« 360°スウィング | トップページ | ミノルタ ”Hi-MATIC 7”その2 »

2011年6月 6日 (月)

ミノルタ ”Hi-MATIC 7”

ジャンクかごに久しぶりに金属カメラがころがっていました。200円。私が初めて買ったカメラ”Hi-MATIC 9”の前のモデル”Hi-MATIC 7”です。

Dscn1543

Dscn1541

「まだこんなカメラがジャンクにでてくるの!?」と手に取ってみると、ファインダーもレンズもほこりまみれで巻き上げレバーも硬くて動きが悪く、「これはダメかもしれないな?」と言う感じでした。

Dscn1544

一応裏ぶたを開けると、外観ほどひどくはありません。何とか巻き上げレバーを回してシャッターを切ってみると、それなりに正確そうに動きました。

持ち帰って簡単に掃除して見ると、ファインダーもレンズも見違えるほどクリアーになりました。巻き上げレバーもちょっと注油したら途端に快調になって、まるで新品のような軽快さです。

Dscn1545

更に、ダメもとで電池を入れてみると、なんと露出計の針が動きました。

そこで、40年使っている”Hi-MATIC 9”を引っぱり出して、露出計の値やシャッターや絞り羽の動きを比較して見ると、ほとんど同じに見えました。

Dscn1547

レンズは45mmF1.8と45mmF1.7の違いがありますが、ホットシューと自動調光のフラッシュ関連を除けばほとんど機能は同じです。

Dscn1546

もちろんずっしりとした重さや大きさもそっくりなんですね。

Dscn1549

これは、とんでもなく良い「掘り出し物」でしたよ。

« 360°スウィング | トップページ | ミノルタ ”Hi-MATIC 7”その2 »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

クラッシックカメラ」カテゴリの記事

135フィルムカメラ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、岩さんと申します。
私はハイマチック7sで遊んでます。
二年前にデジカメから始まった趣味ですが、SONYのサイバーショットから入った関係もあり、ミノルタ好きに(笑)
後はユニオマットとハイマチックFですが、7sが一番安心してフォーカスできる気がします。

岩さん さん、コメントありがとうございます。

フィルム事情がどんどん悪くなってきましたが、まだまだ現役で使えるフィルムカメラがたくさんありますね。

私も普段使いは、ランニングコストの安さや記録としての便利さで、デジカメばかり使っていますが、趣味・道楽としては、フィルムカメラの方が面白いですね。
それも出来るだけ電気仕掛けではない手動式の方が、あれこれと設定を悩ませてくれて楽しいと思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミノルタ ”Hi-MATIC 7”:

« 360°スウィング | トップページ | ミノルタ ”Hi-MATIC 7”その2 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー