の猛暑で、畑の作物が干上がりそうです。
昨日の午後からちょっと出かけましたら、自動車の外気温が42℃!
P1100179_1
以前、7月に39℃という記録をブログに挙げた記憶がありますが、6月にこんなに暑いのは初めてですよ。
地球温暖化の影響???
P1000890_1
皆さん、こんなに暑い時は無理をせずに仕事もほどほどに終わり、体調管理に留意してくださいね。

2022年6月19日 (日)

TTArtisan50mmF0.95

このスペックのレンズは、以前、焦点工房さんの限定販売で富士フィルムXマウント用を購入しました。
P1000573_1
同じレンズなのかな?と思いましたら、全く別物のようでしたので手に入れてみました。
P1011625_1
絞り開放でのボケ具合は似たようなものなのですが、今度のレンズはピント合わせが大変でした。
何度もピントリングを回してみるのですが、絞り開放ではピントの山がつかみにくく、結像した感じがしないのですよ。
普通ならピントの山がつかみやすいところまで絞り込んで、ピント合わせ後に所望の絞り値に戻すなどと言うやり方もできるのですが、このレンズは絞り込みによるピントの移動が大きいのです。
絞り開放
P1030087_1
絞りF4
P1030091_1
まあ、変なレンズということでは面白いわけでして、色々と工夫をしながら撮影をしてみたくなりますね。
P1030092_1_20220618161601
P1030096_1
P1030119_1
P1030124_1

2022年6月18日 (土)

ジャガイモの実

先日、ジャガイモを収穫していたら、ミニトマトのようなジャガイモの実がなっていました。P1100161_1
こんなに実っているのですが、どうしましょう?
P1100162_1
種が獲れるのかな???

2022年6月11日 (土)

そろそろ梅雨入り

畑仕事や地域活動などで、写真撮影を楽しむ時間がありません。
カメラやレンズを触って、愛でて、と言う時間が無いのです。
それでも仕事の記録として写真は撮ってるわけですが・・・。

今年は梅が豊作で、早めに収穫を始めまして、
P1100127_1
袋に入れて、ご近所や親せきに配りました。
Fxt40761_1
そうこうしているうちに、完熟状態の実が自然に落ちるようになり
P1070469_1
もう一回り、配って回ることになりました。
他にも収穫時期になっていまして・・・。
ジャガイモ
P1100126_1
玉ねぎ
P1100137_1
ニンジン
P1000132_1
それから、またジャガイモ、・・・・
A7c01321_1
そして、草刈り
Img_3496_1
それから、栗の花にスズメバチが
A6500344_1
A6500347_1
そうそう忘れていました、ジューンベリー
Img_2430_1
今年は豊作だと思っているうちに、あっという間(6月になる前)に、鳥に食べられてしまいました。
ヒヨドリ、ムクドリ、カラスが朝・昼・晩と様子を見にやってきて、もう一日待つとおいしそうな実をさらっていきました。
一応、私も100粒くらいは食べたわけですが、もう少し色んだ方がおいしかったと思うのですがね。

2022年5月24日 (火)

キアゲハの幼虫

ニンジンの間引きをしていたら、キアゲハの幼虫を発見!
P1040377_1
P1040372_1
1週間足らずのうちに終齢幼虫に変身しました。
Img_2420_1
P1000117_1
もりもり食べていますね。
そしてまた1週間後には、蛹になってしまうかな?

«大根いろいろ

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

カテゴリー