« 側溝の蓋 | トップページ | 轍(わだち)と雑草(ざっそう) »

2009年3月 2日 (月)

スズメ撮りで対決

ビクセンとボーグで撮り比べて見ました。

カメラはG1。クイックリターンミラーが無いので振動は少ないのですが、さすがにこれだけ長い鏡筒につけると、条件によっては連写時に共振するようで、連写の2枚目以降が僅かにぶれ続けることがありました。

それで、カメラとレンズは三脚に載せてはいますが、ケーブルレリーズではなく直接シャッターボタンを押しています。手の平の肉で減衰させるということです。

ビクセンは910mmF11.4相当、ボーグは510mmF6.6(テレコン付きで714mmF9.2)相当。

被写体は裏の畑のスズメたちです。追っても追っても柿の木に戻ってきて、相手をしてくれました。

910mm                                  P1080070_1 P1080084_1                            50%にトリミング                                P1080084_2 P1080348_1 P1080506_1                           50%にトリミングすると                          P1080506_2

ビクセンもいけますね。前回空抜けの写真ではパープルフリンジが気になりましたが、背景が少し暗めなので、問題なく使えました。

それに、等倍画像では気になった高感度ノイズが縮小すると目立ちませんね。50%トリミングの写真でもリサイズ率は約50%の縮小になりますから、まだ大丈夫のようです。

510mm                                   P1080092_1                        50%にトリミングしても遠いです。                      P1080097_2                                            

そこでテレコンを付けて、714mm                              P1080152_1 P1080167_1 P1080287_1                        50%にトリミング                                 P1080287_2

もう1枚、50%にトリミング                               P1080571_2               

このボーグのテレコン、中々良いではないですか!全然画質が落ちた感じがしません。

後は、私が鳥さんまでの距離をどこまで縮められるかが解像感向上のポイントです。

このときの距離は約15mでした。

« 側溝の蓋 | トップページ | 轍(わだち)と雑草(ざっそう) »

Panasonic Lumix G1」カテゴリの記事

BORG 77EDⅡ(&1.4×テレ)」カテゴリの記事

Vixen D80mm-910mm」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズメ撮りで対決:

« 側溝の蓋 | トップページ | 轍(わだち)と雑草(ざっそう) »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー