« 名鉄電車 | トップページ | 望遠ズームレンズ »

2010年3月17日 (水)

名鉄電車のパノラマ撮影

これまで鉄道写真のどこが面白いのかよくわからなかったのですが、先日の談話の際に「通り過ぎる、その一瞬に掛けるところです」と言われて、なんとなくその気になりました。翌日、別の場所を求めて自転車で。

どの列車がどうのこうのと言うわけもなく、練習と言うことですから、ただただ見通しの良い線路沿いで試してみました。

何を試したかと言えば、魚眼レンズで右端から左端まで                 Pk7_19611_1

対角線魚眼レンズなので、斜めに傾けて撮影したものをトリミング  Pk7_19631_1

車輌の端から端まで入れようとすると離れすぎで、迫力がありませんね。

そこでもっと近づけるところを探してみると                                 Pk7_19861_2

今度は近すぎて車輌の頭も尻尾も入りません。なかなか難しい被写体です。

とりあえず反対車線から来た車両でも試してみると            Pk7_19911_1

なんとなく納まった気がしますが、もう少し何とかしないとまとまりが悪い感じです。

次回は、円周魚眼レンズで試してみないとね!??

ところで、大昔に一世風靡した「名鉄のパノラマカー」はもう走っていないのかな???

« 名鉄電車 | トップページ | 望遠ズームレンズ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
魚眼レンズの絵をパノラマに補正するソフトがあるやに聞きました(ニコン)が、スイングパノラマと似たようになりそうですねぇ。

牛鳴さん、どうも。

やはり魚眼ぽいですかね、スイングパノラマは。

私は、ソフトで画像に手を加えることを趣味にしていないので(ただ面倒臭いだけです)詳しくありませんが、今時の画像処理ソフトは凄いらしいですね。

私は実家が岐阜の笠松なので、子供の頃はよくパノラマカーに乗りました。
今はもう走っていない様です。
就職して長野に15年ほど住んだのですが、先日長野へ行ったら、小田急の古いロマンスカーが長野電鉄を走っていて驚きました...。

Minoさん、どうも。

わたしは、小中学校、毎日名鉄線の踏切を渡って通学していたので、よくパノラマカーを見ました。それから例の独特の警笛も自宅まで聞こえていました。
また大学時代、新岐阜まで通学していた時期がありましたから、毎日パノラマカーでした。笠松駅も記憶にあります。
でも今ではほとんど踏切は渡りませんし、名鉄電車にも、たまにしか乗りませんから、懐かし思い出になっていますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄電車のパノラマ撮影:

« 名鉄電車 | トップページ | 望遠ズームレンズ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー