« ケンコーミラー500mmF6.3の続き? | トップページ | 雪が降りました »

2011年1月13日 (木)

いまさらフォーサーズ?の続きの続きの続き?

E-620の鳥撮り用に「コンパクトな望遠レンズ」と言うことで、ケンコーのミラーレンズ500mmF6.3を使ってみました。

鳥さん相手ではピント合わせが厳しいかな?と思いながらも、ライブビュー撮影もできるので何とかなるだろうと言うことです。

換算1000mm相当のMFレンズを手持ち撮影でと言うことになりますから、ボディー内手ぶれ補正機能が頼りです。

ヒヨドリ 50%にトリミング                    P1100590_1

上の写真はトリミングしてもこの大きさですからかなり離れているんですね。だからファインダーでは正確なピント合わせが出来ていないのです。

少し近い距離で、エナガ 80%にトリミング                           P1110844_1

P1110861_1

エナガは動きが速いので、ピントを確認してからシャッターを押すなどとはやっていられません。何度もピントブラケットしながら、沢山連写した中の2枚でした。

ヒヨドリ ちょいトリミング                          P1110878_1

クロジ ちょいトリミング                           P1110920_1

P1110921_1

5mくらいの距離でしょうか、ここまで近ければピント合わせはしやすいですが、被写界深度自体は浅くなってしまいます。歩留まりが良いとはいきませんでした。

ルリビタキ ちょいトリミング                          P1110946_1

P1110947_1

突然目の前に現れました、距離3mほど。とにかくピントブラケットしながら連写したところ、偶然ピントが合ったのが上で、少しずれてしまったのが下ということです。

歩いて探し回る鳥撮りでは、明るくて見通しの良いところではどうしても相手の鳥さんが警戒して早目に飛んでしまうので、なかなか10m以内には近づけません。換算1000mmのレンズでも思うようには撮影出来ないですね。

モズ ノートリ                                    P1111062_1

50%にトリミング                                P1111061_1

これも、やっぱりちょっとピントが甘い感じです。

ツグミ  50%にトリミング                         P1111079_1

じっとしていたので、ライブビューのピント合わせを試してみました             P1111092_1

でも、ライブビューの拡大表示で500mmレンズを手持ちでコントロールするのは大変でした。画面が「ゆらゆら」というか「ぐにゃぐにゃ」と言うか、とても見ていられません。

やっぱり三脚が無いとライブビュー撮影はかなり厳しいですね。

動かないこんな相手なら、のんびりピント合わせも出来るのですが     P1111071_1

P1111100_1

まあ、軽量安価でこんなに楽しめるのですから、これはこれで良いと言うことなんですよ。

(追記)

今回の撮影は、ほとんどISO感度オートでシャッター速度優先で撮影してみました。

ISO800を上限にしてみたら、あっという間に足りなくなりISO1600までに変更しました。

シャッター速度も、初めは、1000mm相当の2段分で1/250秒としたのですが、暗い場合が多く1/125秒に落とす場面が有りました。

過去に何度も経験しているので、今更驚くことではないのですが、やはり林の中の鳥撮りは条件的に非常に厳しいのですね。                                  

« ケンコーミラー500mmF6.3の続き? | トップページ | 雪が降りました »

レンズ 望遠」カテゴリの記事

鳥撮り」カテゴリの記事

Olympus E-620」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いまさらフォーサーズ?の続きの続きの続き?:

« ケンコーミラー500mmF6.3の続き? | トップページ | 雪が降りました »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー