« 1000件目の記事です | トップページ | F801SとEOS650 »

2010年5月20日 (木)

ニコンFG

またまたジャンクかごで見つけました、ニコンの1眼レフ(3K)。P1020034_1

”FG”?・・・「聴いたことのない名前だなぁ~?」

プラスティック製の何だかとても小さくて軽いカメラで、おもちゃっぽく思えましたが、一応ニコンFマウントらしい?

ちょうど持っていたレンズをあてて見ると、うまく付きました。

「へー!これでマニュアル機!、”FM10”より小さくないか?」と動かしてみると、シャッターが切れない?

シャッター速度ダイヤルに、「A」と「P」の文字があるので、電子シャッタータイプでした。P1020039_1

一応1/90秒のマニュアルシャッターのポジションがあったので、動作確認は出来ましたが・・・。                              P1020038_1

「これ、露出計は生きてるかな?」・・・「さあ?ジャンク品ですから、そう言う確認をしていません。」

「電池は特殊?」・・・「いえ、普通にLR44が使えるはずですよ。」

で、試してみるとファインダー内に赤い点滅表示が出て、シャッターも動くようになりました。

「ははー、どうやらオリンパスの”OM-4Ti”と同じ乗りで使うカメラだな。」と納得して引き取ってきました。

調べて見ると、1982年発売、定価:61000円。

評判の良かった”FM”や”FE”の廉価・小型化を狙ったシリーズの中の最上位機種という何とも中途半端な位置づけのカメラでした。

さてISO100のフィルムを入れて試し撮り。               Scnfg0001_1

レンズはAi50mmF1.8S                           Scnfg0010_1

Scnfg0014_1

Scnfg0011_1

露出計はそれなりの値を表示していましたが、電子シャッターなので本当にシャッター速度が正しいかは不安でした。しかしこの現像結果を見ると大丈夫そうですね。

どうせフィルム1本の現像代は同じだからと、他のレンズも使っていました。ファインダーも露出計も使えなくなるミラーアップタイプのレンズです。

SWH15mmF4.5                              Scnfg0025_1

Scnfg0027_1

Scnfg0028_1

UWH12mmF5.6                                Scnfg0032_1

Scnfg0033_1

Scnfg0034_1

試しに望遠300mmF4も                        Scnfg0036_1

Scnfg0041_1

どれもちゃんと写ってしまいました。フィルムと電池があれば写るカメラが、どんどん捨てられていきますね。

« 1000件目の記事です | トップページ | F801SとEOS650 »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

SUPER WIDE-HELIAR 15mmF4.5 SL」カテゴリの記事

ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 SL」カテゴリの記事

雑感(ぼやき)」カテゴリの記事

Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコンFG:

« 1000件目の記事です | トップページ | F801SとEOS650 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー