« ミノルタ SR-7 その2 | トップページ | F801SとEOS55 »

2010年5月17日 (月)

EOS 650

キヤノンEOSの初代機、1987年発売だそうです。

ジャンクかごにころがっていました(0.5K)。               P1020016_1

Kissが1993年と言うことなので、それより6年も古いモデルなんですね。

でもほとんど機能・性能は同じようです。                    P1020020_1

当然、使い方も迷うことなくすぐに判りました。                P1020021_1

ずっしりと重く、がっしりしていて、Kissよりも持った時の安心感があります。

ちょうど私が持っているニコンのF801Sと似たような雰囲気です。    P1020030_1

F801Sは1991年ですが先代F801が1988年発売なので、持って構えてファインダーを覗いた時の雰囲気が似ています。ファインダーの明るさとか倍率の具合なんでしょうね。

P1020023_1

ちょっと高価なリチウム電池2CR5が必要なところがネックですが、EOS55やAutoboyと同じ電池なので使いまわしが出来ます。

調べてみると、致命的な不具合として劣化したゴムダンパー(モルトプレーンのことか?)がシャッター幕に被着して作動不可になる欠陥があります。

P1020018_1

このジャンク品もシャッター幕の端が黒く汚れていましたので、アルコールでふき取りました。当然ふき取り痕が残ってしまいますが、粘着質のゴムが取れたので快調にシャッターが切れます。時折確認してやる必要があるそうです。

電池とフィルムを入れて試し撮り                   Scneos6500007_1

EF20mmF2.8                              Scneos6500009_1

Scneos6500013_1

EF85mmF1.8                                 Scneos6500016_1

Scneos6500018_1

Scneos6500020_1

EF70-300mmIS                              Scneos6500022_1

Scneos6500023_1

Scneos6500024_1

日付用の電池も新品に入れ替えましたら、ちゃんと写りますね。  Scneos6500004_1

これで500円!・・・お買い得?だったかな?

« ミノルタ SR-7 その2 | トップページ | F801SとEOS55 »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS 650:

« ミノルタ SR-7 その2 | トップページ | F801SとEOS55 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー