« Qにはすべて望遠レンズ? | トップページ | GXRとレンズ数本 その2 »

2011年11月 3日 (木)

1/2.3型裏面照射CMOS

前から気になっていたのですが、改めて比べてみました。

撮像素子、1/1.7型CCDと1/2.3型裏面照射CMOSを・・・GX100とCX3です。

1/2.3型裏面照射CMOSはカシオのHF25も持っていますが、レンズがかなり違いますし、メーカー間の味付け具合も異なるのでその気になりませんでしたが、今回CX3が1/2.3型裏面照射CMOSだと思いだしましたので、同じメーカー同じ画素数のCCD機:リコーGX100を引っぱり出して比べてみました。

CX3                                           R1004961_1


GX100                R5013583_1

以下同じ順番で
R1004963_1

R5013588_1


R1004968_1

R5013597_1


R1004970_1

R5013601_1


R1004972_1

R5013605_1

空の色が少し違って見えるだけで、こんなに明るい状況では差が無かったですかね?

ピクセル等倍で確認しても、レンズによる被写界深度の差や若干の色の差は判りますが、暗部のノイズや光量不足と思われるようなざらつきはほとんど見分けがつかないですね。

撮像面積が1.5倍も違うのに、差が無いと言うことは、裏面照射型CMOSの威力なのでしょうね。

それとも映像エンジンの進歩が効いているのでしょうか?

とにかく普通に撮ってこれだけきれいに仕上がってしまうんですから、小さな撮像素子でも十分なんですね。

« Qにはすべて望遠レンズ? | トップページ | GXRとレンズ数本 その2 »

デジタルコンパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/2.3型裏面照射CMOS:

« Qにはすべて望遠レンズ? | トップページ | GXRとレンズ数本 その2 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー