« 旅行の記録 4 | トップページ | ノクトン25mmF0.95 (その2) »

2010年12月 3日 (金)

ノクトン25mmF0.95

マイクロフォーサーズマウントのフォクトレンダーの大口径レンズ、発売延期で予約から3カ月ほど待ちまして、やっと入手しました。

35mm判換算で50mmF1.9ですから、驚くほどの背景ボケが得られるわけではないのですが、思いがけず接近出来るので、それはそれでマクロレンズ的な描写で大ボケにも写せます。

E-P2+ノクトン25mm                     Ep282882_1

Ep282892_1

背景の点光源は、絞り開放では大きなラグビーボール状になり、いかにも大口径レンズ的な描写です。                  Ep292935_1

しかし、ちょっと物足りないところが、絞り羽根が「円形絞り」ではないところです。

F1.4でも10角形の絞り形状が写真に現れます。            Ep292933_1

実は日中屋外では、1/4000秒のシャッター速度では開放F0.95では露出オーバーになることが多く、せめてF2位までは円形にしてほしかったと言うことですね。

それから、近接撮影の場合どうも樽型の歪曲が目立つようです。    Ep292949_1

Ep292952_1

ちなみに、ひとまわり大きい撮像面積のNEXに手であてがってみると   Dsc00323_1            

やっぱり、けられてしまいました。イメージサークルに余裕はなさそうです。

« 旅行の記録 4 | トップページ | ノクトン25mmF0.95 (その2) »

Olympus E-P2」カテゴリの記事

NOKTON 25mmF0.95」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノクトン25mmF0.95:

« 旅行の記録 4 | トップページ | ノクトン25mmF0.95 (その2) »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー