« 京セラ”SAMURAI” | トップページ | ZORKI-5 その4 »

2011年8月21日 (日)

MAMIYA-SEKOR18cmF4.5 その後

ジャンクレンズを分解清掃してみました。          Dscn1597

ファインダー用と撮影用の2眼ともが、同じように曇っていました。それで、曇りが出ている部分も同じレンズ面でした。                                                  Dscn1598_2

よく見るとマミヤCのこのレンズ達は、ファインダー用にはシャッターと絞りのメカが入っていませんが、2眼が全く同じ構成のレンズなんですね。ですから曇りやすい部位も同じだったと言うことです。                Dscn1599

さらにもしかすると、撮影レンズとファインダーレンズの交換ができそうです。万一撮影レンズが傷ついてもファインダー側のレンズと交換すれば、撮れた写真には影響が出ないなんていうことが出来るかも知れません???           Dscn1600

掃除の結果です                          Scnc2201016_1

Scnc2201015_1_2

かなり良くなったでしょう                        Scnc2201014_1180mm_2

こちらは薄暗い林の中なので、光が足りません。Scnc2201001_2

ちょっと厳しいかな?                                Scnc2201002_1

なんとか綺麗に写っているような                    Scnc22010031_2

比較用に撮った105mmF3.5の方でもScnc22010081_3

まあこんなところですね。

« 京セラ”SAMURAI” | トップページ | ZORKI-5 その4 »

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

MAMIYA C220 PROFESSIONAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MAMIYA-SEKOR18cmF4.5 その後:

« 京セラ”SAMURAI” | トップページ | ZORKI-5 その4 »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー