« 春の花 | トップページ | なばなの里 »

2008年2月25日 (月)

APO-LANTHAR 180mm F4 SL

フィルムのカメラを使おうと思っているのですが、なかなか思うような天気になりません。風が強くて、日が差したり曇ったりで、デイライトフィルムのISO100を詰めたまま、出そびれています。仕方なく自宅の梅の花を相手に、風が止まった合間にマニュアルフォーカスのレンズを色々と触っていました。しかもデジタルで。 

Dscn2139s

フォクトレンダーのSLレンズで、180mmF4が新たに手元に来ましたので使ってみると、それなりに最短撮影距離が短く(1.2m)、最大撮影倍率(0.25倍)も高いのですが、やはり花一輪を撮るには撮影倍率が少し足りないようです。フィルムで使うには、なおさらです。そこで、接写チューブを使って少し撮影距離を縮めてみました。少し距離を詰めるだけで背景がずっと大きくぼかせて、雰囲気がよくなります(距離:1.0~0.8mくらいです)。

K10D+チューブ12mm+APO-LANTHAR 180mm F4 SL          Imgp4308as

K10D+チューブ36mm+APO-LANTHAR 180mm F4 SL   Imgp4328as_2 Imgp4336as

こちらは別の木です。ちょっと蕾が小さいです。Imgp4353as

構図をまとめるために、チューブを色々と組み合わせて長さを加減するのが面倒ですが、いい感じのレンズですね。望遠マクロとしても使えそうです(一応、三脚必須の撮り方ですが・・・・・・)。フィルムカメラなら、チューブを50~60mm程度にして、もう少し近寄りたいかな?

(追記)12+20+36=68mmのチューブを付けたら、撮影倍率が0.64倍まで上がりました。ここまで上げればマクロレンズと勝負できそう。

« 春の花 | トップページ | なばなの里 »

花撮り」カテゴリの記事

デジタル1眼ペンタックス」カテゴリの記事

レンズ 望遠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206782/40261515

この記事へのトラックバック一覧です: APO-LANTHAR 180mm F4 SL:

« 春の花 | トップページ | なばなの里 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

カテゴリー