« Diana F+ その4 | トップページ | 360°ストリートショット? »

2011年6月21日 (火)

αマウントの超広角

中古レンズばかりですがミノルタαレンズを集めてみると、どうやらデジタルの1.5倍画角で使った時に、広角レンズが足りないことに気づきました。α33について来た18-55mmでは換算28mm~なのでもう少し広くて、しかも接近戦に強いレンズが欲しいのですよ。

以前アダプターでNEXに付けたことがあるシグマの8-16mmがよいなぁ~と眺めていると、隣に10-20mmの中古良品がαマウントであるではないですか!しかも半分以下の値段です。どうせαマウントは中古ばかりを集めたのだから、わざわざ新型8-16mmの新品を買わなくても、10-20mmで十分だろうと自分を納得させ、お持ち帰りとなりました。

さて、試し撮り

広角端10mm                                   Dsc02123_1

望遠端20mm                                 Dsc02122_1

中間16mm                                  Dsc02126_1

NEX-3+16mmと比較                          Dsc07179_1

やっぱり、超広角ですね。

と、良く考えたらこの10-20mmはニコンマウントを持っていました。

早速D300S+10-20mmで比較撮影

α55                                   1dsc02134_1

D300S                                       1dcc_2224_1

同じ順番で                                 3dsc02140_1

3dcc_2226_1

同じ立ち位置で撮影したはずですが、少しずつ角度が異なって見えます。カメラボディの重さがずいぶん異なりますからね。体が傾いてしまったのかな?それともファインダーの見え具合の差なのかな?

そうそうα55でもスウィングパノラマが撮れるのですね。10-20mmでは、ぎりぎり360°に届かないようです。                  Dsc02136_1

Dsc02137_1

« Diana F+ その4 | トップページ | 360°ストリートショット? »

デジタル1眼ニコン」カテゴリの記事

SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC HSM」カテゴリの記事

Nikon D300S」カテゴリの記事

デジタル1眼ソニーα」カテゴリの記事

Sony α55V」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: αマウントの超広角:

« Diana F+ その4 | トップページ | 360°ストリートショット? »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー