« コエビソウ | トップページ | むしむし »

2007年6月28日 (木)

ハイアングル

Dscn3876s FZ30のバリアングル液晶モニターを使うと、”ハイアングル”と言うか「真上」から撮影しやすいです。

例えば、こんな風に写そうとする時なのですが・・・・・・P1120236s P1120195s一応、構図とピントが確認できますから。

これを1眼レフでやる場合は、脚立に登って上からファインダーを覗き込むことになりますが、いつも脚立を持って歩くわけにはいきません。

そこで、「手撮り」と言う手法になります。手を伸ばして大体の距離と構図を勘に任せて撮影するのです。運がよければAFでピントがうまく合う場合もあります。普通のコンパクトデジカメやレンジファインダーの場合も同じ方法でよくやります。

R-D1s+COLOR-SKOPAR21mmF4       Epsn3359s Epsn3365s

人ごみで、被写体が真っ直ぐ見えない場合も、カメラを高く上げて頭越しに使ったりもします。一脚とリモコンケーブルを付けて、更に高い位置に持ち上げて撮ったりもします(ビデオカメラなどではとても効果的です)。

こんな道具なのですが・・・・・・・・・・・・            Dscn3868s

下は古い写真ですが、アングルの差が判ると思います。

普通に構えた場合 EOS D60+シグマ12-24mm Img_8024s

一脚で高さ3mに持ち上げて EOS D60+シグマ12-24mm Img_8028s

まあ、フィルムではなくてデジタルだから気楽にシャッターを押せるのですけれどね。それにその場で確認して、撮り直しも出来ますからね。

« コエビソウ | トップページ | むしむし »

花撮り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206782/15584735

この記事へのトラックバック一覧です: ハイアングル:

« コエビソウ | トップページ | むしむし »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー