« 超広角ズームレンズ3本 | トップページ | コンサート »

2010年6月21日 (月)

色収差の補正ソフト

EFS10-22mmの色収差が気になったので、レタッチソフトでどの程度修正できるのか試してみました。

KissX4のJPEG撮ったまま                      Img_2242_1

左上を等倍で                              Img_2242_2

シルキーピックスで補正                           Img_2242_3

全体でみるとたいして変わらないと思うのですがね         Img_2242_4

でも、次はかなりひどい色ずれです。                            Img_2239_1

右上を等倍で                                   Img_2239_2

シルキーピックスで補正                          Img_2239_3

補正し切れないのですが、結局全体では変わり映えしないのかな?                Img_2239_4

前の記事で怖いと書きましたが・・・、数年前からこれ以上の画素数UPは不要と言われてもいます。

特殊な用途を除いて、普通に鑑賞する写真としては600万画素程度あれば十分だと思いますし、後のトリミングに余裕を持たせるとしてもレンズの能力をテストするような拡大率までトリミングしては、何をどう撮りたかったのか判らなくなってしまいますよ。

コンデジの小さな撮像サイズに1500万画素などを実現しているわけですから、今の技術でも作ろうと思えば35mm判で数億画素なんていうのも可能なのでしょう。でも、なんだか各メーカーが競争のための競争をしているようで、いったいどこまでの高画質が必要なのか?とちょっと不安に感じました。

趣味ならもうこの程度で十二分だと思いますね。

« 超広角ズームレンズ3本 | トップページ | コンサート »

雑感(ぼやき)」カテゴリの記事

コメント

この紫色を見ていると、目と頭が変になって来ますねー

フィルムでは大きく引き伸ばしてプリントした時くらいしか、こんなふうに見ませんから、レンズもほどほどで良かったのですよね。

デジタルで古いレンズを使う時は、これまたほどほどに鑑賞しておく方が良いと思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色収差の補正ソフト:

« 超広角ズームレンズ3本 | トップページ | コンサート »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

カテゴリー