« NOKTON classic 35mmF1.4 SC を普通に使う | トップページ | SRT101とSPの続き »

2009年7月15日 (水)

ミノルタSRT101とペンタックスSP

露出計が生きている2台のフィルムカメラを持って出かけました。R2013569_1

撮影中に測光値をお互いに見比べてみたのですが、それぞれそれなりの値になっており、大体似たような測光結果が出ていましたので、安心して使えました。

SRT101+MC135mmF3.5                    Scnsrt1010101135mm_1 Scnsrt1010103_1 Scnsrt1010107_1

ちなみに、CX1のズーム135mmでは                         R2013564_1

SP+S-M-Cタクマー35mmF3.5               Scnsp050135mm_1 Scnsp0502_1 Scnsp0505_1

ちなみに、CX1のズーム35mmでは                              R2013565_1

持ちだすきっかけは、タクマー85mmをSPで使ってみたかったからなのですが、ピントは合わせやすいし背景ボケもきれいで、やっぱり良いレンズでした。

SP+Sタクマー85mmF1.9                    Scnsp0513_1 Scnsp0515_1 Scnsp050785mm_1

ちなみに、CX1のズーム85mmでは                           R2013566_1

« NOKTON classic 35mmF1.4 SC を普通に使う | トップページ | SRT101とSPの続き »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミノルタSRT101とペンタックスSP:

« NOKTON classic 35mmF1.4 SC を普通に使う | トップページ | SRT101とSPの続き »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー