« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の8件の記事

2008年2月29日 (金)

「広角マクロ」?

クローズアップを得意とするレンズを「マクロレンズ」と呼びますが、撮影倍率がいくつ以上なら「マクロ」と呼べるのか私は知りません。そこで、広角のわりに撮影倍率が高めのレンズに「広角マクロ」と言う呼び方をしてしまいます。私が初めて言い出したわけではありません。誰かから聞いた読んだりしたのかも知れません。でも、このような呼び方がとても似合うレンズがあるので、他の皆さんも何の違和感もなく「広角マクロ」と言って通じてしまいます。                               Img_3110

ところで、近頃のマクロレンズは大体倍率:1倍が普通のようですが、ちょっと昔までは0.5倍が普通で別に接写リング(チューブ)を挟んで、1倍にするものもありました。50mm付近のマクロ、100mm付近のマクロ、200mm付近のマクロレンズが一般的ですが、最近はデジタル1眼レフで画角1.5倍に合わせた、60mmとか70mmとか(換算100mm相当)のマクロレンズもあります。そういえば35mmのマクロレンズ(デジ1専用の換算50mm相当)が発表されていたような気もしますが・・・。

さて、もっと焦点距離の短いマクロレンズはないのかといえば、広角ではなかなか撮影倍率を上げづらいようなのです。それに、倍率:1倍を達成しようとしても、レンズ先端からの距離(ワーキングディスタンス)が限界になってしまい、うまく設計出来ないようです。あまりニーズもないのでしょうけれど。

広角マクロのよいところは、メインの被写体を大きく鮮明に写し出すと同時に、その周囲の環境も背景として写しこめることにあります。ですから1.5倍画角のデジ1眼で使ってしまっては、一番得意な表現が出来ていないと言うことになります。(私、反省しています。)さらに広角の魚眼レンズなどで近距離撮影が出来るものの方が、広角マクロと呼ぶに相応しくなってしまいました。

前置きはこのくらいにして、私が持っている「広角マクロ」と呼ばれるレンズを使ってみると、

EOS40D+ディスタゴン25mmF2.8 (0.17m 0.42倍)                       Img_4389s

EOS40D+シグマ24mmF1.8 (0.18m 0.37倍)               Img_4405s Img_4394s

こんな程度まで倍率があればマクロと呼んでよいのですね。後は背景となるものをうまく選んでやれば、出来上がりなのですが・・・・・・・・。

余談ですが、これに比べると、前の記事に書いたレンズ・イン・ナ・キャップ+34mmチューブはかなりの倍率だったことになりますね。

EOS40D+レンズ・イン・ナ・キャップ+34mmチューブ   Img_4314s_2  

レンズ・イン・ナ・キャップ

おもちゃレンズです。                         Img_3103_2

焦点距離:35mmのパンフォーカスレンズ。お世辞にも良い描写とは言えませんが、一応写ります。パンフォーカスといっても、ピントは2~∞m位でないとぼけますし、解像度が悪いので、結局全体にぼけています。それで絞りが付いていまして、F5.6、8、16、32、64と切り替えられます。少しはぼけ具合が改善されるのかと思いましたが、ピンホールレンズ的になってしまいます。

それよりも、半逆光の時のフレアーが激しいのが困ります。Imgp4554s

レンズ開口部の樹脂が反射してしまうようで、何気ない方向でも、かなり用心してハレギリしてやらないといけません。ハレギリしてやれば、コントラストが上がってまずまず見やすくなります。                                          Imgp4564s Imgp4565s

ところで、このレンズに接写チューブを付けて使ってみました。   Img_3107

思いがけず、35mmマクロレンズの出来上がりです。        

チューブ13mm                              Img_4307s

チューブ34mm                             Img_4314s

チューブ21mm                             Img_4356s

どうです?それなりに写るでしょう。ただし、ピント合わせはカメラを前後に動かすしかないのです。EOS40Dのライブビュー撮影が快適です。

2008年2月28日 (木)

なばなの里

気がすすまなかったのですが、ちょとお誘いがあって弥富方面へ。ついでに「なばなの里で、地ビールでも飲んでいきましょう。」と言うことになって、立ち寄ることに。                P1030278s P1030281s

ほろ酔い加減のついでに、園内も少し撮影して回りました。

ベゴニアガーデン(色とりどり過ぎて、目にいたい)                               Imgp4411s Imgp4414s Imgp4443s Imgp4449s

梅苑(しだれ梅ばかり、これからが盛りですよ)                              Imgp4465s Imgp4509s P1030312s Imgp4517s Imgp4525s

菜の花もありましたが、途中から雪混じりの雨が降り出しましたので、早々に引き上げました。所々に白いものが写っているでしょう。                 P1030326s Imgp4461s

2008年2月25日 (月)

APO-LANTHAR 180mm F4 SL

フィルムのカメラを使おうと思っているのですが、なかなか思うような天気になりません。風が強くて、日が差したり曇ったりで、デイライトフィルムのISO100を詰めたまま、出そびれています。仕方なく自宅の梅の花を相手に、風が止まった合間にマニュアルフォーカスのレンズを色々と触っていました。しかもデジタルで。 

Dscn2139s

フォクトレンダーのSLレンズで、180mmF4が新たに手元に来ましたので使ってみると、それなりに最短撮影距離が短く(1.2m)、最大撮影倍率(0.25倍)も高いのですが、やはり花一輪を撮るには撮影倍率が少し足りないようです。フィルムで使うには、なおさらです。そこで、接写チューブを使って少し撮影距離を縮めてみました。少し距離を詰めるだけで背景がずっと大きくぼかせて、雰囲気がよくなります(距離:1.0~0.8mくらいです)。

K10D+チューブ12mm+APO-LANTHAR 180mm F4 SL          Imgp4308as

K10D+チューブ36mm+APO-LANTHAR 180mm F4 SL   Imgp4328as_2 Imgp4336as

こちらは別の木です。ちょっと蕾が小さいです。Imgp4353as

構図をまとめるために、チューブを色々と組み合わせて長さを加減するのが面倒ですが、いい感じのレンズですね。望遠マクロとしても使えそうです(一応、三脚必須の撮り方ですが・・・・・・)。フィルムカメラなら、チューブを50~60mm程度にして、もう少し近寄りたいかな?

(追記)12+20+36=68mmのチューブを付けたら、撮影倍率が0.64倍まで上がりました。ここまで上げればマクロレンズと勝負できそう。

2008年2月22日 (金)

春の花

暖かな陽気に誘われて、ちょいと散歩です。道端にしゃがみこんで見ると、いつの間にか春の花がいっぱい咲いていました。                         Img_0778s Img_0785s Img_0787s Img_0792s

一方、寒い中でも咲いていた田んぼのヒマワリは、すっかり枯れて・・・Img_0767s_2                               この後すぐにトラクターで鋤きこまれてしまいました。

私の方はといえば、新しいレンズを手に入れて、さあこれから何を撮ろうかな???と思案中です。

K10D+APO-LANTHAR 180mm F4 SL Close Focus        Imgp4213s

その前に買い置きしていたフィルムの使用期限が切れそうなので、フィルムカメラの出動かしらね。

2008年2月12日 (火)

Tele-Takumar 400mmF5.6

ペンタックスのボデー内手振れ補正カメラの能力がすばらしいので、単焦点の望遠レンズが欲しいと思っていました。400mm程度の長さで、鳥撮りの手持ち撮影がしたかったのです。中古レンズを物色していると、”Tele-Takumar 400mmF5.6”が目に入りました。「K10Dならタクマーレンズとぴったり。」と言うことで購入したのです。La7q6292s

しかし、思いがけずデカイし重い。それに、最短撮影距離は8m(はちめーとる)です。さらに、ピントリングを回す量がかなり多く、力も要りました。これでは気軽に使えません。結局、三脚に載せて休み休みで置きピンで使う感じになってしまいました。これでは、手振れ補正の意味がありません。以下が結果です。

30%にトリミング                           Imgp393311s

30%にトリミング                            Imgp39621

50%にトリミング                              Imgp39591s

50%トリミング                               Imgp393211s

70%にトリミング                              Imgp40451s

2008年2月 9日 (土)

雪が降りましたね

今日は、お昼前から雪が降り始めました。

AM11:40                                   P1070641s

我が家周辺ではめったに降りませんし、積もりません。でも、いつもは地面に落ちて解けてしまうはずの雪が、なんだか解けずに溜まり始めました。

AM11:50                                  P1070675s

午後からは、落ちてくる雪の量が増えだして、カメラを持ち出すのもちょっと気になるくらいになりました。

PM1:10                                 P1070683s Img_4006s Img_3988s

PM2:00                                  Img_3354s Img_3369s Img_3994s

そしてとうとう、どか雪?吹雪状態???になってしまいました。

PM3:30                                    P1070705s P1130157s

ほら、こんなに積もりましたよ。

PM3:40                                  P1130164s Imgp3906s Imgp3910s Daa_2238s

積雪12cmというところでしょうか?自動車の屋根には15cm。

表の通りでは、スリップ事故の車が数台、渋滞も始まりました。

(この部分の写真はありません)

夜になって、雪はやんで少し解けたようですが、まだまだ残っているようでした。

PM8:20                                  Epsn5484s

このまま、凍ったら明日の朝は大変ですよ。

2008年2月 5日 (火)

大口径標準レンズ

ノクトンやプラナーなどを触っていたら、他の大口径標準レンズも久しぶりに引っ張り出すことになりました。私自身の使用メモのようなものですので、くだらない記事です。読み飛ばしてください。

初めは、こんな比較をしていたのですが・・・

EOS40D+プラナー50F1.4 絞り開放               Image000

絞り:F2.8                                 Image001

EOS40D+ノクトン58F1.4 絞り開放                 Image002

絞り:F2.8                                 Image003

レンズの性格を知るには、もっと背景までの距離に変化がないとわかりにくいなあと言うことで、外に持ち出しました。

EOS40D+プラナー50F1.4 絞り開放                  Img_3049zs14                           ちょっとボケがうるさいかな?

EOS40D+ノクトン58F1.4 絞り開放                 Img_3053nt14                          焦点距離が長い分、ボケ具合が柔らかい感じ

他のレンズも一緒に試してしまえと言うことで・・・・・   

EOS40D+Aiニッコール50F1.2S 絞り開放                 Img_3057mf12                          F1.2はボケも大きい

EOS40D+AiAFニッコール50F1.4D 絞り開放               Img_3086af14                        なるほど、しかり感。赤が強いのはフィルター1Bのせいかも知れない。 

EOS40D+Aiニッコール50F1.8S 絞り開放                Img_3090mf18                         ちょっと、フレアー?

EOS40D+ペンタックスFA50F1.4 絞り開放                  Img_3086af14_2                       ほほ~SMC。 

EOS40D+EF50F1.4 絞り開放                        Img_3078ef14                            これも1B付けたままだったけれど。

EOS40D+EF50F1.8 絞り開放                       Img_3082ef18

ちょっと古くなって・・・

EOS40D+オリンパスOM50F1.4 絞り開放              Img_3062om14                              あれ、ずいぶん緑が強めにでたな

EOS40D+S-M-Cタクマー50F1.4 絞り開放                     Img_3070ta14                          コーティングが劣化しているのか随分赤くなって          

EOS40D+S-M-Cタクマー55F1.8 絞り開放                 Img_3066ta18                        こちらは、あまり赤くないですね。    

おまけで、レンジファインダーも

R-D1s+ノクトン50F1.5ASPH 絞り開放             Epsn517350f15                         撮影距離が少し後ろ(80cm→100cm)になったけれど、中々の描写

と、こんなことを各レンズで絞りを変えながら延々と続けたのでした。早く梅が咲かないかなぁ~。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー