« レンズいろいろ | トップページ | フジの木にキノコが! »

2009年12月 7日 (月)

軽量コンパクトはエライ!

やっぱりねぇ~・・・、の続きです。

同じ手ぶれ補正付きマクロレンズだといっても、ニコンのVR105mmとパナソニックのライカ45mmではずいぶんと大きさも重さも異なりますね。

D700+105mmとG1+45mm                     Dcc_2013_1                                  重さも、D700+VR105mmは1920g、G1+45mmは690g

どちらも中望遠のマクロレンズで、最大倍率が1倍ですが、35mm判換算では、マイクロフォーサーズのG1+45mmでは、2倍相当になってしまいますね。

また、パナの45mmと換算焦点距離を合わせるとしたら、D700なら90mm、D300Sなら60mmが相当するのですが・・・。

D700+タムロン90mmとD300S+60mmF2.8G    P1150830_1                                重さは、D700+タムロンが1540g、D300S+60mmが1420g

圧倒的に、マイクロフォーサーズの45mmマクロが軽量コンパクトです。

ところで、撮れた写真はどんな具合か?と言えば・・・・。

使う人の好みとか求めるレベルに寄りますが、それぞれそれなりにしっかり描写していると感じます。

最短距離から、D700+VR105mmF2.8マクロ                    Dbb_8260_1

内蔵ストロボでの撮影                           Dbb_8253_1

手ごろな距離から、G1+45mmF2.8マクロで            P1150762_1

でも、実はもっとUPに出来て、最短距離=換算2:1倍        P1150775_1

内蔵ストロボで撮影                              P1150757_1

細かいところを見ていくと当然、G1の方が高感度での画質が低いとか、被写界深度が深めで、背景をぼかせないとか条件的に負けているのですが・・・・。

普通に鑑賞する分には、十分に拡大が効いて良い感じに背景もぼけて、好ましく感じます。

D700+VR105mm                              Dbb_8295_1

G1+45mmF2.8                             P1150812_1

G1+45mmは、サイズも重さも半分以下ですから持ち運びも便利だし、バリアングル液晶のおかげで撮影中の取り扱いも楽なので、普段使いはこればかりになりそうです。

ライカブランドなので、お値段がちょっと高めなところが、このレンズの弱点ですかね。

« レンズいろいろ | トップページ | フジの木にキノコが! »

Nikon D700」カテゴリの記事

Panasonic Lumix G1」カテゴリの記事

AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G」カテゴリの記事

DG MACRO-ELMARIT 45mmF2.8 ASPH」カテゴリの記事

コメント

バックがうるさいときの合焦はいかがですか。
もともとG1の合焦は早くないところになかなか合わなくてじーこじーことやってます。
しかし写りはいいですねぇ。

またまたタイムリー♪
タムロンマクロ90mmhttp://review.kakaku.com/review/10505512020/
値段もリーズナブルでニコンに使えると知り、候補に入れてみようと思っています

でも、AFの精度があまりよくないとのレビューが気になっていました

ニコンマクロ60mmはとても評判が良いですが、手ぶれ補正がないんですよね・・・

やっぱり85mmが良いのかなぁ~と思いはじめています

牛鳴 さん

>バックがうるさいときの合焦はいかがですか

コントラストAFですから、どうしても球体やふんわりしたグラデーションの被写体では迷いますね。
また、後ろに明るいものがあったりすると、そちらに引っ張られて戻ってきません。
一旦合焦させれば後の微調整はフルタイムMFが出来るはずですが、マクロレンズではストロークが大きすぎて間が抜けてしまいます。
そんな時ははじめからMFにするのですが、どちらにピントリングを回すのか?ちょっと慣れが要りそうです。

ぷくぷ~ さん、どうも。

タムロンの90mmは、マクロレンズとしてはとても良いと思いますよ。
コストパフォーマンスも高いですが、やはりその描写の柔らかさ(一部解像力が低いと批評されることもありますが)が、特徴でしょうね。
ずいぶん以前から評判が良いレンズですから、逆に最新技術の超音波モーターのAFや、手ぶれ補正機能はついていないのですよ。
ですから、動きまわるワンちゃんたちを追いかけるのは無理だと思います。

ニコンの新型85mmもマクロレンズですから、ピントのストロークが長くて、期待ほど速くはないかも知れませんね。

色々と情報を仕入れて、しっかり悩んでください。
それが、また楽しい時間ですから。

またまたお邪魔いたします

>ニコンの新型85mmもマクロレンズですから、ピントのストロークが長くて、期待ほど速くはないかも知れませんね。

なぬ?そうなのですかぁ・・・

D5000のLVのAFの遅さにストレスを感じているので、バリアングルを活用できていないくらいセッカチなのに


>色々と情報を仕入れて、しっかり悩んでください。
それが、また楽しい時間ですから。

本当にそうです!
カメラ選びの時もそうでしたから(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽量コンパクトはエライ!:

« レンズいろいろ | トップページ | フジの木にキノコが! »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー