« シネDマウントレンズ色々 2 | トップページ | シネDマウントレンズ色々 番外 »

2011年10月28日 (金)

シネDマウントレンズ色々 3

Q+テレター38.1mmF3.5                      Dscf7126_1

35mm判換算で、210mmですから周辺減光は無いのですがImgp1492_1

開放では、周辺の流れが強いです
Imgp206838f35_1

逆光ではフレアーでコントラストが落ちます、絞っても治りません。
Imgp2070_1

順光ならこの程度                        Imgp2176_1


固定焦点のレクサー5.5mmF1.4                     Imgp287455f18_1

絞ればそこそこにピントが来ます
Imgp2879_1

しかし、折角の広角レンズもイメージサークルが小さすぎて、ペンタックスQでは苦しいですかね。

せめてこの程度まで広ければねぇ、ズノ―6.5mmF1.9 です         Imgp2871_1_2

どこまでが元々の8mmフィルムの大きさになるのかよく判りませんが、以前フロントワイコンの比較でも感じたように、やはり動画用レンズの解像度というか?平面性というのか?イメージサークルというのか?は、かなり甘いのですね。

ペンタックスQで動画を撮るつもりはありませんから、Dマウント広角は面白レンズとして使っていきましょう。

最後に左端のレンズですが、とても綺麗な外観のレンズです
Imgp2168_1

Q+サンキョー13mmF1.9 Dscf7124_1

開放でも、かなり安心感があります。
Imgp2146sankyo13f19_1_2

絞ると更に引き締まります                     
Imgp2148_1

あまりに普通に写るので、面白みはないですね。私のわがままな感覚なんですがね。

« シネDマウントレンズ色々 2 | トップページ | シネDマウントレンズ色々 番外 »

マウントアダプター」カテゴリの記事

Pentax Q」カテゴリの記事

(D)TELETAR 38.1mmF3.5」カテゴリの記事

(D)KINO-SANKYO 13mmF1.9」カテゴリの記事

(D)REXER WIDE 5.5mmF1.4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネDマウントレンズ色々 3:

« シネDマウントレンズ色々 2 | トップページ | シネDマウントレンズ色々 番外 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

カテゴリー