« 超広角ズームレンズ比較 | トップページ | 新緑ばかり撮っていました »

2009年5月 1日 (金)

樽型ひずみ

このレンズ、光学的にはとても素直な樽型ひずみでした。P1110531_1

ボディ内で補正して、まっすぐにしているようです。      P1110530_1

G1+G7-14mmF4のことです。

ちなみに、市川のシルキーピクスで補正するとこの程度。  P1110531_2

正規のものより、少し画角が広くできました。

この補正後の2枚を比較してみると、周辺減光はソフトで補正していないようですね。

« 超広角ズームレンズ比較 | トップページ | 新緑ばかり撮っていました »

G VARIO 7-14mmF4 ASPH.」カテゴリの記事

コメント

すごい裏技をやるもんですねぇ。
それにしてもソフトで直してしまうとは。
レンズキットで売るのもわかる気がします。
オリンパスのマイクロ43はどうなったんでしょうか。
ちっともでてきませんが、単レンズがでて互換がとれたらおもしろそうですが、そうなるとソフトで修正とはいかなくなるでしょうからむずかしいんでしょうかねぇ。
ま、しばらくUWHでがまんしときましょうか。

牛鳴さん、どうも。

このレンズ、余りに癖が無く、使ってみて拍子向けするくらいです。
さらにG1のライブビューで見えたままに撮れますから、なおさら撮影が簡単です。
超広角レンズを使いこなすのはとても難しいと認識していたのですが、
作品撮りのセンスや好みの問題をのぞけば、だれでも見えたまま撮れてしまうのです。

オリンパスがどこまでパナソニックの”乗り”につき合ってくるのか、楽しみですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樽型ひずみ:

« 超広角ズームレンズ比較 | トップページ | 新緑ばかり撮っていました »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー