« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の17件の記事

2011年7月31日 (日)

白黒フィルムで

10日も掛るのですね、白黒フィルムの現像は。何を撮っていたのかも忘れていました。

別に比較と言う訳ではないのですが、一応2台持って出かけて、似たようなシーンを代わる代わる撮っていました。

C220+80mmF2.8(100TMAX)                             Scnc2200404_1

WESTER 6R(400TMAX・・・Yフィルター有りだったかな?)                                   Scnwester663001_1

C220                                      Scnc2200405_1

WESTER                                     Scnwester663004_1

後は適当に                                   Scnwester663006_1

Scnc2200409_1

Scnwester663008_1

Scnc2200402_1

Scnwester663011_1

Scnc2200411_1

ウェスターは周辺減光とか、逆光フレアー気味なところが味ですね。

マミヤC220は近距離撮影が可能ですが、どうしてもパララックス補正を忘れてしまいます。それに、左右逆に写るファインダーは、体をどちらに傾けるのか毎回悩みます。

そんなところが面白くて、色々なカメラで撮影しているのですね。

2011年7月30日 (土)

MAMIYA C220 PROFESSIONAL その3

そうそう、このカメラ達の雄姿を紹介していませんでした。

記念写真です                                 Dscn1581

左のボディーについているは105mmF3.5、右は80mmF2.8、手前にあるのは55mmF4.5です。どれも交換できます。

カメラボディーもレンズもそれなりに古い物なので、正常に動作しているのかよく判りません。

フィルムの巻き上げをしてもシャッターレバーが動かないボディーとか、シャッターレリーズレバーをハーフ状態にしないとシャッターチャージができないレンズとか、たぶん故障しているのだろうと思うのですが、何となく適当に操作してやると撮影できてしまうので修理とか分解とかはしないままで使っています。

55mmF4.5                                    Scnc2200312_1

中判120フィルムも、昨今のフィルム事情の悪化のため、撮影から現像完了までにかなり時間が掛ります。撮影当時どのような狙いで(思いで)撮影条件を決めたのか記憶が薄れてしまいます。

単なる記録:メモなら、コンデジで撮った方が明確・明解で使いやすいのですが、わざわざ6×6サイズのフィルムに焼きつけて残したいと思うのは、どういう思いなのでしょうね。

自分で使っていても、デジタルカメラで条件出しをしながらですから、なんとも理解に苦しむ状況なんですよ。でも面白いから、やめられないのですね。

80mmF2.8                                Scnc2200011_1


2011年7月29日 (金)

JOE COOL

スヌーピーのJOE COOL、ジャンクかごから100円で。

先日のSUNPETとほとんどそっくり                                                 Dscn1580

レンズも35mmと書いてあり同じかなと思ったのですが、内側から見ると別物でした。
Dscn1578


巻き上げもできるし、シャッターは切れるようですから、とにかく撮ってみましょう。

JOE COOL                                   Scnjoe_cool0003_1


Scnjoe_cool0006_1


SUNPET                                     Scnsunpet0104_1

Scnsunpet0107_1


どちらもそれなりに写りますね。でも、なんだかかなり画角が異なりますよ。

同じ順番で                                      Scnjoe_cool0004_1


Scnsunpet0105_1


Scnjoe_cool0009_1


Scnsunpet0118_1


露出具合は、例のごとくF11の1/100秒程度のようです。                       Scnjoe_cool0007_1


Scnsunpet0109_1

おまけでViviterの22mmでも                            Scnvivter0701_1

画角違いで3機種使い分け!?

2011年7月28日 (木)

MAMIYA C220 PROFESSIONAL その2

55mmF4.5です。                           Scnc2200309_1


35mm判換算で、焦点距離35mm程度に感じます。80mmF2.8の方は、換算で焦点距離50mm程度かな?

一応2本のレンズの画角差はあるのですが・・・

55mm                                        Scnc2200301_1


80mm                                    Scnc2200303_1

ぢちらも私の不得意な距離のようで、どう使ってやればよいのか、被写体選びが悩ましいです。

Scnc2200308_1


Scnc2200307_1


Scnc2200310_2


Scnc2200306_1

2011年7月24日 (日)

MAMIYA C220 PROFESSIONAL

マミヤの80mmF2.8、中々の描写ですよね。            Scnmamiyac2200212_1

Scnmamiyac2200108_1_2


ところで、二眼レフでは近接撮影時のパララックス補正が面倒ですね。特にこのカメラは近接マクロ域の撮影ができますから、そのつもりでファインダーを覗いていないとだめですね。

と言っても、大してマクロでもないですがね。                Scnmamiyac2200106_1


Scnmamiyac2200103_1

ただし、レンズの繰り出し量そのものは大きいのでそれなりに露出倍数を考慮してやる必要がありそうです。

2011年7月23日 (土)

6×6 の続き

手を出すまいと思っていた中判:ブローニーフィルムのカメラでしたが、思い出のウェスター6の入手がきっかけでフィルムを購入してしまうと、ホルガWPC120やDIANA F+が手許に届き、気が付けば6×6二眼レフカメラまでがラインナップに加わってしまいました。二眼レフはbbfと学研の付録で済まそうと思っていたのに、物欲と言うのですかね、とめどなくなってしまいます。

DIANA F+・・・レンズ55mm                       Scndianaf661002_1


WESTER6R・・・75mm (たまたま6×4.5ですが)                               Scnwester6451004_1


MAMIYA C220 PROFESSIONAL・・・80mm                    Scnmamiyac2200204_1

Scnmamiyac2200206_1

ついでに報告ですが、十数年乗り続けたわが愛車(自転車)ですが、後輪の車軸が折れてしまいまして、自転車屋さんに相談したところ「直せなくはないが、まるごと新しいのにしたら?」と言うことで、とうとう買い替えとなりました。

最後の雄姿です。                            Scnmamiyac2200201_1

長い間、御苦労さまでした。

2011年7月18日 (月)

6×6

屋外で使いました。2眼レフです。

C220                                                Scnc2200009_1

Scnc2200007_1

Scnc2200010_1

Scnc2200012_1

ほぼ最短撮影距離
Scnc2200001_1

やっぱりフィルム面積が大きいだけのことはあります。

2011年7月15日 (金)

SPINNER 360°

このカメラのシャッター速度は1/125~1/250秒となっています。速く回転すればシャッター速度も速く、遅く回転すればシャッター速度も遅くなります。その回り具合は、フィルムの銘柄や巻かれ具合、気温や湿度の状態などに影響されるようです。更に撮影者の支持具合にもよるようです。

リバーサルフィルムのISO100です。                        Scnspinner0871_1

絞りは、F8とF16の切り替えができます。快晴ならF16、少し雲がある場合はF8、曇り空や夕方ならISO400のフィルムでと言う感じですかね。室内ならISO800のフィルムでと言う選択もありそうです。

日中屋外では明暗差が大きく、絞りの設定に悩みますね。

F8                                                 Scnspinner0873_1

F16                                
Scnspinner0874_1

Scnspinner0876_1

F8                                         Scnspinner0879_1

やはりこの日はISO100ならF8にしておくべきでしたかね。


2011年7月14日 (木)

SUNPET FOCUS FREE

ジャンクかごに200円で・・・、今更フィルムカメラを買うお客さんは居ないだろうに、値札を付けてころがっていました。                   R1003185_1


少し前に流行ったスケルトンタイプの外観です。

なんとなく以前見たような感じなのですが・・・、持ち帰ってみて判りました。

Wide Picにそっくりなんですよ!                          R1003183_1

R1003189_1

但し内蔵フラッシュと、それ用の電池ボックスとフラッシュONスイッチが設定されているのですね。

手動巻き上げ、シャッター速度と絞りは固定。お天気具合とフィルムのISO感度の選択を間違わなければ、何でも撮れてしまうと言うタイプのカメラですね。

撮影結果は、                                   Scnsunpet0002_1


Scnsunpet0006_1


Scnsunpet0019_1

35mm程度の画角です
Scnsunpet0021_1


Scnsunpet0022_1

WidePicの方は全くピントがダメでしたが、こちらのカメラは普通によく写りましたね。

2011年7月13日 (水)

ポルシェのデザイン? その2?

ちょうど2年ほど前に手に入れたジャンクデジカメ、フジフィルムのFinePix 4800Zoom  http://photo-shampoohat-3.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-de46.html

にそっくりな後継機さん、FinePix 6800Zoomをまたまたジャンクかごから救出です。0.5K

Dscn1575

Dscn1570_2

Dscn1574_2

バッテリーもスマートメディアも持っていますから、是非とも動いてほしい。

で、撮影結果です。                        Dscf0021_2


撮れたのですが、なにやら暗部に横縞が出ているような・・・

拡大します                                  Dscf0021_1

後処理でノイズ消し                          Dscf00211_2

ジャンクだからこれでも良しとしましょう。

フラッシュも生きていましたから                         Dscf00222_1

2011年7月12日 (火)

ついでに立ち寄りました。

天気が良かったので、ちょっと港へ                                    P1230869_1


P1070660_1


P1230872_1


P1230886_1


P1230893_1


P1230919_1


P1230920_1


当然のように、こんなところにも立ち寄ったわけです              P1230930_1

2011年7月11日 (月)

ちょっと見てきました。

R1003146_1


P1070623_1


P1070629_1


P1070626_1


P1070627_1


P1230832_1


P1230839_1


P1230846_1


P1230851_1


P1070645_1


自衛隊です。

2011年7月 5日 (火)

Diana F+ その6

このカメラを普通に使ってみました。                             Scndiana0701_1


Scndiana0706_1


と言っても、レンズは、55mmと                        Scndiana0704_1

Scndiana0708_1_2


20mm魚眼                                   Scndiana0710_1


Scndiana0713_1


フィルムはコダックのエクターISO100です。色が派手なのは、レンズのせい?それともスキャナーの設定具合?

2011年7月 4日 (月)

Diana F+ その5

白黒ネガフィルムを入れてしまいました。         Scndiana0509_1


はっきり言って、とても難しいと感じます。               Scndiana0506_1


モノトーンでこのレンズ達の描写の面白さを表現するのが。       Scndiana0515_1


よほどコントラストを高めてしまうとか                   Scndiana05211_2


構図の面白さとか                              Scndiana0525_1


被写体自体のインパクトとか                           Scndiana0522_1

Diana F+に限ったことではないですけれど。

ぼんやり写る方が良い場合もあるのでしょうが、モノトーンでの鮮明さならデジタルの方が                 Dsc07121_1

圧倒的に描写が、きめ細かいと思います。
Dsc07123_1

まあ好みの問題だけなのかも知れませんがね・・・。

2011年7月 3日 (日)

360°ストリートショット? その2

思いついてしまいました。交差点の真ん中です。                                    Scnspinner0811_1


Scnspinner0812_1


Scnspinner0815_1


住宅街の方が面白いかな?                         Scnspinner0803_1


Scnspinner0806_1


ところで、ネガフィルムの場合、フィルム送りのパーフォレーションが入ると、スキャニングが変になります。手動調整を色々と施して上の程度に色が出てきます。

パーフォレーションの内側だけを読み取るなら自動でもこの通り問題なし。Scnspinner0817_1


ところがポジフィルムの場合、パーフォレーションはあまり関係なく読めてしまうようです。Scnspinner0461_1


Scnspinner0453_1


Scnspinner0463_1


Scnspinner0459_1

機械任せの読み込みですが、どれも自然な感じです。

フィルム1本で8ショットしか撮れないカメラですが、色々と構図を悩んでみたり、後からレタッチでなやんでみたりと、撮る前と撮った後でしっかり時間がかかって楽しめると言うことですね。

2011年7月 2日 (土)

HORIZONのスイングレンズの緩み

縦位置での撮影で手ぶれしたように写るのは、緩んだレンズが踊ってしまうためでした。

横位置ですと、仮にレンズのガタ分だけ傾いていてもスイング中にレンズに係るGは安定しているので、ぶれたようには写らないのですが、縦位置では上向きから下向きへ、あるいは下向きから上向きへとGが変化するので、レンズがスウィングの途中で動き、ピントが変化するのですね。

これまでに撮った写真を振り返ると、購入当初からこの症状が有ったようですが、どんどん悪化したようです。要するにスウィングの振動で、どんどんレンズの緩みが進み、ガタが大きくなっていったようです。

そこで、レンズのネジを締めてやりました。                        R1003098_1_2

ところが、撮れた写真は皆ピンボケ!                    Scnhorizon1003_1

Scnhorizon1006_1_2

近くの物も遠くの物もピントが来ていません。どうやら締めすぎて無限遠より遠くにピントが逝ってしまったようです。これは困ったな?!とレンズを緩めてみると、実はレンズを前方に送り出す方向でもネジがストップするようで、こちら方向で締め付けることができました。

さて、こうなると今度は裏面側のレンズが気になります。       R1003102_1

これも何だかぐらぐらしてネジが緩いようです。まあこの際だからこれも締めてしまえと回してやりました。

表側よりスリットが狭いので、かなり面倒な作業ですが、本体の分解は避けたい気がしたのです。スウィングの動力となるゼンマイが飛び出しそうなのでね。

さて、今度はフィルムを入れる前にピントのチェックをしました。     Dscf7151_1

Dscf7155_1_3

リバーサルフィルムの透明な部分を切り出して、サンドペーパーですりガラス状にした物をフィルムガイドに合わせてセロテープでうまい具合に固定しました。更にルーペではスリット部分がうまく見えないので、マクロレンズでフィルムに写った像を撮影すると言う手法で拡大してやりました。

P1230768_1

P1230762_1_2

ピント合っていそうなので、フィルムを入れてみましたよ。         Scnhorizon0904_1

Scnhorizon0907_1

Scnhorizon0912_1_2

Scnhorizon0915_1_2

Scnhorizon0916_1_2

これだけピントが来れば、まずまずでしょう。

ところでこのカメラ、まだメーカー保証期間が残っていたのかな???・・・・。

2011年7月 1日 (金)

三脚で使ってもぶれたような?

HORIZON Kompaktが縦位置ではぶれやすいと言うことで、自作の三脚座を接着してしまいました。

ところが、全くぶれは止まらず、横位置でも何だかピントの様子がおかしいような感じになりました。

Scnhorizon0716_1  

Scnhorizon0717_1_2

Scnhorizon0725_1

Scnhorizon0715_1

Scnhorizon0721_1

どうやらこれは手ぶれではないようです。

それで、まさかとは思いましたがスウィングレンズを中間まで回して、しげしげと眺めますと、何やら傾いているような?ちょっとガタがあるような?振ってみるとかすかにカタカタ音がします。

これが緩んでいたのですよ。                             R1003098_1


 


« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー