« 40℃ | トップページ | 稲の花 »

2010年7月27日 (火)

UWH12mmF5.6とSWH15mmF4.5

UWH12mmF5.6とSWH15mmF4.5の周辺減光とマゼンタ被りを再チェックしていました。

今度はニコンFマウントのSLタイプです。                        P1200569_1

カメラのフォーマットが異なりますので、とりあえず画角の広い順に並べて見ます。絞りはすべてF11に合わせたつもりです。

D700+UWH12mm                                Dbb_9608uwh12_1

D700+SWH15mm                            Dbb_9618swh15_1

フルサイズでは、12mmより15mmの方が厳しい感じですね。

次に、APS-Cフォーマットでは。

NEX-3+UWH12mm                         Dsc02257uwh12_1

D50+UWH12mm                            Dsc_7703uwh12_1

R-D1s+UWH12mm                         Epsn3288uwh12_1

UWH12mmはかなり良いですが、D50で右上に少し出ましたよ。

NEX-3+SWH15mm                          Dsc02242swh15_1

D50+SWH15mm                             Dsc_7723swh15_1

R-D1s+SWH15mm                         Epsn3292swh15_1

SWH15mmの方は、どのカメラも画面の隅で少し変な感じが・・・、R-D1sでは色被りは出ないつもりでしたが、なんとなく気配があります。

それからNEX-3は、画面上辺部(CMOS上ではカメラ底部)の変な色被りがどうしても付きまといますね。

次はマイクロフォーサーズです。

G1+UWH12mm                            P1200546uwh12_1

G1+SWH15mm                           P1200562swh15_1

ここまで小さな撮像フォーマットになれば、目立ちませんね。

カメラやレンズは、色々とおかしなことが起こるので楽しいですね。

« 40℃ | トップページ | 稲の花 »

SUPER WIDE-HELIAR 15mmF4.5 SL」カテゴリの記事

ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 SL」カテゴリの記事

Nikon D50」カテゴリの記事

Nikon D700」カテゴリの記事

Panasonic Lumix G1」カテゴリの記事

EPSON R-D1s」カテゴリの記事

Sony NEX-3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UWH12mmF5.6とSWH15mmF4.5:

« 40℃ | トップページ | 稲の花 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー