« ジャンクかごのデジカメ | トップページ | ペンタックスの50mmF1.7 »

2010年9月26日 (日)

ホルガのワイドピンホールカメラの問題

以前から記事にしていたワイドピンホールカメラですが、名前は”HOLGA-120WPC”と言ってそのまんまなんですね。

三脚とレリーズケーブルが必須のカメラです。Dscn1233

露光時間のガイドラインを示した注意書きのシールが貼ってあります。Dscn1237

中は至ってシンプル                            Dscn1235

問題は、このスポンジ                              Dscn1234

取説に注意書きがありましたが、こんなに簡単にはがれてしまうとは思いませんでした。今年の夏が猛暑で、粘着剤が緩んでしまったと言うことなのでしょう。

フィルムが波打っているのがわかりますか?                  Scnwpc6010004_2

はがれたスポンジが、フィルムにくっついて撮像面をゆがませたのです。

気がついた時には時既に遅く、巻き戻しも巻き取りも出来ず、ダークバッグに放り込むしか手立ての無い状況でした。注意書きがあっても、この不具合がいつ起きるかわからないのですから、なんともなりませんよね。

ところで、この不具合はこのコマにとどまらず、スポンジのかけらが残ったのか?ダークバッグ内の作業中に粘着剤がフィルムを襲ったのか?とにかく現像後のフィルムに点々の汚れが大量に残りました。しかも前後の他のコマまで                      Scnwpc6010002_1

修正後                               Scnwpc6010002_2

延々と、点々を消す作業が続きました。                 Scnwpc6010003_2

これは、助かった最初のコマ                      Scnwpc6010001_1

まあ遊びですから笑っていられますが、とんでもないカメラなんですね、ホルガは。

ついでに魚眼で撮った写真。どちらも面白いです。                                  P1200871_1

« ジャンクかごのデジカメ | トップページ | ペンタックスの50mmF1.7 »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

HOLGA-120WPC」カテゴリの記事

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

コメント

これは、とてもグッドなカメラなんですね。
知りませんでした。
撮れる構図がとても好みです。

MoBlueさん、どうも。

このカメラの6×12サイズは、長辺の画角が120°ということなので、35mm判の12mmレンズより広く写ります。ただし、周辺はけられが大きいので実質120°は写ってはいないかもしれません。

カテゴリー「HOLGA-120WPC」で他の写真も、貼り付けましたので、ご参考まで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホルガのワイドピンホールカメラの問題:

« ジャンクかごのデジカメ | トップページ | ペンタックスの50mmF1.7 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー