« 1.1 リットル | トップページ | 6×6二眼レフカメラ »

2011年12月11日 (日)

6×9判スプリングカメラ

「モスクワ-5」、でかいですね、このカメラ。R1005742_1

ネットで調べてみると、ツァイスイコン社のスーパーイコンタのコピーから始まったらしいです。

左側は先日のイコンタ、6×4.5サイズです。                     R1005743_1

ロシアのカメラやレンズは私も何台か持っていますが、ドイツからの戦利品と言う背景が色濃いですよね。どれも、性能はそれなりに高いけれど、品質の安定性・信頼性と言う部分で不安があると言うのが、正直な印象です。まあジャンク品すれすれの中古ばかりを手に入れているわけですからしかたないですけれど。

さて、ネット通販で届いた物を見ると、とりあえずシャッター速度は合っていそうなので、フィルムを入れてみました。

モスクワ-5にコダックのISO100リバーサル                            Scnmockba50003_1

Scnmockba50005_1

Scnmockba50007_1

Scnmockba50009_1

ありゃ~?!ちょっと、光漏れが有りましたね。ピントはバッチリあっていました。

絞り加減は、さすがに6×9判ですね。かなり絞ったつもりでも背景はぼけたままですよ。

この光漏れですが、裏ぶたの赤窓からだと、対策は辛いですね。とりあえず怪しげな所にシールテープを張り付けてみましょう。

« 1.1 リットル | トップページ | 6×6二眼レフカメラ »

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

クラッシックカメラ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
モスクワという名前がまず凄いよねぇ
私3台持ってますが、これは最新式ですねぇ。
旧型はツァイスイコンにそっくり。
こういうデジカメがあってもよさそうなもんですがね。
私のは二重撮影防止装置が壊れて(壊してありました)います。
いい仕事してますよねぇ

牛鳴 さん、どうも。

120フィルムをたくさん買い込んでしまったので、使えるカメラを少し増やしました。
でも、このサイズのフィルムを使って撮るような被写体となると日常的には中々ありませんよね。
手間も費用も掛るので、昔の人は1ショット1ショットをもっと大事に撮っていたのですね。

デジタルでこんなカメラとなると、撮像素子の代わりにスキャナーを入れたら出来そうですが、三脚が必須の撮影になりますかね?
ありそうな気もしますけど・・・。

お久しぶりです。
何とかボーナスが貰えたので、ブローニーフィルムを何本か買おうと思います...。
やっぱりフィルムが大きいのは良いですねぇ。

スキャナー入れるの面白そうですね。どんな画になるのやら。

Mino さん、どうも。

最近どんどんフィルム事情が悪くなっていくのを感じます。
ですから、フィルムカメラの最後のあがきと思い、せっせと使うことにしたのですが、折角の高いフィルムを消費するのにふさわしい被写体になっていません。
道具より、被写体・ロケーションに投資すべきだと解かっているのですが、なかなかままならないですね。
長めの旅行が一番なんですが・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6×9判スプリングカメラ:

« 1.1 リットル | トップページ | 6×6二眼レフカメラ »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー