« 鳥撮り | トップページ | 「雪景色」と言うほどではありませんが »

2011年2月20日 (日)

ゼニットE

ソ連製のM42マウントのカメラです。                    Scnzenitet0016_2

中古ですからそれなりにやつれていますし、露出計も狂っていますが撮影は出来ます。とにかく電池も要らないオールメカニカルなカメラですから。

ヘリオス-44-2(58mmF2)                                Scnzenite0002_1

Scnzenite0006_1

Scnzenite0036_1

シャッターの最高速が1/500秒ですから、明るいところではレンズはずいぶん絞りこんで使うことになります。

また、ぼんやりしたファインダーなので、離れた被写体や暗い時にはピントが甘くなります。

インダスター 50-2(50mmF3.5)                   Scnzenite001150f35_1

しかも、レンズのほうもちょっとした逆光ですぐにフレアー気味に。Scnzenite0029_1

でも、うまく撮れる時もあります。

ゼニットE+インダスター50mmF3.5                 Scnzenite0027_1

一応比較用に、ニコンFM10+Ai 50mmF1.2S                    Scnfm100312_1

フィルムはすべて、コダックのISO100ネガでした。

« 鳥撮り | トップページ | 「雪景色」と言うほどではありませんが »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

HELIOS-44-2 (58mmF2)」カテゴリの記事

INDUSTAR-50-2 (50mmF3.5)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼニットE:

« 鳥撮り | トップページ | 「雪景色」と言うほどではありませんが »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー