« 黄色いフィルター 2 | トップページ | ミノルタ ハイマチック 9 »

2010年9月14日 (火)

ミノルタ AF25

またまたミノルタの海外向カメラのようです。ネット検索しても詳細が判りません。以前の”RIVA GT”と同じ乗りのカメラです。0.2K

”AF25”と書いてあるのでこれがモデル名だと思います。   Dscn1169

電池が無くてもシャッターは切れますが、フィルムの巻き上げをしないとシャッターチャージできませんので、結局電池が要ると言うタイプなんです。

絞りもシャッター速度も固定のようです。”RIVA GT”と同じ、F11の1/125秒程度かな?それともF8かも?

その名の通りオートフォーカスが付いていまして、”RIVA GT”と同じように単三電池2本で、オートワインダーとフラッシュが駆動します。

フラッシュは自動なので強制OFFが出来ません。絞りも切り替え無しで光っているようです。やっぱりF8程度の固定絞りなのかな?

撮れた写真を貼っておきます。                        Scnaf250002_1

Scnaf250003_1

思いがけず広角ですよ。もしかしたら焦点距離が25mmということか?

それから、なんだか露出オーバー気味ですね、ISO400ではつらかったのか?

一緒に使っていたミノルタのハイマチック9(45mmF1.7)と比べると          Scnhimatic90502_1

Scnhimatic90503_1

やっぱり、期待も込めて25mmレンズのように見えてきますね?

外観はとても綺麗なので、とりあえず完動品コレクションとして持っておきましょう。

Scnaf250004_1

Scnaf250009_1

Scnaf250008_1

しかし、本当にAFが効いているのかなぁ~???

« 黄色いフィルター 2 | トップページ | ミノルタ ハイマチック 9 »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

コメント

その後色々と調べて見ると、
レンズは、35mmF6.3
シャッターは、1/125秒固定
フィルムは、DXコードのISO400まで
AFは、1.3m中心と無限遠の2か所のゾーン切り替えのようです。

撮れた写真を見るともう少し広角の28~30mm位だと思っていましたが、35mmとはちょっとがっかりです。
ロシア語の取説を自動翻訳した難解な文章を適当に解釈したので、間違っているかもしれません。
見た目がそっくりでAFの無いパンフォーカスのタイプもあるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミノルタ AF25:

« 黄色いフィルター 2 | トップページ | ミノルタ ハイマチック 9 »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー