« ヒマワリとカワラヒワ | トップページ | 自転車のタイヤサイズ »

2007年7月18日 (水)

アポランター90mmF3.5

フォクトレンダーの90mmF3.5のレンズが2本あります。M42マウントとライカLマウントで持っています。                 Imgp1090s

どちらもAPO-LANTHARと呼ばれ、APOガラス(異常低分散ガラス)が使われていて、色収差(プリズムのように色がずれることらしい)を極限まで抑えたと書かれています。撮り比べてみると、ほとんど同じレンズだと言うことを改めて実感しました。同じカメラで同じ距離から同じ絞りで撮れば、色合いもボケ具合も一緒です。但し、M42マウントの方が最短撮影距離が短く撮影倍率が高いので、アップは楽しめます(Lマウントは1m、M42は0.5mです)。近接撮影では一眼レフカメラの方がピントを正確に合わせられるからこのような仕様の差があるのでしょう。

R-D1s+APO-LANTHAR90mmF3.5Epsn3679s

R-D1s+アダプター+APO-LANTHAR90mmF3.5SL(M42)Epsn3683s

R-D1s+APO-LANTHAR90mmF3.5Epsn3695s

R-D1s+アダプター+APO-LANTHAR90mmF3.5SL(M42)Epsn3704s

以前にも、このようなレンズの比較を書いたような気がするのですが・・・75mmF2.5とか、タムロンの28-75mmとか、90mmマクロとか・・・。よく考えてみると(考えなくてもすぐ解るけれど)同じ仕様のレンズを複数のマウントで持っているというのはなんだか勿体無い気がします。マウントアダプターがもっと柔軟に対応できれば、1本のレンズで色々なカメラに取り付けられるのにねぇ~。そうすれば、同一レンズでカメラ本体の差だけを楽しめるはずだし、資金的な余裕ができてもっと他のレンズも買えるだろうし。などと思いながらも、良いレンズだとどうしても欲しくなってそれぞれのマウント用に増やしてしまうのですけれどね。

« ヒマワリとカワラヒワ | トップページ | 自転車のタイヤサイズ »

レンズ 一般」カテゴリの記事

デジタルレンジファインダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アポランター90mmF3.5:

« ヒマワリとカワラヒワ | トップページ | 自転車のタイヤサイズ »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー