« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の13件の記事

2011年12月28日 (水)

初雪

そうそう、一昨日雪が降ったのでした。

早朝、玄関を開けると外は真っ白。       20111226_002


まだ降り続く様子                                20111226_003


とりあえず家の周りをチェック                       20111226_000


積雪は2cm程度でしょうか                    20111226_001


陽が昇るとすぐに溶けてしまいました。

では、では。

2011年12月27日 (火)

引っ越し中

現在引っ越し中です。

ホームページやブログのことでは無く、住む家「住宅」の引っ越しです。

と言う訳で、年末年始のこのブログの更新頻度は非常に低くなるということであります。

同一敷地内の引っ越しですが、水道・電気・ガス・電話・インターネット回線等々の移動工事や変更手続きが色々と必要になるので、しばらくは「パソコンとお別れ」状態かと思います。

とりあえず・・・、

皆さん良いお年をお迎えください。

引っ越しのバタバタが納まりましたらまた再開すると思います。

一応、写真を2枚、ジャンクで拾った「オリンパス TRIP35」にて                Scnorimpustrip0003_1


Scnorimpustrip0004_1

では、また。

2011年12月23日 (金)

ニコンFマウントの28mm単焦点

気が付くと、ニコンFマウントの28mmレンズを6本持っていました。

描写云々にこだわっているわけではなく、単なる蒐集癖なんですが・・・。Dscf5537

手前左から、AiAF28mmF2.8D、AiAF28mmF2.8S、Ai28mmF2.8S、後ろは、Ai28mmF3.5、同じくAi28mmF3.5の旧タイプでSタイプではないです。さらにNEX-3に付いているのはコムラー28mmF3.5で、AiでもSでもなくオート絞りでもないプリセット絞りのマニュアルフォーカスレンズです。

28mmは、まだほかにも10本以上持っているはずですが、他のマウントでは3本止まりで、ニコン用の6本は異常に多いのですね。それだけニコンFはロングセラーだと言うことでしょうね。

実のところ、Ai28mmF2Sなどの欲しいレンズがまだまだあるわけですが、手ごろな値段の中古にお目にかかるまでは我慢するのが正解なのだろうと、気長に構えているのですよ。

さて撮影結果ですが、本来ならニコンのフルサイズで撮影すべきでしょうが、とりあえずNEX-3にマウントアダプターで装着して見比べていました。この方が妙な電子的な処理が行われないので、より光学的なレンズ能力が現れると言うところなんです。

AiAF28mmF2.8D                  Dsc08013af2828d_1

AiAF28mmF2.8S
Dsc08016af2828_1

MFのAi28mmF2.8S
Dsc08019mf2828_1

Ai28mmF3.5ちょっと新しいタイプ
Dsc08022mf2835b_1

Ai28mmF3.5ちょっと古いタイプ
Dsc08025mf2835a_1

コムラー28mmF3.5 AiもSも無いDsc08010komra2835_1

似たような被写体ですが、同じ順番で                
Dsc08056af2828d_1

Dsc08059af2828s_1

Dsc08062mf2828s_1

Dsc08065mf2835b_1

Dsc08068mf2835a_1

Dsc08053komra2835_1

あ~ぁ、またまた下らない写真を撮ってしまった。

2011年12月16日 (金)

雨降りより晴れの方が・・・

先々週だったでしょうか?久しぶりに、ペンタックスSPにフィルムを詰めたのですが、その後雨降りで中々シャッターを切ることが無く、放ったままでした。

ペンタックスSP+ウルトロン40mmF2         Scnsp1306_1

Scnsp1303_1


Scnsp1309_1

やっと晴れたので、一気にシャッターを切ってしまいました。
Scnsp1311_1


Scnsp1312_1

Scnsp1313_1

Scnsp1315_1

やっぱり、雨降りよりお天気の方が綺麗に写りますね。

2011年12月15日 (木)

祝!初アリスイ!

いや~、びっくり!突然目の前の茂みから飛び出しました。

アリスイです。                  Pk7_2845_1

Pk7_2849_1

Pk7_2854_1

Pk7_2856_1

にじり寄る間もなく、飛び去ってしまいました。

私としては、初めて見て、初めての撮影でした。本当に、ラッキーショットですね。

実は、以前見つけたオオバンがまだ池に居たので、「今度はデジ1眼で、しっかり撮ろう」と道具を支度して出かけたのでした。

ペンタックスK-7+シグマ50-500mmOS           Pk7_2485_1


大きな足ですよ                                     Pk7_2559_1

こちらを意識していますが、結構近付いてきてくれました。    
Pk7_2568_1

Pk7_2743_1

Pk7_2761_1

Pk7_2765_1

Pk7_2779_1

小さい個体もいたんだけれど、この2羽は番いなのかな?                            Pk7_2833_1

2011年12月12日 (月)

6×6二眼レフカメラ

リコーの二眼レフを手に入れました。

 

RICOHFLEX のⅦ型です。              Dscf5526_1

80mmF3.5のレンズ、シャッター速度は1/25~1/100秒しかありません       Dscf5529_1


同じ二眼レフのマミヤC220の構造とくらべると、ずいぶん簡単な作りで、ほとんどAGFAのBOXカメラと同じ感じのフィルム室ですよ。       Dscf5533_1


でも撮れた写真を見ると、しっかり写りますね。               Scnricohflex0001_2

Scnricohflex0003_2

Scnricohflex0005_2

Scnricohflex0010_2

Scnricohflex0011_2

安心して使えるカメラでした。

2011年12月11日 (日)

6×9判スプリングカメラ

「モスクワ-5」、でかいですね、このカメラ。R1005742_1

ネットで調べてみると、ツァイスイコン社のスーパーイコンタのコピーから始まったらしいです。

左側は先日のイコンタ、6×4.5サイズです。                     R1005743_1

ロシアのカメラやレンズは私も何台か持っていますが、ドイツからの戦利品と言う背景が色濃いですよね。どれも、性能はそれなりに高いけれど、品質の安定性・信頼性と言う部分で不安があると言うのが、正直な印象です。まあジャンク品すれすれの中古ばかりを手に入れているわけですからしかたないですけれど。

さて、ネット通販で届いた物を見ると、とりあえずシャッター速度は合っていそうなので、フィルムを入れてみました。

モスクワ-5にコダックのISO100リバーサル                            Scnmockba50003_1

Scnmockba50005_1

Scnmockba50007_1

Scnmockba50009_1

ありゃ~?!ちょっと、光漏れが有りましたね。ピントはバッチリあっていました。

絞り加減は、さすがに6×9判ですね。かなり絞ったつもりでも背景はぼけたままですよ。

この光漏れですが、裏ぶたの赤窓からだと、対策は辛いですね。とりあえず怪しげな所にシールテープを張り付けてみましょう。

2011年12月 8日 (木)

1.1 リットル

前回よりちょっと箱の容積が大きいBOXカメラです。Dscf0321_1

AGFABOXと呼べばいいのかな?                 Dscf0323_1_2

Dscf0322_1

こんなレンズが付いています。
Dscf0326_1

単速、固定絞りです。スペックは全く判りません。しかたなく他のカメラと見比べながら、シャッター速度は1/125秒、絞りはF8と見定めました。

撮影結果です。                      Scnagfabox0005_1


Scnagfabox0006_1


Scnagfabox0021_1


Scnagfabox0022_1

露光条件は、どうやら当たりですね。ちょっと光線漏れがありましたが、なんとかなりそうです。

一緒に持って行ったデジカメとの比較では、画角は35mmフルサイズ判の40mmレンズ相当辺りでしょうかね。                                   R0011751_1


P1080627_1

6×9のフィルムを使って、こんな写真を撮っていたのではもったいないと思いながらも、つい試してみたくなるのですよね。

2011年12月 7日 (水)

チャイカⅡ その3

ピント調整がまだ甘かったようですが、フィルムを入れてしまった行きがかり上、たくさん撮って(撮れて)しまいました。

なんとなく偶然うまく合ったようなものをちょっと並べておきます。        Scnchaika0105_1

Scnchaika0130_1

Scnchaika0138_1

Scnchaika0147_1

Scnchaika0152_1


中古やジャンク品?などは、何かの拍子に思いがけず綺麗に撮れたりするので、面白いですね。特にマニュアルカメラは、修理時に手心を加えたり、色々と設定を変えたりと工夫したのがうまく当たるとうれしいですよ。

フルオートのカメラでは、こんなに色々と悩まないですし、工夫もしませんからね。それ以前に私の技術では修理ができませんよ。

2011年12月 6日 (火)

チャイカⅡ その2

このカメラはフルマニュアル撮影のカメラなんです。露出計はありませんし、手動巻き上げで、ピント合わせも目測です。

晴天時のISO100フィルムなら、シャッター速度と絞りは1/125秒のF8~11で、その場の雰囲気で適当にプラスマイナスすれば、そこそこに写ります。                     Scnchaika0103_1

Scnchaika0109_1


しかし、ちょっと絞りを開けて近い距離を撮ろうとすると、途端に距離の目測が問題になります。

なんだか後ピンの感じ?                                  
Scnchaika0104_1

Scnchaika0106_1

Scnchaika0111_1

Scnchaika0123_1


あ!もしかすると前回調整し過ぎで、無限遠を超えてしまったのかも?      Scnchaika0116_1

Scnchaika0119_1

Scnchaika0126_1

もう一度やり直して見るかな?それにしても、ハーフサイズですからフィルム1本撮り終わるまでに沢山シャッターを切らなければなりませんから大変ですよ。

2011年12月 5日 (月)

チャイカⅡ

インダスター69(28mmF2.8)が付いているロシアのハーフカメラです。R1005699_1

もしもボディーが壊れていても、レンズがM39なのでNEXに付けてやれば使えるだろうと思っていました。                        R1005700_1

R1005701_1_2


ところがボディーはちょっと修理が必要でしたが、巻き上げもできるし、シャッターも切れるし、速度もちゃんと出ているようでしたので、フィルムを入れることにしました。

しかし残念なことに、レンズの方のピントが狂っていました。前ピンですね。Scnchaika0018_1

Scnchaika0028_1

Scnchaika0030_1


更に、巻き上げのばらつきがかなりあってコマの重なる部分が結構大きいのでした。

ネット検索して見ると、巻き上げのばらつきはこのカメラの仕様のようなもので、どうしようもなさそうでしたが、ピントについては簡単に調整できそうでしたので早速分解調整しました。

ついでにヘリコイドのグリスも手ごろな重さになるように塗り直ししておきました。

さてこれで大丈夫、撮り直しです。                     Scnchaika0037_1

Scnchaika0040_1

Scnchaika0042_1


この程度合えば、まずまずの出来ですかね。

2011年12月 3日 (土)

またまた、在庫整理です

ここのところ、ジャンクレンズばかりです。

GXR+テフノン28-80mmF3.5-4.8                 R0011794_1

R0011797_1

R0011800_1

ちょっと、フレアーっぽいのですが、なんだか良い感じに写りますね。

さらに、絞りを開けると、ぐるぐるぼけが
R0011811_1

R0011836_1

R0011833_1


古い二流メーカー?のレンズで、しかもカビがあって、ちょっと逆光では滲みが出て、でも味があると言えば味があり、なんとなく好きですねこのレンズ。

それとも、この描写はGXRのおかげかな?

GXR+キヤノンFL50mmF1.8                      R0011785_1

カビも傷も汚れも相当に酷く、初めはちょっとハズレかな?と思ったのですが、うまくハレギリしてやるとしっかり写りましたよ。R0011786_1

R0011793_1

でもこのFLレンズは、NEXやGXRでもFDアダプターではちょっと細工しないと使えないのですよ。

一々小さなネジを回して、部品を外さなければなりません。面倒なんですが、そこが面白いと言うことですね。

2011年12月 2日 (金)

また、在庫整理です

また一日中雨が降りました。溜まってしまった写真の整理です。

ジャンクかごから引き取ったタムロン28-200mmF3.8-5.6をα55で   Dsc02671_1

Dsc02682_1

十分綺麗に撮れますよ
Dsc02691_1

でも、油断するとフレアーが盛大に出ます
Dsc02699_1

1Kのレンズでこれだけ撮れたら、お買い得?
Dsc02703_1

Dsc02716_1

あ!でも思い出しました。これと同じレンズをアダプトール2マウントで持っていました。

次もまた、ジャンクかごのレンズです。

FA80-320mmF4.5-5.6です。     Pk7_2440_1

ペンタックス純正ですよ。

でも、”FA”なのに絞り情報がカメラに伝わらず、マニュアル絞りになってしまいます。しかも絞り優先撮影が出来ないマニュアル絞りなんです。例のグリーンボタンを押して測光するタイプになってしまいます。

AFはちゃんと動いているのに、変な感じです。ジャンク品だから文句は言えませんがね。

K-7+FA80-320                         Pk7_2442_1_2

比較で、K-7+シグマAPO70-300                
Pk7_2443_1


Pk7_2463_1

Pk7_2459_1


う~ん、やっぱりシグマの方が切れが良いですね。AFの問題かも知れません。

あ!これはジャンク品でしたね。たまには、ハズレもありますよね。

 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー