« レンズベビー2.0 | トップページ | 山へ »

2008年5月 1日 (木)

smcPENTAX-F 35-80mmF4-5.6

昨日の記事でも使っていましたが、タイトルのレンズ:「smcPENTAX-F 35-80mmF4-5.6」、ジャンク籠から1Kで連れてきたものです。ほこりまみれの手垢だらけでした。R0010096

分解清掃しても動かなければ、全くのマニュアルレンズとして使えばよいと思っていました。ところが、AFも絞り羽もちゃんと動くし、レンズには傷もカビも無いようで、「完動品」でした。「ラッキー!」外周りを綺麗にしてやっただけでOK。

以下、K10Dで撮影。

繊細な描写とはいきませんが、色が良く出るので使えそうです。       080501_000

広角端35mmではピントは甘くなりがち               080501_005

望遠端80mmは、なかなかいけるぞ                080501_002 080501_003

50mm付近                                080501_004

かなり接近できるので、こんな時の使い勝手も良さそう。         080501_001

K10Dのプログラムオートで使うと、ほとんど場合が開放から1段絞り込んだところでの撮影でした。望遠端では1/1000秒でも1/100秒でもF8、広角端ではF5.6からほとんど変化しません。よほどこの絞り位置の描写がお勧めなのでしょう。逆にもっと絞り込んだり、開放とかでは描写が落ちると言うことかな???それは今後の楽しみに。

« レンズベビー2.0 | トップページ | 山へ »

レンズ 一般」カテゴリの記事

デジタル1眼ペンタックス」カテゴリの記事

ジャンクレンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: smcPENTAX-F 35-80mmF4-5.6:

« レンズベビー2.0 | トップページ | 山へ »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー