« 参議院選挙に行きましょう! | トップページ | UWHとか、SWHとか »

2010年7月14日 (水)

NEX-3+UWH12mmF5.6

レンジファインダー用のライカL・Mマウントのレンズは、フィルムで使ってやるのが本望なのですが、ピント合わせが甘いとかフレーミングが雑だとか、使い手が下手なものだから無駄にフィルムを消費してしまい「もったいない」のです。

デジカメのR-D1sで使ってやれば、とりあえずフィルムの浪費は無くなるわけですが、それでもピントの甘さは残りますので、持っているレンズ本来の能力を発揮できないことが多いのです。                             Dsc_7658_1

それが、レンジファインダーカメラの「味」と言えばそうなのですが、昨今の「ミラーレス一眼カメラ」ならば、ライブビューでジャスピンが可能となり、露出も思うままに調整できるのです。                                       Dsc_7653_1

ならば、これを使わない手は無いですよね。                Cimg7375_1

NEX-3+UWH12mmF5.6 の登場                       Epsn3163_1

残念ながら外は雨降りなので、室内で試し撮り。

E16mmF2.8                             Dsc00195_1

SWH15mmF4.5                             Dsc0019915mmf8_1

UWH12mmF5.6                              Dsc0020612mmf8_1

手撮りなので、構図が安定しませんが、それなりにレンズの個性が判りますね。

ちなみに、D50+UWH12mmF5.6                 Dsc_764912mm_1

もうひとつR-D1s+UWH12mmF5.6                Epsn315812mmf8_1

背面液晶出での撮影ではカメラの構え方が違うため、被写体までの距離が変わってしまいますね。近距離では、かなり撮影範囲が狭くなるようです。それでもUWH12mmF5.6は、35mm判換算で18mm相当ですから、かなりの広角と言うことですよ。

« 参議院選挙に行きましょう! | トップページ | UWHとか、SWHとか »

Sony NEX-3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NEX-3+UWH12mmF5.6:

« 参議院選挙に行きましょう! | トップページ | UWHとか、SWHとか »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー