« 35mmのレンズ | トップページ | 倍率:1/2(0.5倍)ですから »

2010年3月 4日 (木)

カメラによる露出値の違い

カメラのせいなのか?レンズのせいなのか?同じ被写体を同程度の距離と構図で撮影したのに、なんだか設定露出が違っていました。どれも絞り優先の開放絞りなんですがマクロレンズの露出加減は???・・・。

D300s+トキナー100mmF2.8マクロ

感度:ISO200、露出補正-0.7、絞り:F3.2、SS:1/125秒                  Dcc_3083_1                          

K-7+DFA100mmF2.8マクロWR

感度:ISO200、露出補正-0.7、絞り:F2.8、SS:1/80秒                                      Pk7_1585_1                                  

K-7+マクロプラナー100mmF2ZK

感度:ISO200、露出補正-0.7、絞り:F2、SS:1/125秒                Pk7_1596_1                           

トキナー100mmとDFA100mmは同じレンズ構成だと聞いていたので、この差はカメラの違いかな?

ニコンのF値は実効値を表すから、マクロ域に入って開放でも数値が大きくなるのは解かるとして、シャッター速度が2/3段分異なるのは、CMOSの実効感度の違いからかな?

それとも、D300sの写真の方が少し暗く写っているのか?

DFA100mmとMP100mmは開放F値が異なるから、この程度の差でも良さそうだけれど、実際のところ撮影距離による露出倍数が同じとは限らないし・・・?

これは、後でじっくり検討してみる必要があるな!??。        

« 35mmのレンズ | トップページ | 倍率:1/2(0.5倍)ですから »

レンズ マクロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラによる露出値の違い:

« 35mmのレンズ | トップページ | 倍率:1/2(0.5倍)ですから »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー