« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の20件の記事

2012年11月30日 (金)

ハイエンドじゃないコンデジ

鳥さんがいたら必要だと思って連れて行ったFZ200です。
P1010623_1

P1010631_1

高倍率ズームとバリアングル液晶で自由自在に撮れてしまいます。
P1010636_1


P1010638_1

P1010642_1

P1010644_1

ぐっと伸ばせば、対岸のもみじも撮れますよ
P1010651_1

画質は二の次かも知れませんが・・・
P1010652_1

更についでに、ハイエンドじゃないミラーレス1眼、ペンタックスQも
Imgp4167_1

Imgp4172_1

あれ?Qの撮像素子は、普通のコンデジでしたね。
でも前の記事のハイエンド達とあまり差が無く見えてしまうのは撮り方のせい?被写体のせい?


2012年11月29日 (木)

ハイエンドコンデジの続き

更に古そうなハイエンドコンデジです。

リコーGRD2
R6228293_1

R6228296_1

R6228301_1

リコーGX100
R5013932_1

R5013933_1

R5013935_1

フジフィルムF200EXR
Dscf7241_1

Dscf7242_1

Dscf7245_1

もうどうでも良い感じですよ。

2012年11月28日 (水)

ハイエンドコンデジ

XZ-1がどれほどハイエンドなのか確かめようと、少し古い機種ばかりですが手許にあるハイエンドコンデジ(たぶんそうだろうと思う機種)を引っぱり出してみました。

ニコンクールピクスP7000
Dscn0252_1

Dscn0229_1

Dscn0259_1

ニコンクールピクスP5100
Dscn2969_1

Dscn2972_1

Dscn2976_1

キヤノンパワーショットA650IS
Img_0743_1

Img_0744_1

Img_0748_1

ルミックスLX3
P1020964_1

P1020961_1

ルミックスLX2
P1030716_1

P1030717_1

オリンパスXZ-1
Pb240063_1

Pb240041_1

Pb250066_1

Pb250074_1

Pb250081_1

Pb250085_1

こんな風景では大して差が無いというか、ハイエンドでなくても撮れそうですね。
綺麗に撮れた気がするのは、気分の問題だけかも知れませんよ。

2012年11月27日 (火)

いろいろ

テーマが無いまま身近なものを撮ったのですが、記録としてアップしておきます。

黒柿。渋いのです。でも熟れ切るととても甘いのです。
P1050511_1

ペンタックスQ+01スタンダードレンズにて
サザンカが咲きました
Imgp0115_1

ペンタックスK-01+DA40SXにて
Imgp0134_1

女郎蜘蛛
Imgp4159_1

EOS5DM2+SAMYANG35mmF1.4(NFマウント)にて
南天
Img_1742_1

Img_1746_1

Img_1778_1

ツワブキ
Img_1752_1

Img_1763_1

ニコンD700+キヨハラソフト50mmF4.5
Dbb_2706_1

Dbb_2709_1

EOS5DM2+ケンコーソフト45mmF4.5
Img_1833_1

Img_1839_1

まあ、いろいろと機材はあるわけでして、あとは被写体探しだけなんですよ。

2012年11月26日 (月)

とりあえずマクロレンズです

今となっては古いカメラですが、パナのG1とオリのE-P2にそれぞれ純正マクロレンズを付けてみました。

G1+DG45mmF2.8マクロ
P1250111_1

P1250087_1

P1250105_1

E-P2+MZD60mmF2.8マクロEp243393_1

Ep243373_1

Ep243386_1_2


あとは適当
Ep243357_1

P1250075_1


Ep243363_1

P1250077_1



どちらも良いですね。

2012年11月23日 (金)

忘れていました、もう1台オリンパスを

コンパクトデジカメですが、「ハイエンド」と呼ばれている高級コンデジのXZ-1です。

VECTIS3000でXZ-1を撮ったのですが、ピンぼけでした
Scnvectis30000022_1

28mm相当~のズームレンズ付きなんですが、なんとF1.8という明るいレンズが付いています。
更に、起動が速く各操作もサクサクと出来て、ほとんどマイクロフォーサーズ並みの機能を持っています。
ですからハイエンドコンデジ、高級なんです・・・と言うほど高くはありません。
新型が出てから激安になった旧型を手に入れたのです。

撮れた写真は、それなりに高級感があるのかも
Pb130079_1

Pb150092_1

Pb190035_1

そうそう、ありがたいことにこのカメラのバッテリーは以前記事にしたオリンパスTG-810やペンタックスRZ18、リコーCX3などと共通なのでした。
益々安上がりな高級コンデジでしたよ。

ただ、このカメラで遊ぼうとすると、またまた余分なアクセサリー類が増えてしまいますね。
アダプターが追加されましたから、付けたくなってしまいます。

ワイコン、テレコンとか
R1007965_1

ミラージュフィルターとか
Pb170135_1

クローズアップレンズとか
Pb170134_1

その他もろもろのフィルター類が手許にありますから。

2012年11月22日 (木)

APSのジャンクカメラたち その4

今度は、ミノルタVECTIS3000です
Scnvectis30000006_1

ピントが合っていないのに合焦マークが付きます
Scnvectis30000005_1

普通の距離なら大丈夫そうです
Scnvectis30000008_1

ISO200のネガです
Scnvectis30000010_1

Scnvectis30000011_1

やはりピントがどこに合っているのか判らないですね
Scnvectis30000014_1

というか、カメラがピントをどこに合わせに行ったかが判らないと言うべきかな?
Scnvectis30000018_1

Scnvectis30000025_1

まあ、この程度なら普通のことでしょうかね、この当時のフルオートコンパクトカメラの実力として。
だから、見捨てられてしまったとも言えますよ、APSは。
撮影者に任せる操作を極端に排除してしまった結果、使う楽しさが薄れてしまったのですね。

2012年11月21日 (水)

APSのジャンクカメラたち その3

次はEPION3500
Scnepion35000007_1

高級機です
Scnepion35000011_1

ISO400ネガを入れました
Scnepion35000013_1

しかし、どういうことだ?
Scnepion35000016_1

今度は、コマ送りは正常、ピントも合っていますが、なんだかどのコマも露光不足なのです。
フィルムが劣化していたのか?現像が異常だったのか?いやいやそんな可能性は低いですからやはりカメラの故障でしょう。
このカメラはMRC対応ですから、次回に途中でフィルム交換してみればはっきりしますね。

2012年11月20日 (火)

APSのジャンクカメラたち その2

手許にAPSフィルムの在庫がまだたくさんありますので、使ってみました。

まずは、難しいことは何も考えずに使えるはずの
富士フィルムnexia30から
Scnnexia300015_1

固定焦点、固定露出ですから
Scnnexia300019_1

ISO400のフィルムで日中屋外は厳しかったですかね
Scnnexia300018_1

と言う程度の問題だけなら良かったのですが・・・
Scnnexia300020_1


実はフィルム送りが全く異常でして、コマ間が開き過ぎたり逆に重なったりでまともに写った物は半分以下でした。
やっぱりジャンク品でした。APSでこの症状では、使えないカメラと言うことでしょう。

ちなみに、重なった写真です
Scnnexia300004_1

誰が撮ったんだ?
Scnnexia300008_1

予測不可能ですが、偶然うまい具合に重なれば、これはこれで面白いのかな???

2012年11月19日 (月)

APSのジャンクカメラたち

APSフィルムが店頭から無くなりました。
ですから、ジャンクかごにまだまだ真新しいAPSカメラが入るようになりました。

富士フィルムのEPION3500
R1007951_1

面白いカメラで、前側のカード状の蓋をとって
R1007953_1

後ろ側に貼り付けると撮影状態です。
R1007954_1

実は、カードはリモコンになっていまして、外したままでも撮影ができます。
しかし、いちいちカードを表から裏に移動させるのは面倒臭いですね。
撮影時は別々にポケットに入れておいた方が使いやすそうなのだけれど、バリヤーが無いので、レンズむき出しではちょっとまずいかな。

ミノルタVECTIS3000
R1007955_1

カプセルを左右に引くと撮影スタンバイ
R1007956_1

ズームもします
R1007959_1

裏側は
R1007957_1

つるりとした外観でポケットに入れやすいですが、撮影時に持ちにくいと言うことはありません。
うまく出来ていると思いますよ、このカメラ。ただ、少し重たいですね。

富士フィルムnexia30
R1007947_1

23mmF8のパンフォーカス、露出固定カメラです。
R1007950_1

単4電池2本で巻き上げ、シャッターレリーズ、フラッシュを駆動します。
でもピント合わせはしないし、シャッター速度は1/125秒固定、絞りもF8固定だそうです。
しかもMRC非対応で、途中巻き戻しボタンもありませんから、最後まで撮りきって自動巻き戻しになるまでフィルムが出せません。
唯一、撮影者が選択できるのがフラッシュのOFFです。
フラッシュ窓の上に飛び出した透明のボタンが充電完了のマークにもなっているのですが、これを押しこんでシャッターを切るとフラッシュが光りません。

短命に終わったAPSですが、色々と個性的なカメラがあったのですね。

2012年11月15日 (木)

オリンパスの60mmマクロ 2

G3でも使ってみました。
P1020071_1

P1020076_1

P1020092_1

P1020098_1

P1020112_1

P1020134_1

P1020122_1


ついでに、E-PM1でも
Pb121375_1

Pb121377_1

Pb121389_1

Pb121394_1

Pb121402_1

Pb121409_1

パナのG3では手ぶれ補正が効きません。E-PM1にはバリアングル液晶がありません。一長一短ですが、沢山シャッターを切れば、それなりに写ったものも出てきます。
デジカメですから、まあ、こんなところですかね。

2012年11月14日 (水)

秋深し・・・もう冬でしたね

ご近所も秋が深まって、寒さが気になるようになりましたね。
Pb091358_1

Pb091365_1

庭のカンナに実が付いていました
P1000368_1

見たことも無いキノコも生えていました
P1000362_1

上の写真を撮ってから数日経っていますが、もう既に立冬も過ぎていました。
コタツを出さないといけません。

2012年11月13日 (火)

オリンパスの60mmマクロ

パナのマクロがあるのに、オリのマクロも欲しくなって・・・。

E-P2+MZD60mmF2.8マクロ
Ep093225_1

Ep093243_1

Ep093257_1

Ep093275_1

Ep093260_1

Ep093270_1

Ep093299_1

Ep093296_1

と、こんな感じで、綺麗に撮れました。
ワーキングディスタンスはとても良い感じですし、手ぶれ補正のおかげで気楽にシャッターが押せます。
でも、AFがちょっともたつきますね。
カメラを新しい物にすれば解決するようですが、E-P2はまだまだ使い切っていないしね。

デジ1もレンズも、それからコンデジも、ここのところオリンパス製品を意識的に多めに購入してきましたが、オリンパスの応援はこの辺りまでとしておきましょう。

おっと、貼り忘れていました。E-P2+MZD60mmF2.8ですR1007930_1

2012年11月12日 (月)

マヒワ

目の前の桜の木に小鳥が沢山飛び込みました。
P1010581_1

え?スズメじゃないぞ!だれ?このお尻は?
P1010582_1

マヒワですね。
P1010589_1

真下からでは、お尻ばかりなので、すこし離れて
P1010600_1

白っぽいのと黄色っぽいのといますね
P1010602_1

たぶん雄雌でしょう。こんな感じで一緒に
P1010603_1

200羽程度の群れが、畑と桜の木を行き来していましたよ。
撮影は、FZ200でした。

2012年11月11日 (日)

2000mm相当

芝生の上に鳥さんが沢山いました。
持っていたニコンのP510は、ズームアップすると1000mm相当の望遠ですから、ちょいと試してみましょう。

スズメ
Dscn0337_1

ムクドリ
Dscn0353_1

ハクセキレイ
Dscn0344_1

ちょっと遠いので50%にトリミング(2000mm相当です)
Dscn0362_1

いやはや、簡単になりました。
コンデジで、しかも手持ち撮影で、こんなに綺麗に撮れてしまうなんて、ほとんどデジスコの領域なんですよ2000mmと言えば。
1/100秒でブレなし。
これなら、デジタルズームも使ってしまおうかな?

2012年11月10日 (土)

ジョウビタキ

今年も来ましたね。
ご近所では、もうずいぶん前から声もしていて姿も確認していましたが、とうとう我が家の庭にもやって来ました。

母屋の棟上に発見、FZ200で
P1010430_1

P1010439_1

まだ若い雄のようです。

P1010464_1

トリミング拡大
P1010470_2

目の前:5m程度かな?
P1010538_1

もっと望遠のP510を引っぱり出して撮ろうとしたら
Dscn0334_1

この1枚を撮らせてくれただけで飛び去ってしまいました。
また来ると嬉しいのですが・・・。

2012年11月 9日 (金)

Vivitar UltraWide&Slim

このカメラ、あまり難しいことを考えずにシャッターを押すだけで意外なほど良く写るので、ついつい持ち歩いてしまうのですよ。
それでちょっと不都合なことがありまして、それは、デジカメと違ってISO感度を途中で変えられないと言うことなんです。
ならば、「感度違いのフィルムを入れたもう一台を追加すれば良い」と考えたんですが・・・、
気が付くと4台になっていました。
P1000401_1

P1000398_1

これで、晴天時ISO100は黄色、夕暮れISO400はピンク、夜中ISO1600は黒、それから白黒フィルムは白いボディーで・・・などと入れておけば状況に応じて使い分けられるぞ。
P1000402_1

などと息巻いてみたものの、コンパクトなこのカメラと言えども4台まとめて持ち運ぶのではちょっと大げさなんですね。
P1000400_1

結局、コンデジには敵わないのかな???

とりあえず適当に写真を貼り付けておきます。
Scnwideslim8101

Scnwideslim8104

Scnwideslim8013_1

Scnwideslim8112


Scnwideslim8115

Scnwideslim8001_1

Scnwideslim8127


Scnwideslim8004_1

Scnwideslim8038_1

2012年11月 8日 (木)

久しぶりにペンタックスQだったんですが???

コンパクトなフィルムカメラViviter UltraWide&Slimを使っていたら、ペンタックスQを思い出しまして、01レンズを付けて一緒に持ち歩いたのですが・・・。
結局、シャッターを押すだけしか出来ないUltraWide&Slimの方が撮影頻度が高かったのですよ。
もちろんペンタックスQで撮った写真はとても鮮明で、小さな撮像素子とは思えぬ1眼画質なんですが・・・。

UltraWide&Slimにて
Scnwideslim8030_1

Scnwideslim8032_1

Scnwideslim8034_1

Scnwideslim8036_1

同じシーンですが、Q+01で
Imgp0023_1

もう1枚
Scnwideslim8035_1

Imgp0022_1

本当にわがままな感覚なんですが、Qの鮮明さより、Wide&Slimのちょっとぼんやり気味の方が味がありますね。

ということで、もう少しWide&Slimで
Scnwideslim8029_1

Scnwideslim8009_1

Scnwideslim8015_1

2012年11月 7日 (水)

15mmF8 その3

ピント合わせ出来るとは言うものの、元々パンフォーカス的なレンズなので、そのような使い方の機材と一緒に持ち歩いていました。

E-PM1+15mmF8
Pa291322_1

K-01+レンズインナキャップ(焦点距離:50mm)
Imgp0105_1

同じ順番で
Pa291320_1

Imgp0100_1

画角の違いは仕方ないですが、同じパンフォーカス状態でもプラレンズとは比べ物にならない鮮明さですね。

もうひとつ別のカメラと

E-PM1+15mmF8
Pa291312_1

Viviter Ultra Wide&Slim(22mmF11)
Scnwideslim8027_1

完全逆光でも、オリンパスの15mmF8は何事もなくこなしてしまいますね。
しかし、一方のWide&Slimも、プラレンズと固定露出のカメラですが良く写りますね。

もっと色々とくらべてみても、ちゃんとしたレンズだと判りますね。

E-PM1+15mmF8(30mm相当)
Pa291309_1

K-01+レンズインナキャップ(75mm相当)
Imgp0092_1

Q+01(47mm相当)
Imgp0010_1

おまけで、FX150広角端(28mm相当)
Pa291309_1_2

Wide&Slim(22mm)
Scnwideslim8024_1

2012年11月 4日 (日)

レフなし1眼

ペンタックスK-01は、ミラーレス1眼ではなく、今までのミラー付き1眼レフをサイズをそのままにミラーをやめてしまったカメラだったんですね。
要するにペンタックスK-5のクイックリターンミラーとペンタプリズムを取り去って、ライブビュー撮影だけにしてしまったカメラだったのです。
ですから、これまでのKマウントレンズがそのまま使えるわけでして、それはそれで、とてもありがたいような気がしてしまうのですね。
だけど、少しもコンパクトにはならないし、ファインダーが無いから背面液晶だけの不安定な撮影スタイルになるし、案外重さもあるので腕が疲れてしまうし・・・などと、不満も出てくるのですよ。
それで、このカメラのことをソニーのNEXやパナ・オリのマイクロフォーサーズ達のような「ミラーレス1眼」とは呼ばず、「レフなし1眼」と呼ぼうかなと個人的に思っているのです。
・・・などと勝手な御託を並べてみましたが、結局、派手な黄色が気に入ってしまい今手許にあるのですよ。

黄色いストラップもあわせてみました
Pb040041

K-5と並んで
Pb040045_2

Pb040043_6


とりあえず撮ってみた感じ
DA40mmF2.8XS
Imgp0031_1

Imgp0034_1

マクロプラナー100mmF2
Imgp0052_1

Imgp0071_1

ちょいと一脚を使えば、長玉も案外平気かも知れませんね。
K-5と2台体制でPKマウントを使い倒せるかな???

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー