« APSフィルムカメラ | トップページ | 鳥撮り »

2011年3月17日 (木)

シグマのテレコン

ずっと前の記事で、シグマ150-500mmOSにケンコー1.4倍テレコンを付けてみたら、焦点距離やF値が変になりEXIF情報上でも記録がころころ変なことになり結果的に露出が安定しなくてと言うことを書いたのですが・・・。

Dcc_0660_1

実は、ケンコーテレコンは正常でした。ニコン純正レンズとの組み合わせでは、焦点距離もF値もちゃんと1.4倍に記録して露出も安定していました。

Dcc_0812_1

そこで、シグマのテレコンを持ってきてニコン純正レンズに取り付けると、焦点距離もF値も変換しないままになります。このままでも、普通に撮影できますから問題はありませんが、後でEXIFをチェックする時に戸惑います。

Dcc_0787_1

ところで、シグマのテレコンをシグマのレンズに付けた場合ですが、当然のことのように焦点距離もF値も1.4倍に表示し、EXIF情報にも反映されます。但し、私が持っている150-500mmOSと50-500mmOSではAFは全く動かなくなります。ケンコーの1.4倍の時は合焦はあやしいものの、とりあえずHSMのAFモーターが動いていました。

Dcc_0915_2

Dcc_0941_1

Dcc_0955_1

Dcc_0955_3

シグマとしては、自社レンズに最適な専用テレコンを用意したと言うことでしょうが、ユーザーとしては中々悩ましいところですよ。

そこへ行くとケンコーはニコン純正に従属するようにしてあって良心的なんだなあと思ってみたりするのですが、よく考えたら同じレンズメーカーでも立場が微妙に異なるので、こんなことになっているのですね。

Dcc_1156_1

Dcc_1228_1

添付写真は、すべてD300S+シグマ50-500mmOS+シグマ1.4倍テレコンで撮影。適当にトリミングしてあります。

手持ちでMFしながらの撮影ですが、テレコンのおかげで無理なく離れた状態で撮影できました。

« APSフィルムカメラ | トップページ | 鳥撮り »

鳥撮り」カテゴリの記事

Nikon D300S」カテゴリの記事

SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 APO DG OS HSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シグマのテレコン:

« APSフィルムカメラ | トップページ | 鳥撮り »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー