« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の13件の記事

2008年4月21日 (月)

レンズベビー2.0

久しぶりにレンズベビーを取り出しました。              Img_0164s                          画面下の丸い孔空きのプレートは絞りです。開放はF2.0、このプレートの孔の大きさがF2.8-4.0-5.6-8.0と言う具合に小さくなっています。レンズの中に見えるのは、F4.0の絞りプレートです。取り付けはレンズの中にマグネットが仕掛けてあり、プレートを放り込むだけで適切な位置に固定できます。但し1枚づつしか入らないので、絞りを変える時は前のプレートを取り出す必要があります。取り出し用に爪楊枝のような専用器具が付いています。

裏側から見るとこんな感じです。Img_0165s

ペンタックスマウントをアダプターでEOS40Dへ組みつけています。Img_0160s 

さて使い方ですが、絞り優先撮影になります(もしかするとニコンD50では、マニュアルモードしか使えなかったかも?)。絞りプレートは、その場の明るさやぼかし具合を考えながら(結局は好みですが)、あらかじめレンズにセットしておきます。

ピント合わせは、蛇腹を伸ばしたり縮めたりして行います。        Img_0168s Img_0169s

別に、左右横に曲げたり、上下に曲げたりも出来ます。         Img_0167s Img_0170s

フリーにしておくと、60~70cmの距離にピントが合っているようですが、自重で少し下向きになっているようです。実際に撮影する時はファインダーを見ながら、伸縮させたり曲げてやったりして、どんな見え方になっているか確認しながら、好みの位置・角度にしてシャッターを切ります。ファインダーで見えていた通りに写るかどうかは、カメラによりますね。デジタルならば何度か撮りなおして、好みのぼかし加減を探ればよいです。

ここで作例を、と言いたいのですが、自慢できるような写真が撮れていません。はっきり言ってこのレンズを使いこなすのはとても難しいのです。たぶんセンスの問題です。どこを主題にするのか?どこをぼかしてやるのか?そのぼかし具合も色々と出来てしまってまとまらない。うっかり曲げすぎると、どこにも鮮明な部分がない。ぼけぼけでも、雰囲気がよければ作品としての評価は出来ますが、私にはそのセンスが無いようなんです。

ということで、参考にはならないでしょうが、ただ撮っただけのを数枚貼り付けておきます。手持ち撮影で、絞りはすべてF4です。                            080421_134740 080421_134742 080421_150002s 080421_150716 080421_172646 080421_150612

本当は、三脚に据えて、しっかり主題を捕まえて、どの程度に曲げてやると雰囲気が良くなるのかを、色々と試してやらないといけないと思うのですが、根気がありません。

2008年4月20日 (日)

ズイコーデジタル25mmF2.8

オリンパスのパンケーキレンズです。                Dscn2408_2

専用フードが手に入らないので、とりあえず43-37のステップダウンリングを付けてあります。

37mm径ですと、ビデオカメラ用のキャップが付けられます。      Dscn2409_3

とりあえず数枚 

P4192774s P4192803s P4192853s P4202888s

最短撮影距離20cmと、随分近寄れて、かなりの倍率で撮影できますから、使い勝手は良いレンズです。35mm判換算で50mm相当の標準レンズですので、実のところ画角としては私の好みではないようです。しかし、E-410との組み合わせではこのコンパクトさが魅力です。しばらくこの組み合わせで使ってみようと思っています。

2008年4月18日 (金)

アスパラガス

裏の畑で、数年放ったらかしのアスパラガスの芽がでました。         Img_0428s

摘んで、食べました。                           Img_0431s

美味しかった。

またそのうちには、生えてくるでしょう。

2008年4月17日 (木)

コゲラの交尾

たまたまなんです。

カメラに望遠レンズを付けて(K10D+シグマ170-500)、地面に居た鳥さん(イカル)を撮影していたら、                            Imgp4628s Imgp4645s

頭の上で騒がしい声が・・・、聞きなれたコゲラの声だと判ったのですが・・・。

それが急に声音が変わって・・・、あれ?と、見上げると・・・。

枝に一羽。すぐに、もう一羽が飛んできて、              Imgp4659s Imgp4660s                               

なにやら、あわただしく・・・                                    Imgp4661s Imgp4665s Imgp4667s

ほんの10秒程度の出来事でした。あっけない。

猿投山

随分久しぶりに、(今では)豊田市の猿投山(猿投神社)へ行ってみました。R1020935s

サラリーマンの時はほとんど通勤のためだけに通った道を、今回はのんびりと遊びで走って行ったわけですが・・・。

ちょうど季節なのですね。「桃畑」と「梨畑」が目に入りました。      Img_0398s Img_0402s

朝早く出勤して、夜遅く退社しての繰り返しでしたから、当時は全く気が付かなかったのですよ。

昼間に外出しても、こんな季節感を気にする余裕が無かったのかも知れませんね。

2008年4月16日 (水)

KONICA HEXANON AR 28mmF3.5 の続き

オリンパスE-410+KONICA HEXANON AR 28mmF3.5

良く考えたら(考えなくても)、この組み合わせにはマウントアダプターを使用していないのですね。レンズ側の突起部分を取り外しただけなのでした。しいて言えば、両面テープで貼り付けたゴムがアダプターかな?

KONICA HEXANON AR 28mmF3.5と外した部品Img_0434s

以前紹介したレンズアダプターの本によると、

コニカARマウントのフランジバックは:40.5mm

フォーサーズの38.5mmとでは2.0mm厚のスペーサーを挟んで取り付ければよいはずですが、どうやらこの取り付け方では1.5mm分になっているようなので、レンズが0.5mmボデー側に食い込んだ位置関係で付いてしまうようです。

ですから「無限遠よりも遠い所?」までピントが合いますし、最短撮影距離は少し長くなるようです。

P4162670s P4162677s P4162696s P4162706s

2008年4月15日 (火)

KONICA HEXANON AR 28mmF3.5

ジャンク籠から2Kで仕入れてきました。ネットで調べると、コニカヘキサノンARレンズがフォーサーズで使えるらしいのです。P1020572s

とりあえず1本手に入れてみて、ボデーと見比べながら取り付け方を考えたのですが、ちょっと改造(部品を外さないと干渉するため)することになりました。一応、破壊モードにはならずに不要部分の取り外しが出来ました。次はマウントのガタ対策ですが、原始的な方法(両面テープとゴム板で隙間を埋めました)が一番安心で確実でした。

ちょっと暗めのレンズですので、ピント合わせが甘くなりがちです。写りは、柔らかいというか、ぼんやりと言うか、大人しい感じのレンズです。コンパクトで軽いので、E-410とのバランスは良いですね。

オリンパスE-410+KONICA HEXANON AR 28mmF3.5      P4142554s P4142581s P4142588s

2008年4月10日 (木)

雨が降ったり止んだり

花散らしの雨が止んだかと思うとまた降りだして、気が付くと明るく日が射して、カメラを持ち出せばまた降りだして・・・・・・。

こんな日は、無理をせずにパソコンのデータ整理。撮りためた写真データを取捨選択して日付と撮影場所と被写体名でタイトルを付けます。面倒くさいですが、初めにしっかり名前を付けておかないと後で探す時に困ります。

整理が済んだ物は外付けハードディスクとDVDーRへコピーしました。ここ5年間で、ハードディスクは1TBを超え、次の機械を増設(500G+500G)しました。いつももう少しうまく整理できれば良いのにと思うのですが、撮った写真はなかなか捨てられないものでして、後で見直しながら「あ!こんなシーンがあったのか!?」などと・・・。

保管場所がある間はこんな調子で貯めて置けますが、最近のデジカメの画素数アップはデーター量も大きくなっていますので、データ保存にコストもスペースも余計に必要になってきて、かなり大変です。もう少し撮影精度とかレベルの高い写真が撮れれば、レリーズ回数も減るのでしょうが、まだまだ「数うちゃ当たる」方式で撮影していますので、そうも行きません。

今日はとりあえず、先日撮ったツバメなどを貼り付けておきます。

ツバメ パナソニックFZ30                                     P1130320s

シメ パナソニックFZ30                                  P1130299s 

モズ オリンパス730UZ                            P4060010s 

ツグミ オリンパス730UZ                           P4060022s

2008年4月 6日 (日)

手であてがう

私は昔からやっているのですが、マウントアダプターが無いときに一眼レフカメラのマウント部分に、レンズを手であてがって写真を撮るのですよ。Img_2732s

ちょっと不安定でレンズを落下させそうですし、マウント面の隙間から光が入り込むとフィルムが感光してしまうので、撮影を失敗する恐れもあるのですが、とりあえずのレンズの味見はできるのです。但し、使用に際しては、レンズやカメラのミラーが傷つく可能性もありますし、うっかりするとカメラが故障して撮影不能に陥ることもありますので、あくまで自己責任です。

さて、カカクコムで質問がありましたので、ちょっと作例を載せておきます。

ライカMマウントレンズをEOS40Dへ(乗せてあるだけです)   Img_0110

こちらは、オリンパスE-410へ(これも乗せてあるだけです)    Img_0114

レンズは絞り開放でピントリングは無限遠の位置にしておきました。それでも撮影できる距離は撮像面から20cm程度の近距離になってしまいます。

E-410+NOKTON40mmF1.4                     080406_142642                                   Φ49mmのキャップをフォーサーズマウントでこの程度の大きさに写せます。

EOS40D+NOKTON40mmF1.4                    080406_141552                                         同じくEOS40Dではこの程度。

この近接専用の設定で、少し使ってみました。

EOS40D+NOKTON40mmF1.4 (絞り開放F1.4)          080406_141914

EOS40D+NOKTON40mmF1.4 (絞り開放F1.4)        080406_142030

EOS40D+NOKTON40mmF1.4 (絞り開放F5.6)       080406_142108 

一応、使えるでしょう。

2008年4月 3日 (木)

長篠城址

ちょいと、こんなところへ行ってしまいました。             20080402_112136 20080402_103438

長篠城址の資料館です。                          20080402_113814

看板はこれです。鳥居強右衛門(とりいすねえもん)       20080402_112930

戦国時代に武田軍*織田徳川連合軍の合戦があったところです。

毎年のぼり籏を揚げて、火縄銃を発砲するお祭が催されるのですよ。       20080402_110822 20080402_110832

今は、こんなにのどかな公園なんですがね・・・・・・・・           20080402_103740 20080402_105136  

2008年4月 2日 (水)

お猿さんもいました

久しぶりに、パナソニックのFZ30を持ち出して鳥撮りを、と思ったのですが、猿撮りになってしまいました。

道路沿いの畑(田んぼかな)の中に発見               20080402_142250

私を、警戒して山の方へ逃げ出したのかと思うと・・・・・・・・・・・・・・20080402_142030 

どうやら、そう言うことでもなさそうで、                  20080402_142100

よくよく見たら、山と畑の間にあるお寺を住処にしている?らしい?20080402_142402

棲家ではなく休憩所なのかな?                     20080402_142408

結構、態度がでかくて、今後が心配な状況ですよ。

ツバメの前にこの鳥さん

ツグミさんがそろそろ北へ帰ってしまうので、一応は撮影しておこうと、近所を見て回りました。

桃の花の中にいました。                       20080401_091304 20080402_151344

ついでに、ヒヨドリも桜と一緒に                              20080401_155550

ムクドリも元気でした。                          20080402_151550

以上FZ30+1.7倍テレコンにて撮影               

2008年4月 1日 (火)

なんというか・・・

年度の変わり目、年度末・年度初と言うのは、忙しいものですね。

そう言う世情から離れた生活を目標にサラリーマンも止め、自然相手の趣味に興じていたつもりなんですが・・・、なんだかんだと面白くもない野暮用ばかりが、私の時間を奪っていきますね。

まあ、一国民として日本国政府に生命と財産を守ってもらっているのですから、何らかの役目を果さなければいけないことも分かっております。

さて、数日前からツバメの鳴き声が聞こえていますね。本日、一瞬だけ姿を見ましたが、残念ながらまだ写真には撮れておりません。

「明日こそは!?」と思う今日この頃でした。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー