« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の9件の記事

2008年10月25日 (土)

ビデスコ?

ビデオカメラとフィールドスコープをつないだので、「ビデスコ」と呼ぶそうです。

R0012009s

久しぶりに使ったので、キセキレイの動きについていけません。もう少し望遠側にズームしたかったのですが、アップにするとすぐにフレームアウトしてしまって見失ってしまいます。Img_0539 Img_0537_2

後で、動画から静止画を抜き出しました。Img_0601 Img_0615

動画については、私のパソコンでは編集が出来ません。ハイビジョン画面で見てみるとそこそこに綺麗に写っているのですけれどねぇ。

2008年10月16日 (木)

タカの渡り

毎年9月後半から10月末頃までタカの渡りが話題になりますよね?(一部の人達だけかな?)NHKのニュースにもなるから、それなりに有名な話だとは思います。日本の野山では冬を越せない鳥達が団体で南の方へ移動していくわけですが、タカの仲間はその大きさや姿かたちが目立つので、観察や撮影の対象となって多くの人を集めるようです。

私も近所の観察地に出かけて撮影を試みてみたのですが・・・・・R50122111s

た、高い!とても高いところを飛んでいくタカばかりで、識別が出来ません。EOS40Dをフィールドスコープに付けて1600mm相当で撮影したらどうだろうと準備したのですが、私の腕では全く歯が立ちませんでした。結局EF100-400mmISで手持ち、AF&MFで豆粒のようなタカを撮るばかりでしたよ。

以下はどれも約33%までトリミングして、露出もレタッチで修正しています。

EOS40D+ED78で、辛うじて撮れたノスリ(4800mm相当)Img_33841                                     ノスリは留まる鳥(留鳥)だと思っていましたが、渡るのだそうです。

EOS40D+EF100-400(1920mm相当)                   Img_340611 Img_34231

ツミの幼鳥だそうです40D+EF100-400(1920mm相当)Img_343411 Img_343511 Img_345411

ハイタカか?ツミの成鳥か?                        Img_346111 Img_346611 Img_346711

もしかして、オオタカ?(やっぱりハイタカ?)                 Img_58891 Img_58931

これ、ハヤブサかな?                           Img_595511

これはやっぱりツミの幼鳥らしい                       Img_594411

でもこれは???                               Img_598111 Img_598511

さっぱり判らなくなってしまいました。野鳥の会の専門の方達もどっちだろう?と悩むことがかなりあるようです。みんな良く似ているのですよね。安物双眼鏡では色の違いがよく判りません。あまりに遠くでは大きさの違いもよく判りません。もっと上手に撮影できていれば識別できるのでしょうが、私のようないい加減なカメラマンではだめなようです。

ところで、こんなものも飛んで渡っていきましたよ。           Img_598711 Img_59891

2008年10月15日 (水)

2度めの中秋の名月

今年は中秋の名月が2回あったのですよ(毎年かも知れませんが)。9月15日と10月15日が満月でした、たぶん。残念ながら9月の満月の日は空模様が悪くて撮影できませんでした。

今晩はとても良いお月見日和で、皆さん夜空を見上げていることでしょう。私もちょいと遅ればせながらカメラを持ち出して、昨年とは少し趣を変えて撮影しておきました。

EOS5D+EF100-400IS                      Img_1102s

さすがに400mmでは小さくなってしまうので、トリミングで等倍に    Img_11021

レンズをこれしか持ち出さなかったので、他の撮り方で        Img_1123s

もう1枚                                    Img_1126s

一杯引っ掛けた後なので、かなり手抜きかな??? 

2008年10月11日 (土)

EOS5D+シグマ20mmF1.8EX DG

久しぶりにシグマの20mmF1.8を持ち出しました。APS-Cサイズのデジ1眼では、広角と言うより標準に近い画角になってしまうし、レンズが随分大きくて、なんだか大げさな感じが恥ずかしくて使っていませんでした。

R5012156s                                   (右にあるのはニコンのAiAF20mmF2.8Dです)

今回、EOS5Dのフルサイズで使ったらさぞかし広々と感じるのだろうと、楽しみにしていたのですが、最近コンパクトデジカメでも広角が流行っているので(リコーのGX100などは19mm相当で使ったりしていましたから)、それほどの感激がありませんでした。

EOS5D+シグマ20mmF1.8EX DG (絞り優先:F11)                  Img_2891_1 Img_2897_1 Img_2899_1

最短撮影距離が短くて、超広角でも背景をぼかしてやれるところがこのレンズの得意技だったのですが、それも最近のコンデジでは案外普通に出来てしまうので、有り難味が薄れた感じです(ぼけ量が違うことは違うのですが・・・)

EOS5D+シグマ20mmF1.8EX DG (絞り優先:F2.5)                 Img_2895_1

でもフルサイズデジ1眼の滑らかな画質はうれしいです。以下、適当にパシャパシャやっていました。

Img_2908_1 Img_2910_1 Img_2915_1 Img_2921_1

そうそう、一緒にニコンの20mmも使ってみたのでした。シグマに比べて随分小ぶりですね。レンズの明るさの違いがあるから仕方ないですけれどね。

EOS5D+AiAF20mmF2.8D  (絞り優先:F11程度かな?)   Img_2889_1 Img_2886_1 Img_2924_1

どのレンズでもそうですが、特に超広角では逆光時のフレアーとゴーストが要注意ですね。フードを付けていても、手をかざしてハレギリしてやる場面が頻繁にありました。もしかしたら、うっかり、どこかに私の左手が写っていたかも知れません。

2008年10月10日 (金)

超広角レンズ対決

35mm判フルサイズ用レンズで焦点距離12mmをカバーするレンズを2本持っています。

シグマのズーム12-24mmDGとコシナの12mmSLです。    Img_6133s

コシナの方はニコンFマウント用でしかもミラーアップで使うタイプなので、これまでEOSデジタルではうまく使えませんでした(1D系ではミラーが正規位置に復帰しないとエラーになる)。ところが、EOS5Dに付けてみたところちゃんと動作するのです。シャッターを押すたびに毎回、ミラーがレンズの外筒をたたくのが気になりますが、一応緩衝材を挟み込んでおきましたから故障はしないと思います。

それで撮影結果なんですが、ひとつは予想通りで、もうひとつは予想外でした。

以前フィルムカメラで使っていた時に、シグマ12mmでは周辺減光がかなり気になったという記憶があったのですが、今回使って見るとコシナの12mmに比べれば大変優秀だったということです。

シグマ12-24mmの広角端                        Img_0714s

コシナの12mm                               Img_0715s  

それで、レタッチソフトで周辺減光の補正を掛けてやりました。全く同じにはなりませんが、幾分緩和されて気にならなくなりました。

シグマ12-24の広角端                          Img_0714ss

コシナ12mm                                  Img_0715ss

次に、こちらは予想していたことなのですが、近距離撮影での画角が大きく異なることです。

シグマ12-24の広角端                            Img_0720_1s

コシナ12mm                                Img_0721_1s

上の写真はどちらも50cmの距離からの撮影なのですが、ズームレンズのせいなのか、フォーカス方式のせいなのか、シグマの方は随分と画角が狭くなっています(実質的な焦点距離が長くなっているということです)。コシナの方は全群繰り出し方式のレンズですから焦点距離は変化しないと思います。

どちらが優秀とか、使い易いかと言うことではなく、それぞれの癖とか特徴を知っておくために比較をしているのですが、周辺部の画像の流れ具合など随分違いがあって、それぞれ個性的で面白いですね。これで、人物の集合写真を撮ったらどんな風になってしまうだろう?と興味深々です(きっと、ストロボの能力不足の方が問題かもしれない)。

2008年10月 9日 (木)

ノビタキいっぱい2

今回はデジスコで出かけてみました。それもかなり古い機材の組み合わせです。

ニコンEDⅢ+40倍WDS+E5900                       Dscn4654s Dscn4817s

カメラをズームアップしてしまうと、AFがうまく作動しませんでしたし、シャッター速度も遅くなってしまって、被写体ぶれが気になりました。それでズームは2倍程度までで止めて、どの写真も後から70%程度にトリミングしています。

上の2枚は半逆光をシルキーピクスで少しレタッチした時に色目が変わってしまいました。下の3枚は、カメラのホワイトバランス(晴天)のままです。

それにしてもノビタキは、目が大きく見えて、かわいいですね。  Dscn4849s Dscn4850s Dscn4862s

2008年10月 8日 (水)

シグマ15mmF2.8魚眼

以下は、単なる”へたくそ写真”です。

久しぶりに、対角線魚眼レンズをフルサイズで使ってみたのですが、被写体を間違えたようです。全然魚眼レンズらしく写りません。

EOS5D+シグマ15mmF2.8魚眼                       

Img_0578s Img_0587s

やっと、それらしいのが1枚                       Img_0583s

こんなものも・・・、こちらは15mm魚眼                                  Img_0590s

こちらはシグマ12-24mmの超広角です。               Img_0592s

丸い池が、丸く写っている方が自然な感じ?がしませんか???

2008年10月 7日 (火)

ノビタキいっぱい

毎年のことですが、秋の渡りのノビタキが我が家の近くの田畑に立ち寄ります。それでいつも「ノビタキいっぱい」と言うタイトルになってしまいます。

久しぶりの鳥撮りで、しかもフィールドスコープでのマニュアルフォーカスでしたので、撮影結果はピンボケ、カメラぶれ、被写体ぶれが沢山ありました。何とか見られそうなものを貼り付けます。どれも少しずつトリミングしています。やはりデジスコで出かけたほうが良かったかな?

EOS40D+ニコンフィールドスコープED78                Img_23581s

トリミングでちょっとアップに                            Img_23591s

Img_23941s

首のあたりを”かきかき”してます                             Img_23881s

Img_24971s Img_25281s

逆光だー  (少しレタッチで補正しました)                                    Img_233311s

一応純正レンズも持っていたので少し載せておきます。短いレンズだったので、日の丸写真から50%にトリミングしています。

EOS40D+EF70-300 DO IS                    Img_26851 Img_26981s Img_27241s

2008年10月 2日 (木)

「選挙活動」など

初めに、「おことわり」しておきます。

以下の記事は私の日記です。自分自身の行動の記録ですので、特別な目的があるわけではありません。

今、岡崎市では市長選挙と市議会議員選挙の真っ最中です。                 P1020860s P1020859s

市長選は、大方の予想通りに終わるのでしょうが、市議選はかなりの白熱が予想され(40/49)、どちらの陣営も必死に活動をしているのです。我が家の前の道路(結構メインストリート)を1日に何台もの宣伝カーが「候補者の名前を叫びながら」通り過ぎています。        Img_0502s Img_0486s クレームが付かないように、公平に候補者の写真を載せました。

私も一応、応援している候補者がありますので、それなりの活動をしているのです。(それで、ブログの更新が停滞気味)

基本的に裏方ですので、じぶんの覚え(記録写真)を撮っています。                         Img_0499s

一般公開のブログですから、多少は「肖像権」に配慮して掲載します。Img_19040s_2 Img_0572ss_2

ここから先はちょっと、世の中へ向けての発言。

「選挙に行かない」「投票しない」と言うのは、「権利の放棄」になります。投票しない人は、「社会が悪い」とか「政治が悪い」と文句を言う資格はありません。

ですから私自身は、「期日前投票」の制度利用して、「権利と義務」を履行しています。

「だれが当選したところで、自分の生活には関係ない」などと思っていてはいけません。廻りまわって生活に直結したところへ影響が来ます(実体験からの反省)。

みなさん、棄権しないで投票に行きましょう。出来れば、候補者の演説会や選挙事務所に行って、どのような人物なのか見て、聞いてあげましょう。それから「愚痴」や「要望」も吐き出しましょう。

選挙を「ねた」とか「きっかけ」に他の人と話をすると、案外自分の方が癒されたりしますよ。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー