« コニカ Revio | トップページ | キヤノン EOS55 »

2011年4月 6日 (水)

シグマのテレコンとケンコーのテレコン

シグマの50-500mmOSレンズのニコンFマウントにはシグマの1.4倍テレコンを、ペンタックスKマウントにはケンコーの1.5倍テレコンをそれぞれつけて撮り比べてみました。

R1002641_1

R1002643_1

R1002642_1

ピント合わせはどちらもMFになりますが、ケンコーの方は焦点距離や絞りF値に倍率がかからず、運が良ければフォーカスエイドが効きます。

例のごとくペンタックス用は、撮影時にマイナス0.7露出補正しています。それでもまだ少し遅めのシャッター速度になります。

D300S                                    Dcc_1780_1

K-7                                      Pk7_1379_1

以下同じ順番で                                 Dcc_1786_1

Pk7_1384_1

Dcc_1789_1

Pk7_1386_1

Dcc_1800_1

Pk7_1407_1

Dcc_1809_1

Pk7_1414_1

Dcc_1813_1

Pk7_1420_1

Dcc_1820_1

Pk7_1428_1

Dcc_1847_1

Pk7_1435_1

テレコンの差が判りません。倍率も差が無いように思えます。色目の違いはカメラの差。

ファインダーが明るいD300Sの方が、ピント合わせは逆に合わせにくいようで、撮影結果にも表れていました。

シグマは中古美品で15K、ケンコーは旧モデルの在庫消化で11Kでした。まあテレコンですから、こんなところでしょう。

« コニカ Revio | トップページ | キヤノン EOS55 »

レンズ 望遠」カテゴリの記事

Nikon D300S」カテゴリの記事

Pentax K-7」カテゴリの記事

SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 APO DG OS HSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シグマのテレコンとケンコーのテレコン:

« コニカ Revio | トップページ | キヤノン EOS55 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー