« シグマ50-500mmOS | トップページ | シグマ150-500mmOSの続きの続き »

2011年2月14日 (月)

シグマ50-500mmOSの続き

ペンタックスのボディー内手ぶれ補正と、シグマのレンズ内手ぶれ補正が組み合わさると、過剰反応しますね。たまたま、ぶれない写真が撮れた時は、機材そのものが微動だにしなかった時だけのようです。

それで、どちらかをOFFにして使うとなると、ボディー側をOFFにした方が歩留まりが良さそうです。レンズ側の手ぶれ補正の方が、フレーミングが安定してピント合わせの精度にも良さそうですから。

更にファインダー内の像が安定するように、気持ちと体を落ち着かせてからシャッターを切ると言う動作がしやすいのも、レンズ側の手ぶれ補正のメリットですね。ボディー内手ぶれ補正では、ファインダー画像が常に微動しているので、呼吸を整えると言う意識にならないままシャッターを切ってしまいます。

ペンタックスK20D+シグマ50-500mmOS                     K20d8380_1

縦位置にトリミング                              K20d8380_2

ちょいと近付いてみました                               K20d8385_1

等倍までトリミング                             K20d8383_1

シャープネスをちょい高めてみるとか                        K20d8396_1high

明るい条件で、ピントがしっかり合えば、期待通りの描写をしてくれますね、このレンズ。前の記事ではちょっと期待ハズレか?と感じましたが、やはりカメラ側の能力差があるのだろうと思いながらの撮影結果でした。

後は適当に                                   K20d8389_1

K20d8400_2

K20d8369_1

K20d8374_1

お!ジョウビタキ雄発見!                                K20d8419_1

そうそう、それからこの50-500mmですが、広角側の切れ味も素晴らしいので思いがけず「風景写真を」などと、ズームを引いて使ってしまいますね。

解像感を見てください。絵心が無いのですみません。                          K20d8357_1

K20d8435_1

« シグマ50-500mmOS | トップページ | シグマ150-500mmOSの続きの続き »

Pentax K20D」カテゴリの記事

SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 APO DG OS HSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シグマ50-500mmOSの続き:

« シグマ50-500mmOS | トップページ | シグマ150-500mmOSの続きの続き »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー