« コニカ auto S2 | トップページ | ミノルタ αSweet その2 »

2011年4月16日 (土)

ジャンクかごのデジカメ 2

ここのところジャンクかごから拾い上げたフィルムカメラの記事が多かったのですが、当然ながらデジカメもジャンクかごに沢山入っていまして、その中から何台か引き取ったものがありました。

ちょうど半年ほど前にも記事にしましたが、フィルムカメラに比べてデジタルカメラのジャンク品は、修理に自信が無いので敷居が高い気がしていまして、それなりに慎重に品定めしてからの購入なんです。

たぶん、これだけだと思いますが・・・。                           Dscn1465

まずは、単三電池4本とスマートメディアで動くオリンパス機Dscn1467

左は、「C-3100 ZOOM」・・・3倍ズームの3.2M機、2001年11月発売。0.5K

右は、「C-960 ZOOM」・・・3倍ズームの1.3M機、2000年3月発売。0.5K

どちらも私の身の回りで、気の早い連中が購入し始めたデジカメでしたね。

つぎにキヤノンのIXY DIGITAL。                       Dscn1471

「IXY DIGITAL 400」・・・2003年3月発売、CFカード                  Dscn1474

左は、40Kほどで新品購入したもの。

右が、ジャンク品、0.2K。ちょい難有りですが撮影できます。そとから見た目は、同程度の傷み具合ですよ。

さらに同じくキヤノン、「IXY DIGITAL 700」(右側、1.5K)               Dscn1475

左側の「IXY DIGITAL 600」(新品購入、40K)と背面液晶のサイズ以外は、ほぼ同一のスペックのマイナーチェンジ判。どちらも2005年で3月と9月の発売。SDカードになりました。

次は富士フィルムのFinePIx

左から「F11」「F10」(新品購入)と「F10」ジャンク、0.5K                     Dscn1478

F10は、高感度画質の向上で一世風靡したモデルで、F11はそのマイナーチェンジ判。全く同一サイズで同じ防水ケースが使えます。

記録メディアは、XDピクチャーカード。専用バッテリーは、とても持ちが良く充電器なども共通なので問題なく使えます。

さらにフジフィルムで、FinePIx F401。右側です。0.2K       Dscn1469

2002年2月発売。スマートメディアと専用電池ですが、どちらも私の在庫に有りまして、何の問題も無く使用できます。

最後にパナソニック。左は、LC20。0.5K 右は、FX30。1K                            Dscn1473

LC20は、2002年4月発売の2M機。単三電池2本で駆動。ちょうどLZ5やLS1のような廉価モデルの位置づけのような感じですが、レンズには「LEICA」のロゴが付いています。     Dscn1479  

FX30は、2007年3月発売の7M機。CX1やFX35と同じバッテリーですから問題なし。                    Dscn1482

と言う具合で、ほとんどどれも完動品ばかりなんですね。                     

« コニカ auto S2 | トップページ | ミノルタ αSweet その2 »

デジタルコンパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクかごのデジカメ 2:

« コニカ auto S2 | トップページ | ミノルタ αSweet その2 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー