« ソウシチョウ | トップページ | シグマ150-500mmと170-500mm »

2011年1月30日 (日)

シグマ150-500mmの”OS”

”OS”と言うと、普通はパソコンのオぺレーティングソフトになるのですが、シグマのレンズでは光学的な安定装置=「手ぶれ補正機構」のことなんですね。

Dscn1362

ペンタックスはボディー内手ぶれ補正が有りますから、古い170-500mmでも十分鳥撮りに使えたのですが、ニコン用ではこれまで手ぶれ補正付きレンズとしてはVR70-300mmしか持っていなかったので、もう少し長いものが欲しかったのですよ。

ニコンの手ぶれ補正機構”VR”も良く効くのですが、500mmの超望遠域を手軽に使おうと思うと、なかなか純正レンズには手が出ませんよね。そこでシグマの”OS”です。

シャッター速度4段分の効果だそうです。とりあえず試し撮りしてみました。

D300S+シグマ150-500mmOS                   Dcc_6683_1

K-7+シグマ170-500mm                      Pk7_9091_1

同じ順番で                                     Dcc_6696_1

Pk7_9102_1

中央部を等倍にトリミング                          Dcc_6696_2

Pk7_9102_2

カメラ本体のAF精度や露出具合が異なりますが、シグマの新しいレンズの切れ味は良さそうですね。

Dcc_6670_1

Pk7_9073_1

光学的手ぶれ補正は、ファインダー像が安定するおかげで、ボディー内手ぶれ補正よりもフレーミングやピント合わせがしやすいですから、このような超望遠レンズを扱う時には安心感がありますよ。

« ソウシチョウ | トップページ | シグマ150-500mmと170-500mm »

SIGMA 150-500mmF5-6.3 APO DG OS HSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シグマ150-500mmの”OS”:

« ソウシチョウ | トップページ | シグマ150-500mmと170-500mm »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー