« 28mmF2.8 | トップページ | 換算600mm相当 »

2012年2月27日 (月)

ソニーの30mmマクロ

NEX用の30mmF3.5マクロを持っていたので、今更ソニーαの30mmは要らないと思っていたのですが、あまりの安さについポチッと。

で、手許に来たものを見ると、全く別物ですね             Imgp0715

大した差ではないですが、まず開放絞りが、F2.8とF3.5Imgp0717

DT30mmF2.8の方は、ピント合わせでレンズが繰り出されるし、駆動音がかなり大きい。それに比べE30mmF3.5は、全く伸びないし静かな物です。

NEX-5Nとα55に装着                         Imgp0719


さて撮り比べと行きたいところですが、例のごとく真面目に構図を整えたり撮影条件を合わせるなどと言うのは不得意な私ですから、一緒に持ち出しただけで、似たようなシーンをいいかげんに撮っただけです。

とりあえず一応、並べておきます。

NEX-5N+E30mmF3.5マクロ                  Dsc00332_1

α55V+DT30mmF2.8マクロ                    Dsc03215_1


以下同じ順番で                                  Dsc00336_1

Dsc03224_1_2


Dsc00350_1

Dsc03239_1

そうそう、写真を見比べて解かったのですが、短・中距離の撮影ではNEX用の方が画角がわずかに広いのですよ。たぶんインナーフォーカスのせいなのでしょうね、実質的な焦点距離が短くなってしまうと言うことのようです。
Dsc00339_1

Dsc03228_1

使勝手と言うことになると、よりコンパクトで狭い空間にも割りこんでいけるNEX+E30mmの方がマクロ撮影には有利な気がします。Dsc00346_1


しかし、被写界深度を深くしたい場合などは、ボディー内手ぶれ補正の機能が付いたα55V+DT30mmの方が歩留まりが良さそうですよね。Dsc03280_1


レンズ単体ではなく、ボディー要件の影響の方が大きいですね。

まあ、どちらにしても換算45mm相当では、等倍付近の撮影はレンズ先端から被写体までのワーキングディスタンスが短すぎて、使いづらいと言うのが本音です。

やはりこの長さのマクロレンズは、「標準レンズとしてスナップも出来ますよ、そのまま近付いて超アップも撮れますよ」と言う写真講座入門用的存在に思えますね。

でも、安くて軽くて良く写るから、持っていて損は無いレンズですよ。

あとは適当に季節の物?を貼り付けておきます                       Dsc03253_1

Dsc03254_1

Dsc03265_1

Dsc03287_1

« 28mmF2.8 | トップページ | 換算600mm相当 »

レンズ マクロ」カテゴリの記事

雑感(ぼやき)」カテゴリの記事

デジタル1眼NEX」カテゴリの記事

デジタル1眼ソニーα」カテゴリの記事

Sony E 30mmF3.5 MACRO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニーの30mmマクロ:

« 28mmF2.8 | トップページ | 換算600mm相当 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー