« タンポポいっぱい | トップページ | コシナ20mmF3.8 »

2008年3月23日 (日)

コシナ100mmF3.5マクロ

E-410とアダプターを手に入れたので、これまであまり出番がなかったOMマウントやSRマウントのレンズが気軽に使えます。それで、実は、OM-EOSのマウントアダプターも持っていたのです。ですから、OMマウントのレンズを少し増やそうかと思ったのですが、オリンパス純正のOMレンズは中古でも案外高いのですよ。ところが、ここにレンズメーカー品という旨い手があったのです。それで、更に実は、以前から気になっていたコシナブランドの”二流レンズ”を試してみることにしてしまったわけです。Dscn2264

1/2倍までのマクロレンズです。評判通り見た目の安っぽさは仕方ないです。操作感も「まあ、こんなところかな?」と言う感じなのですが、撮って見ると「意外といい!」のです。

EOS40D 最短距離付近 絞り開放 カメラ内蔵ストロボ使用             080322_211556                              ちょうど撮像素子のサイズの2倍程度の物が写せました。         

さて、屋外では?

ちょっとヌケが悪いかな??                        080323_091646

白い花では露出が難しいから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        080323_095058

ということで、次のような被写体で実絞りの絞り優先撮影で絞りを変えながら、カメラ任せの露光で試してみました。どの写真も絞りは開放F3.5-F8-F16の順に絞っています。案外いけるでしょう。

ちょっと遠めから                              080323_095954 080323_100010 080323_100020

それなりに近寄って                           080323_100218 080323_100228 080323_100236

最短距離で                                  080323_100802 080323_100812 080323_100822

近距離ではレンズが随分繰り出されるので露出倍数が高くなり、ちょっと絞っても撮像素子のゴミが写ってしまいますね。あとで掃除しておきます。

« タンポポいっぱい | トップページ | コシナ20mmF3.8 »

花撮り」カテゴリの記事

デジタル1眼EOS」カテゴリの記事

マウントアダプター」カテゴリの記事

レンズ マクロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206782/40607300

この記事へのトラックバック一覧です: コシナ100mmF3.5マクロ:

« タンポポいっぱい | トップページ | コシナ20mmF3.8 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー