« アメリカのカメラ | トップページ | 人参が! »

2012年3月 3日 (土)

ボルタ判フィルムカメラ その後のその後

次は手作りの絞りを入れて見ようと書いたEBONY35ですが、ちょうど手ごろな平ワッシャーが見つかりましたので、試してみました。

右から2番目です。孔径:φ2.2mm                  Imgp0741


これを、黒い不織布テープでレンズの奥に張り付けてしまいました。      Imgp0743

EBONY35の元々の絞り孔径がφ4mm位でしたから、直径で1/2程度、面積で1/4程度の開口径となります。

たぶんF8程度の絞りだったオリジナルから2段:F16相当の絞りと言うことになりますね。

そこで、フィルムの方も2段感度を上げてISO400を入れました。

ISO400でF16、1/100秒の条件なら日中の撮影にぴったりのはずです。

撮影結果ですが、露出具合はぴったりでした。            Scnebony350055_1

Scnebony350053_1


さらに前回ボケボケだった解像感もかなり良くなっています。   Scnebony350056_1

Scnebony350058_1

Scnebony350060_1

ISO400フィルム限定ですが、これで普通にEBONY35が使えますね。でも良くなったと言っても、ピント位置は5m以上ですし、とても良く写ると言うことではないのですよ。

ところで、一緒に持って行ったANNY-SPにもISO400を詰めておきました。Scnannysp0085_1

Scnannysp0088_1


ANNY-SPはF8~F22まで絞りの調整ができるのですが、このF16での描写は素晴らしく高くなりますね。

やはり元々のレンズの素情が良いのでしょうね。

ANNY-SPの写真を、もう少し貼り付けておきます。                          Scnannysp0082_1

Scnannysp0096_1

Scnannysp0093_1


Scnannysp0094_1

Scnannysp0103_1

ここまで写ると、もう「おもちゃカメラ」とは呼べないかもしれませんよ。

一緒に撮っていたGXR+インダスター50mmF3.5でも・・・   R0011873_1

R0011874_1

R0011876_1

R0011884_1

この程度ですからね。

« アメリカのカメラ | トップページ | 人参が! »

ボルタ判フィルムカメラ」カテゴリの記事

おもちゃカメラ」カテゴリの記事

コメント

初めまして
あの、この間全くおなじebony35とかいてある
カメラを骨董屋さんで見つけ、購入しました
35ミリフィルムであれば、いま現在販売しているものでも写すことはできますか?
アマゾンで35ミリフィルムを見てみると、だいたい24枚撮りとか36枚撮りとかいてあるのですが、
私が買ったカメラの中に使用済みのフィルムがかいてあって、それは12枚撮りのフィルムでした
36枚や24枚撮りのものだとほんたいにはいらないのでしょうか
もしよろしければ、あなたがご使用されたフィルムの名前を教えていただけないでしょうか
図々しい質問をしてすみません

パンごん さん、どうも。

ボルタ判フォルムは、中判フィルム(120フィルムなど)と同じように裏紙が付いたタイプのだと言うことは御存じですか?
カメラの裏ぶたにコマナンバーを表示する窓があって、この窓に表示される数字に合わせてフィルムの巻き上げをするのです。
現在の35mmフィルム(135フィルム)は裏紙の無いタイプですから、そのままではボルタ判カメラでは使えません。
そこで通人達は、フィルムの幅が同じ35mmなので、パトローネから引き出したフィルムを裏紙と重ねてスプールに巻きなおして使っています。
もちろんこの作業は暗室とかダークバッグの中での作業です。
このような面倒臭い作業がやってみたいと言うことでしたら、もう一度私に連絡をください。
あるいは「ボルタ判フィルム」で検索して見てください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルタ判フィルムカメラ その後のその後:

« アメリカのカメラ | トップページ | 人参が! »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー