« シグマ50-500mmOSの第2段 | トップページ | 50-500mmOS対50-500mmOS »

2011年3月 7日 (月)

50-500mmOSと150-500mmOS

以前同じようなタイトルで比較しましたが、マウントが異なっていました。今度は同じニコンFマウント同士での比較です。

カメラが異なりますが、どちらもニュートラル設定で使いましたら、ずいぶん良く似た仕上がりになりましたね。

D200+シグマ50-500mmOSDaa_4121_1

D300S+シグマ150-500mmOS                  Dcc_9470_1

以下同じ順番で                                    Daa_4140_1

Dcc_9485_1

Daa_4144_1

Dcc_9491_1

どちらも手ぶれ補正は良く効き、かなり遅いシャッター速度まで頑張ってくれます。AF速度も体感的には差が無く、かなり速い方だと思います。

500mm望遠側ばかりを使うのなら少し軽めの150-500mmの方が取り回しやすいかも知れません。でも、収納する時の全長が50-500mmの方が短くなるので、一回り小さなリュックに入れられます。

私の場合、二組同時に入れられるリュックも持っていますから大きさは問題無いのですが、さすがに重くなりますね。

« シグマ50-500mmOSの第2段 | トップページ | 50-500mmOS対50-500mmOS »

Nikon D200」カテゴリの記事

Nikon D300S」カテゴリの記事

SIGMA 150-500mmF5-6.3 APO DG OS HSM」カテゴリの記事

SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 APO DG OS HSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50-500mmOSと150-500mmOS:

« シグマ50-500mmOSの第2段 | トップページ | 50-500mmOS対50-500mmOS »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー