« ジョウビタキ2008 | トップページ | 新年 »

2008年12月31日 (水)

普段使いのライカレンズ

私はライカのカメラを持っていませんし、特にライカのファンではありません。しかし、レンズだけは集まってしまいました。M42スクリューマウントのレンズが世界中にたくさんあるのと同じように、レンジファインダーカメラのL39マウントレンズもたくさんあって、レンズ遊びをしているうちに間違えて?集めてしまったわけです(仕方なくMマウントも)。集まったレンズは使ってやらなければならないと思い、カメラボディが後から付いてきました。エプソンR-D1sやパナソニックのG1が有るお陰で、お気に入りのレンズが気軽に楽しめます。

気軽に持ち出せる、普段使いの4本です                              P1030055_1

今回は比較的小ぶりで重さも少し軽い方のレンズを4本、長さ違いで持ち出しました。G1で使った場合の距離感とか写り具合を試しておこうと、撮り比べています。初めは同じ距離、約3mから

ズマロン35mmF3.5                            P1020905_1

ズミクロン50mmF2(絞りF4)                             P1020909_1

エルマー90mmF4                              P1020911_1

ヘクトール135mmF4.5                       P1020913_1_2

次はそれぞれ最短撮影距離付近から、上と同じ順番で

約1m                                              P1030014_1 P1030008_1 P1030003_1

約1.5m                                    P1020994_1

この4本はオールドレンズのわりには、あまり変な癖もなくとても素直に使えます。それに、1眼のG1ならば電子ビューファインダーと背面液晶でプレビューできるので、邪魔な光が入ってもわかりますから、安心ですね。

レンジファインダーは、距離計の精度の問題から近接領域は不得意です。同じ理由で、焦点距離の長いレンズも苦手です。でも、G1の液晶を拡大表示させれば、ジャスピンに出来ます。

しかし、レンジファインダーレンズの最短撮影距離は、普通は、広角系:0.7m、標準系:1m、望遠系:1.5mまでしか近づけません(別の方法で近接撮影も出来るのですが・・・)。それで折角の描写なんですが、私の好きなマクロ的な写真が撮れるのは、エルマー90mmだけなのです。

« ジョウビタキ2008 | トップページ | 新年 »

Summicron 50mmF2」カテゴリの記事

デジタル1眼パナソニック」カテゴリの記事

Summaron 35mmF3.5」カテゴリの記事

Elmar 90mmF4」カテゴリの記事

Hektor 135mmF4.5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普段使いのライカレンズ:

« ジョウビタキ2008 | トップページ | 新年 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー