« キビタキ | トップページ | 田んぼのサギたちが少ない? »

2010年5月11日 (火)

コニカC35AF

ちょっと古いカメラが、勝手に?どんどん集まって来ます。

「壊れているかも?」「まだ動きそう?だよ」「捨てるのも勿体ない?から」・・・。

先日「ピッカリコニカ」を入手したばかりですが、そのレンズの写り具合は素晴らしく、これはジャンクかごからの「儲け物」と喜んでいたところへ、今度は知り合いから「ジャスピンコニカ」が届きました。

世界初のAF(オートフォーカス)カメラですよ。                                      R5013448_1

このカメラが発端となりフィルムのコンパクトカメラは勝手に写真を撮る装置になり、どこにピントを合わせたかもわからず、やがてつまらないものになっていったわけです。

さて使ってみると、このカメラには露出計用のボタン電池が不要でした。フラッシュ用の単三電池2本で露出計もAFも駆動するのです。

電池が無くてもシャッターは切れますし、巻き上げも手動ですから写真が撮れそうな気がするのですが、ピントは最短1.1mに固定され、絞りは開放のままという状態になります。

やっぱり、電気仕掛けになり過ぎですね。

とは言え、まだ入手可能な電池ですからしばらくは使えそうです。

とりあえず作例                        Scnc35af0002_1

Scnc35af0003_1

うまくピントが合えば、かなりの描写です。

でも、時々ピントが・・・・                             Scnc35af0009_1

撮影後にピントの目盛りが異常だったことに気づきもう1ショット    Scnc35af0010_1

中央一点測距という方式ですが、ちょっと後ピンになりがち    Scnc35af0011_1

Scnc35af0012_1

しかもフォーカスロックはできないので、ピンボケの日の丸構図Scnc35af0013_1

Scnc35af0014_1

いつもいつもではないにしても、こんな感じの写真ばかりを撮っていたのでは、折角のレンズが泣きますね。

やはり、自分でピントを合わせるMFの方が確実なようです。綺麗な外観ですから展示用にしましょう。

ところで実は、これと時を同じにもう1台、ジャンクかごから「ピッカリコニカ」を拾ってきました。

左からC35AF、C35EF後期型、C35EF前期型           R5013452_1

どれも同じKONICA HEXANON 38mmF2.8 が付いているのですね。うまく使えば、綺麗に写りますよ。

« キビタキ | トップページ | 田んぼのサギたちが少ない? »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コニカC35AF:

« キビタキ | トップページ | 田んぼのサギたちが少ない? »

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

カテゴリー