« 久しぶりのBIGmini | トップページ | FD300mmF5.6 »

2012年10月 1日 (月)

フランスの「おもカメ」 2

PHOTAXをまた使ってみました。
Scnbigmini0917_1

前回の反省を踏まえ、120→620のフィルムの巻きなおしをしっかりとして、詰め込みました。
それからフィルム中央部が凹むのを改善するため、巻き上げ後に少し巻き上げノブをもどしてフィルムの張りを緩めるという裏技(荒業)を使ってみました。
(本来は戻せないものを強引にやったので荒業です。)

結果です。
Scnphotax20011_1

Scnphotax20012_1

Scnphotax20013_1

Scnphotax20014_1

露出を変えて、空に合わせたものと地面に合わせたものの2枚ずつ撮ってみたのですが、シャッター速度や絞りはほぼ予想通りでした。
しかし、フィルムが凹む症状は、うまく戻せた場合と失敗した場合と半々でしたね。

後は適当に
Scnphotax20017_1

Scnphotax20018_1

やっぱり中央に主役を置かずに写真を撮るしかないのかな?このカメラの場合。面倒臭いからこのままお蔵入りさせようかしらね。

そうそう、一緒に持って行った露出計代わりのG3+G20mmF1.7では
P1010393_1

P1010394_1

何も考えずに簡単に綺麗に撮れちゃうんですね。

お~!デジカメ恐ろしや!?

« 久しぶりのBIGmini | トップページ | FD300mmF5.6 »

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

クラッシックカメラ」カテゴリの記事

フィルムカメラ 外国製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスの「おもカメ」 2:

« 久しぶりのBIGmini | トップページ | FD300mmF5.6 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー