« マンサク | トップページ | モズ♂♀ »

2008年3月 2日 (日)

オリンパスE-410+ペンタックスDAレンズ

マウントアダプターで遊ぶためにはフランジバック(マウント取り付け面からフィルム面までの距離)が短いカメラでなければ使いにくいのです。ちなみに、私が持っているレンズのフランジバックは、物の本によると、P3020583s

ニコンF(NF):46.5mm

オリンパス(OM):46.0mm

ペンタックス(PK):45.5mm

M42・プラクチカ:45.5mm

キヤノンEF(EOS):44.0mm

ミノルタSR(MC・MD):43.5mm

ニコンS:31.95mm

ライカL(L39):28.8mm

ライカM:27.8mm

と、なっています。たぶんその通りのはずです。

レンジファインダーのライカMマウントは、上記のどのレンズに対してもフランジバックが短いため、アダプターが作りやすい(アダプターが存在するかどうかは知りませんが)はずで、私もNF・PK・M42・ライカLのマウントアダプターを持っています。しかし、ピント合わせやフレーミングを考えると、マウントアダプターを使う場合、1眼レフカメラの方が使い易いことも確かなのです。

それで、これまでキヤノンのEOSマウントを各レンズの受け皿としてのボデーとして使ってきました。開口径も大きくて、また絞り優先撮影が簡単に出来るため、とても使い易かったのです。また、これよりフランジバックの短いレンズも近距離専用としてEOSで使ってきました。

ところで、デジタル1眼レフカメラの中に、オリンパス・パナソニック系の新しいマウントがありますよね。

オリンパス フォーザーズ:38.5mm

マウントアダプターを使っていく上では避けて通れないだろうカメラだと思っていました。と言うことで、とうとうフォーサーズも手元に来てしまいました。とりあえずPK-フォーサーズとOMーフォーサーズのアダプターと一緒に。オリンパスE-410。

さて面白いことに、OMレンズよりPKのDAレンズがこのカメラに似合うのですよ。とても軽くてコンパクトなところが秀逸な、デジタル1眼レフカメラですから。

撮影する前にその外観をご披露します。

E-410+DA40mm                                Img_4525s

E-410+DA70mm                         Img_4532s

E-410+DA21mm                              Img_4531s                             このアダプター、取り付け角度が少しずれていまして、このレンズのような専用フードは傾いてしまいます。

おまけです。 E-410+レンズ・イン・ナ・キャップ                   Img_4535s

番外です。 E-410+FA43mm                                  Img_4534s

ちなみに、OMの50mmF1.4ではこんな感じ         Dscn2164_2

追記です。

ミノルタ・ソニー(α):44.5mm 

ですよ。

« マンサク | トップページ | モズ♂♀ »

レンズ 一般」カテゴリの記事

マウントアダプター」カテゴリの記事

デジタル1眼オリンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンパスE-410+ペンタックスDAレンズ:

« マンサク | トップページ | モズ♂♀ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー