« TAKUMAR-F ZOOM? | トップページ | 色収差の補正ソフト »

2010年6月20日 (日)

超広角ズームレンズ3本

雨間にちょっと撮り比べ。

超広角のズームレンズを何本か持って出かけました。

ちょっと古いですがデジタル専用のキヤノンEFS10-22mm、去年発売のパナソニックG7-14mm、それとオリンパスの最新型MZD9-18mm。

画角の広い順に並べて見ます。すべて広角端です。

G1+G7-14mm(広角端:14mm相当)                      P1200061_1

EOS KissX4+EFS10-22mm(16mm相当)         Img_2268_1

G1+MZD9-18mm(19mm相当)                   P1200050_1

ついでに、G1+アダプタ+EFS10-22mm(21mm相当?)   P1200076f8_1

デジタルで拡大表示すると怖いですね。

なにかと言うと、隅の方の色ずれ(色収差)なんです。

ガラスを何枚も組み合わせてコーティングも工夫して目立たないようにしているのでしょうが、こんなに画素数が増えて鑑賞時の拡大倍率が高くなると、ほんのちょっとの色ずれがずいぶん大きくなって見えます。

右上を等倍で切り出しました。同じ順番で                 P1200061_3  

Img_2268_3

P1200050_2

P1200076f8_2

ピントの位置にもよりますし絞り加減でも変わるのでしょうが、ちょっと古めのEFS10-22mmが一番大きくずれていますね。

このレンズが発売された頃のEOS(20D)は800万画素だったのですが、今の1800万画素のEOSで撮ったら、同じ色ずれ幅が1.5倍に拡大されますから目立つわけです。

そこへ行くと、、マイクロフォーサーズ(現時点で撮像素子の1ピッチは同程度の大きさなんですが)は元から小さいフォーマットに多画素を詰め込んでいるので、その気でレンズを作ったのでしょう、ずいぶんとうまく写ってしまいます。特にパナのG7-14mmは驚くほどずれが少ないです。

まあ、基本的に重箱の隅をつついているような話なので、写真を撮ることに大きな影響はないのですけれどね。

« TAKUMAR-F ZOOM? | トップページ | 色収差の補正ソフト »

レンズ 広角」カテゴリの記事

マウントアダプター」カテゴリの記事

デジタル1眼パナソニック」カテゴリの記事

EF-S 10-22mmF3.5-4.5 USM」カテゴリの記事

G VARIO 7-14mmF4 ASPH.」カテゴリの記事

M.ZUIKO DIGITAL 9-14mmF4-5.6 ED」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超広角ズームレンズ3本:

« TAKUMAR-F ZOOM? | トップページ | 色収差の補正ソフト »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー