« 防塵防滴 | トップページ | キヤノンEOS1000S »

2010年6月16日 (水)

防塵防滴は不要?

雨が大粒になって、傘を差さなければ屋外に出られません。今度は、前の記事のマクロレンズを防滴機能の無いカメラに付けました。

EOS KissX4+EF100mmF2.8L ISマクロ           Img_2110_1

Img_2116_1

Img_2173_1

Img_2140_1

Img_2212_1

Img_2223_1

上から下に真っ直ぐに降ってくる雨ですから、傘のおかげでカメラはほとんど濡れませんでした。

私が普段使っているのは、小学生の通学用の黄色い傘(目立つように)ですが、写真を撮るときは不都合なんです。

やはり、ホワイトバランスに影響の少ない、白い傘か透明な物の方が良さそうですよ(上の写真は半透明の白い傘でした)。

どうしても写真が撮りたいという衝動が抑えられず、土砂降りの中へ持ち出すときは、ちゃんとした防水カメラにしないとね。

« 防塵防滴 | トップページ | キヤノンEOS1000S »

EF 100mmF2.8L IS USM MACRO」カテゴリの記事

EOS KissX4」カテゴリの記事

コメント

半透明のビニール傘はいいですねぇ。
最近は透明の奴が多くて探すのに苦労します。
車に入れっぱなしだといざというときくっついて開かないのもこまりもんですが・・・
手ぶれ防止と数打ちのおかげで棒きれ一本で済ませています。

牛鳴 さん、どうも。

デジカメのおかげで、撮影が楽になりましたよね。
反面、雑にシャッターを切る癖がついてしまって、フィルムの時もうっかり連写したりして、ピンボケ手ぶれの量産してしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防塵防滴は不要?:

« 防塵防滴 | トップページ | キヤノンEOS1000S »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー