« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の9件の記事

2008年12月31日 (水)

普段使いのライカレンズ

私はライカのカメラを持っていませんし、特にライカのファンではありません。しかし、レンズだけは集まってしまいました。M42スクリューマウントのレンズが世界中にたくさんあるのと同じように、レンジファインダーカメラのL39マウントレンズもたくさんあって、レンズ遊びをしているうちに間違えて?集めてしまったわけです(仕方なくMマウントも)。集まったレンズは使ってやらなければならないと思い、カメラボディが後から付いてきました。エプソンR-D1sやパナソニックのG1が有るお陰で、お気に入りのレンズが気軽に楽しめます。

気軽に持ち出せる、普段使いの4本です                              P1030055_1

今回は比較的小ぶりで重さも少し軽い方のレンズを4本、長さ違いで持ち出しました。G1で使った場合の距離感とか写り具合を試しておこうと、撮り比べています。初めは同じ距離、約3mから

ズマロン35mmF3.5                            P1020905_1

ズミクロン50mmF2(絞りF4)                             P1020909_1

エルマー90mmF4                              P1020911_1

ヘクトール135mmF4.5                       P1020913_1_2

次はそれぞれ最短撮影距離付近から、上と同じ順番で

約1m                                              P1030014_1 P1030008_1 P1030003_1

約1.5m                                    P1020994_1

この4本はオールドレンズのわりには、あまり変な癖もなくとても素直に使えます。それに、1眼のG1ならば電子ビューファインダーと背面液晶でプレビューできるので、邪魔な光が入ってもわかりますから、安心ですね。

レンジファインダーは、距離計の精度の問題から近接領域は不得意です。同じ理由で、焦点距離の長いレンズも苦手です。でも、G1の液晶を拡大表示させれば、ジャスピンに出来ます。

しかし、レンジファインダーレンズの最短撮影距離は、普通は、広角系:0.7m、標準系:1m、望遠系:1.5mまでしか近づけません(別の方法で近接撮影も出来るのですが・・・)。それで折角の描写なんですが、私の好きなマクロ的な写真が撮れるのは、エルマー90mmだけなのです。

2008年12月27日 (土)

50mmオールドレンズ

私自身のメモ書きです。読み飛ばしてください。

ライカのLマウント50mmレンズを3本持っています。          P1020942_1

どれも私より年寄りのレンズです。もちろんどれも中古ですが、値段は案外と高かったのです。もしかすると古さに値段が付いているのかも知れません。

パナソニックG1で、改めて撮り比べて見ました。まずは開放絞りから。

エルマー50mmF3.5                            P1020604_1

ズミクロン50mmF2                             P1020614_1

ズマリット50mmF1.5                             P1020629_1

約2段絞り込んで、同じ順序で                        P1020608_1 P1020618_1 P1020632_1

4段絞りでは                                  P1020611_1 P1020622_1 P1020635_1

日陰から撮影しているので、レンズに直接太陽光は入っていないのですが、背景の反射光でフレアーが出て、エルマーとズマリットはコントラストが低くなっています。今時のレンズでは平気な状況なんですが、こんなところがオールドレンズなんですね。

(但し書き)この撮り比べは、私が持っているレンズ現品のことであって、正規品の評価ではありませんので、他の方が購入する前の参考にはなりません。もしかすると、磨きなおして本来あるはずのコーティングが剥がれていたとか、レンズの組み付けが間違っていたとか、鏡筒内の塗装が剥がれて反射していたとか・・・かも知れませんので。

順光ではどうかと、もう一度試してみると

開放絞り                                     P1020654_1 P1020658_1 P1020663_1

2段絞り                                   P1020655_1 P1020659_1 P1020664_1

4段絞り                                      P1020657_1 P1020660_1 P1020665_1

今度は、開放ではちょっと苦しいですが、2段絞ればコントラストも上がってきました。このレンズ達、もともとの開放絞り値が異なるので、背景のボケ具合が異なりますが、F値を合わせれば似てきます。

絞り羽の枚数が多いので、絞ってもあまり角が出ませんからね。P1140427_1

それにしても、ズミクロンは開放からでも良く写りますね、ずいぶん値が張ったレンズでしたから・・・。それとも新しくつけたUVフィルターの威力かな?                

2008年12月25日 (木)

エルマーL 50mmF3.5

1936年製のレンズです。                          P1000551

逆光ではもちろん、順光でも凄くフレアーが多いです。でも、それが味と言うことになるのでしょう。

逆光です。一応ハレギリしています。P1020547_1

開放絞りで                                    P1020548_1

順光でも被写そのものの反射光で、ぼんやりしているでしょう。   P1020538_1     P1020540_1

70年以上も昔のレンズが、今でも使えると言うことがうれしいですね。P1020551_1

2008年12月23日 (火)

R-D1sとG1(その3)

午後から、曇り空になりましたので、開放絞りで使って見ました。今度はJpegで撮ったままです。

R-D1s+Biogon28mmF2.8                          Epsn0363_1

G1+Biogon21mmF2.8                          P1020511_1

同じ順序で                                     Epsn0385_1 P1020531_1

近距離0.7mで                                Epsn0366_1 P1020514_1

レンズを組み替えて、同じ0.7mでは                   

R-D1s+Biogon21mmF2.8(32mm相当)                    Epsn0372_1

G1+Biogon28mmF2.8(56mm相当)                           P1020521_1

同じF値でも、撮像素子の大きさが異なるので、同程度の距離と画角では被写界深度が異なるのが判ります。

絞り込んでのパンフォーカスのスナップならば、素子の小さなG1の方がシャッター速度が稼げて有利なはずですが・・・

開放絞りでは、画角の差を考慮してもレンズの差が出てきますね。28mmの素直さに比べて、21mmはかなり無理をしているように感じます。

こんなことをあれこれ試して見るのも、レンズ遊びの楽しさですね。ますます「道楽」が「道落」に落ち込んでいますよ。

2008年12月22日 (月)

R-D1sとG1

レンジファインダー用のレンズを普通に使える1眼デジカメとして、パナソニックのG1を購入したわけですが、saruさんのご指摘もあり本来のレンジファインダー機R-D1sとの使い勝手を比べてみることにしました。

P1000649s

画角を合わせてやるためにG1+21mmF4、R-D1s+28mmF3.5ということで、近所の公園を歩きながら、同じ場所で出来るだけ構図をあわせるようにして、撮り比べていました。すべて手撮りです。

R-D1s                                    Epsn0287_1

G1                                         P1020397_1

以下同じ順番で                                  Epsn0307_1 P1020449_1

Epsn0300_1 P1020435_1

画角は同等、写真の色目はカメラ任せ、構図のズレやピントの違いは多少ありますが、どちらもそれなりに使えます。

それで、気が付いたことは、この程度の広角気味のレンズでしかもあまり接近して撮影しないなら、R-D1sの方が随分ピント合わせがし易いということです。特に絞り込んで撮影したい時などは、G1では一旦絞りを開けて、拡大表示で正確にピントを合わせ、その後絞り込んでシャッターを押すという手順になるのですが、これがとても面倒でした。

R-D1sなら絞ったまま、二重像のズレをあわせるだけですから、適当なターゲットさえあれば非常に簡単です。

Epsn0302_1 P1020438_1

接近して撮る場合でも0.7mまでのこのレンズの最短距離でなら、なんの問題もなくピント合わせが出来ますね。但しカメラとレンズの距離計が合っていればのことですが。

やはり1眼デジカメG1が、本領発揮するのはマクロと望遠になったときのようです。それとも三脚に載せて、厳密なピント合わせが要るときだけなのかも知れないですね。

2008年12月20日 (土)

蝋梅が咲きました

先週ぐらいから、葉っぱの色が変わってきて蕾が膨らんでいました。今朝庭を、見るといくつか咲いていました。早速レンズを3本持って撮影です。

レンジファインダー用のレンズは、あまり接近できないので撮影倍率が高くありません。換算2倍のフォーサーズマウントでも、マクロ的には使えないですね。下の写真は、どれも最短撮影距離で撮っています。

G1+28mmF3.5                        P102028428f35_1

G1+40mmF1.4                              P1020291f56_1

G1+90mmF4                               P102029490f56_1

それでも、やっぱりエルマー90mmは使いやすいです。             P1020299f56_1

2008年12月19日 (金)

200mmF4マクロ

200mmF4のマクロレンズ                        Dscn2752s

ニコンのマニュアルレンズで、1/2倍までのマクロ撮影が出来ます。随分細長いレンズですが、インナーフォーカス構造なので、ピント合わせでレンズが伸び縮みしません。

Dscn2755s

薄暗い林の中で使ってみました。一応、三脚に載せています。

D700+Ai200mmF4マクロ                        Dbb_2726_2_2 Dbb_2733_1_2

シルキーピクスの簡単レタッチで「カッコイイ」を適応させてみました。Dbb_2738_2_2 Dbb_2740_2_2 Dbb_2742_2_2

このまま普通に遠景も撮れてしまいます。              Dbb_27191_1

2008年12月14日 (日)

コーワSETRの続きの続き

またまた、昨日の続きです。

本体の方は、絞り羽はそれなりに動いているし、シャッターも実はミラーアップに粘りがあるだけで、レンズシャッターの開閉による露光時間についてはそれなりに正しそうな感じがしました(1/8秒より遅いところはかなり怪しいですが)。それで、試しにそのまま使ってみることにしました。

三脚に載せて、絞り込んで、ケーブルレリーズで           Scnkowa0001s

絞りを開けると                                 Scnkowa0002s_2

同じように絞り気味                              Scnkowa0006s

開き気味                                     Scnkowa0005s

こんな感じでも                                 Scnkowa0009s

絞り開放では、かなり周辺減光がありますね                Scnkowa0010s                               それに、広角ではないのに画面周辺の湾曲がかなりあります

と言う具合で、ISO400のネガフィルムでは、それなりに使えました。但し露出決定は、ニコンNewFM2とペンタックスSPの露出計を頼りに合わせてみました。

Scnkowa0003s

2008年12月12日 (金)

コーワSETR

コルゲンコーワのあのKOWAですが、カメラも作っていたのですね。コーワのフィールドスコープは色々と持っていますが、カメラはめったに見ませんでした。もう随分前にカメラ事業から撤退して生産していないのだそうです。中古市場でしか出会えませんし、しかも故障も多いため玉数が残っていないのですね(過去に1度だけ見たのですが、その時は購入に到りませんでした)。

ところが先日カメラ店を冷やかしに行くと、ジャンク籠にこのSETRが転がっていました。ファインダーとレンズはカビだらけで、ぼけぼけ状態。シャッターが粘ってまともに切れません。うら蓋を開けると内部はわりと綺麗で、一応フィルムの巻上げ巻き戻しは出来そう。安かったので、「暇つぶしに分解してみよう、ダメならレンズだけでも磨きなおして適当にアダプター遊びをしてやろう」と、持ち帰りました。

P1140184_filtereds

調べてみると、コーワの1眼レフはちょっと特殊で、レンズシャッター方式なんですね。この方式はかなり構造が面倒くさくて、素人の分解整備は避けたほうが良いとあります。レンズを外して、絞りやシャッター速度のダイヤルを回したりして、しばらく動きを観察していると、段々と調子が出てきて、シャッターの粘り加減が良くなってきました。これは本気で直した方が良さそうだと思い、安易な分解は中止しました。

まずは簡単そうなレンズだけを分解して磨き直したのですが、前玉のカビがどうしても取り切れませんでしたので、どの程度に写せるか判りません。これから適当にアダプターのようなものを作って写り具合を試して見ましょう。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー