« ペトリ35 その2 | トップページ | フィルムが切れた »

2012年7月 6日 (金)

ピンホールレンズ その後

かなり以前の記事ですが、ピンホールレンズを仕入れたのですが思ったほどの描写ではなく、もう一度調整し直したいと書いたわけですが・・・。

NEX用の9mmタイプのピンホール部分の周囲を削って、厚みを薄くして見たのですが
Dsc01958_1

Dsc01959_1_2

これまでと撮影結果は大差なく、ぼんやりなままでして、対策効果がありませんでした。
孔径が大きいとも思えないのですが、まだもう少し工夫が要りそうです。

それに比べてライカMマウントの28mmタイプは、やはりとても自然な描写だったわけですよ。

ライカM用28mmタイプにて
Dsc0196928mm_1

Dsc01974_1_2

Dsc01977_1_2

9mmという焦点距離が短すぎるのでしょうかね?

« ペトリ35 その2 | トップページ | フィルムが切れた »

雑感(ぼやき)」カテゴリの記事

デジタル1眼NEX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンホールレンズ その後:

« ペトリ35 その2 | トップページ | フィルムが切れた »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー